デモムービー
■ストーリー だんだんと女の子らしくなっていく、年の離れた妹。 彼女にいつしか欲情を抱くようになった主人公・楠木 亮は、 かくれんぼ遊びの最中、理性が効かなくなり、 一緒に倉の中に隠れた妹の肌に射精してしまう。 彼女に対する罪悪感から、逃げるように田舎を離れ、都会で一人暮らしを始めた亮。 数年後のある日、行為の現場となった実家の倉が解体されることになり、 中の掃除を両親より請われ、久しぶりに故郷の土を踏む。 早生のコスモスが咲き乱れる、懐かしい光景の中心にあったのは 可愛らしく成長した妹・秋桜香(あさか)の姿だった。 妹の他、幼なじみの少女・暁(あき)と一緒に、 あの時から止まっていた、情愛と欲望の時計の針が今、動き出す。 妹――そして、コスモスの芳香とともに。 「過去のあやまちに、おかえりなさい――。」 ■登場キャラクター ●楠木 秋桜香 (CV:水神楓) 来年から上の学校に行く、主人公の妹。 大人しくて人見知り。 小さい頃からお兄ちゃんっ子で、いつも主人公の影に隠れてついて回っていた。 可愛らしく成長した姿を主人公の前に見せるが、「女性」というには、まだまだ心も身体も未熟。 主人公に頼りきりだったこともあり、友達も少ないため、他の子に比べて精神的にやや幼いところも。 自分の目の前から理由もわからず突然居なくなってしまった兄のことを、ずっと待ち続けていた。 兄に対しての親愛は盲目的で、ずっと、お兄ちゃんが世の中で一番大事。 昔、兄にもらった猫(?)のぬいぐるみを肌身離さず持ち歩いている。名前は「ショコラーニャ」。 お父さんへの肩たたき料は、1回20円。 「私は、お兄ちゃんさえ居てくれたら、それで……いいんだよ?」 ●桐野 暁 (CV:木野原さやか) 主人公の従妹にあたり、秋桜香とも幼なじみ。 活発で人当たりの良い、元気な女の子。 主人公のことを「お兄」と呼び慕っている。 小さい頃は男の子のようだったが、今では可愛く成長し、身体はすっかり「女の子」になった。 恋に恋するお年頃で、昔から仲が良かった主人公のことが気になっている。 極度の恥ずかしがり屋で、少しでもからかうと、耳と顔が真っ赤になる。 学校では部員2名の陸上部に所属しており、彼女が唯一の選手。得意なのは短距離走。 夏休みも学校で自主練していて、健康的に日焼けている。 故郷を去った主人公の代わりに、よく村の子供のお世話をしているしっかり者。 まだ、この村から一度も出たことがない。 「お兄、あたしたちの関係は、いつまでも……変わらないよね?」 ●黒谷 麻実 (CV:mahilo) 暁の1年後輩。 都会から田舎へ引っ越してきたばかりの時、暁が声をかけてくれて、そこから友人になる。 それ以来、暁を慕って陸上部のマネージャーになり、彼女を全力でサポートをしている。 人当たりがよくて気さく。からかい上手。 勉強面でも優等生で基本的に真面目なタイプだが、ひとたび暁のことになると、目をハートを浮かせて感情を露わにする場合も…。 村のことは正直、退屈な場所だと思っている。 「アキ先輩~~お慕いしてますぅぅぅぅぅぅ~~★」 ●楠木 亮 主人公。 都会に出てフリーターとして働いている。 本来は、優しくて気遣いができる青年。 村に居た頃は青年団に所属し、子供たちの世話や、ボランティア活動を率先して行っていた。 ある日、妹・秋桜香に対して劣情を抱いてしまっていることに気づく。 必死にその想いを抑え込んでいたが、ある時、村の少年少女らとかくれんぼに付き合っていた最中 理性の歯止めが効かなくなり、倉の中に一緒に隠れた妹の目の前で射精してしまう。 その罪悪感から、なかば妹の存在自体が、彼のトラウマになっている。 因縁ある思い出の倉が壊される予定だと聞き、3週間ほど仕事を休み、故郷に戻ってきた。

