腐果の濡獄 デモムービー

再生回数:-
2014年6月20日公開

埋め込みタグ

************************
■イントロダクション
************************
うわぁあぁぁぁあ……あぁあぁぁ……あぁぁ……んんんんんん……

咆哮めいた耳鳴りに、男はうっすら目を開いた。
ここはどこなのだろう?
見覚えのない天井が、霞む視界に揺れている。

明滅する記憶に、男は戸惑った。
自分は今まで何をしていた?何故こんなところにいる……?

気付くと辺りを慌ただしく、白衣の人間が行き交っている。
とすれば、ここは病院なのだろうか。
何故、何故、何故、何故……
思考はまた、かまびすしい耳鳴りへと変わった。

うわぁあぁぁぁあ……あぁあぁぁ……あぁぁ……んんんんんん……

男は混濁する意識と記憶に苛まれながら、それでも少しずつ、時間をかけて思い出していった。
自分のなすべきこと。

――“聖母”の創造。

ああ、そうだ、そうだった。
俺は“聖母”を創らなければならない……

男は蹌踉とした足取りで、病院を後にする。

その数日後、看護師の一人が病院から消えた。
永遠に。

************************
■ストーリー
************************
▼【第一部 ~凶鳥(まがとり)の誘い(いざない)~】
「あなた、面白いわね」

患者を前に、女医――沢渡千明は笑った。
眼鏡の奥で理知的に光る目は、しかしどこか熱っぽい輝きを帯びている。
患者はそんな千明を、ジッと、伺うように見つめた。彼はもうずっと不安だった。
何かに急き立てられるかのような焦燥感が、体から、頭から離れてくれない。
この医者は、本当にそれを治してくれるのだろうか。

「こっちに来て」
にんまりと、女医は笑った。
「実験をしましょう」

――扉が、ゆっくりと開かれた。

▼【第二部 ~新月の子ら~】
姉妹は闇の中に居た。もう何年も彼女らは、闇の中で暮らすことを強いられていた。
じめじめとした室内。不意に始まり、いつまでも続けられる暴力。
正体の判らない恐怖に怯え、二人寄り添って震えながら眠る夜。
この夜は終わらないと思っていた。いつまでも闇は、二人を覆い続けるのだと。だが――

▼【第二部 ~愚人の夜~】
「退屈だわ」

谷崎京子はそれが口癖だった。
年の離れた男と結婚し、安泰な暮らしを手に入れはしたが、
もたらされたのは退屈で平凡な、刺激のない毎日。
帰りの遅い夫を尻目に夜遊びを繰り返してみても、もう以前のような楽しみは得られない。
そんな中、彼女はほとんど姿を見たことがない隣人に興味を持つのだが……

▼【第三部 ~人外境(にんがいきょう)崩壊~】
殺人鬼の棲む街――

警視庁刑事部捜査第一課の警部補、南方紗鳥は、雑踏に向けた目を忌々しげに細めた。
もしかしたら今、自分の目の前を、