デモムービー

再生回数:-
2018年2月22日公開

埋め込みタグ

■ストーリー
だんだんと女の子らしくなっていく、年の離れた妹。
彼女にいつしか欲情を抱くようになった主人公・楠木 亮は、
かくれんぼ遊びの最中、理性が効かなくなり、
一緒に倉の中に隠れた妹の肌に射精してしまう。

彼女に対する罪悪感から、逃げるように田舎を離れ、都会で一人暮らしを始めた亮。
数年後のある日、行為の現場となった実家の倉が解体されることになり、
中の掃除を両親より請われ、久しぶりに故郷の土を踏む。

早生のコスモスが咲き乱れる、懐かしい光景の中心にあったのは
可愛らしく成長した妹・秋桜香(あさか)の姿だった。

妹の他、幼なじみの少女・暁(あき)と一緒に、
あの時から止まっていた、情愛と欲望の時計の針が今、動き出す。
妹――そして、コスモスの芳香とともに。

「過去のあやまちに、おかえりなさい――。」

■登場キャラクター
●楠木 秋桜香 (CV:水神楓)
来年から上の学校に行く、主人公の妹。
大人しくて人見知り。
小さい頃からお兄ちゃんっ子で、いつも主人公の影に隠れてついて回っていた。
可愛らしく成長した姿を主人公の前に見せるが、「女性」というには、まだまだ心も身体も未熟。
主人公に頼りきりだったこともあり、友達も少ないため、他の子に比べて精神的にやや幼いところも。
自分の目の前から理由もわからず突然居なくなってしまった兄のことを、ずっと待ち続けていた。
兄に対しての親愛は盲目的で、ずっと、お兄ちゃんが世の中で一番大事。
昔、兄にもらった猫(?)のぬいぐるみを肌身離さず持ち歩いている。名前は「ショコラーニャ」。
お父さんへの肩たたき料は、1回20円。

「私は、お兄ちゃんさえ居てくれたら、それで……いいんだよ?」

●桐野 暁 (CV:木野原さやか)
主人公の従妹にあたり、秋桜香とも幼なじみ。
活発で人当たりの良い、元気な女の子。
主人公のことを「お兄」と呼び慕っている。
小さい頃は男の子のようだったが、今では可愛く成長し、身体はすっかり「女の子」になった。
恋に恋するお年頃で、昔から仲が良かった主人公のことが気になっている。
極度の恥ずかしがり屋で、少しでもからかうと、耳と顔が真っ赤になる。
学校では部員2名の陸上部に所属しており、彼女が唯一の選手。得意なのは短距離走。
夏休みも学校で自主練していて、健康的に日焼けている。
故郷を去った主人公の代わりに、よく村の子供のお世話をしているしっかり者。
まだ、この村から一度も出たことがない。

「お兄、あたしたちの関係は、いつまでも……変わらないよね?」

●黒谷 麻実 (CV:mahilo)
暁の1年後輩。
都会から田舎へ引っ越してきたばかりの時、暁が声をかけてくれて、そこから友人になる。
それ以来、暁を慕って陸上部のマネージャーになり、彼女を全力でサポートをしている。
人当たりがよくて気さく。からかい上手。
勉強面でも優等生で基本的に真面目なタイプだが、ひとたび暁のことになると、目をハートを浮かせて感情を露わにする場合も…。
村のことは正直、退屈な場所だと思っている。

「アキ先輩~~お慕いしてますぅぅぅぅぅぅ~~★」

●楠木 亮
主人公。
都会に出てフリーターとして働いている。
本来は、優しくて気遣いができる青年。
村に居た頃は青年団に所属し、子供たちの世話や、ボランティア活動を率先して行っていた。
ある日、妹・秋桜香に対して劣情を抱いてしまっていることに気づく。
必死にその想いを抑え込んでいたが、ある時、村の少年少女らとかくれんぼに付き合っていた最中
理性の歯止めが効かなくなり、倉の中に一緒に隠れた妹の目の前で射精してしまう。
その罪悪感から、なかば妹の存在自体が、彼のトラウマになっている。
因縁ある思い出の倉が壊される予定だと聞き、3週間ほど仕事を休み、故郷に戻ってきた。

作品公式サイト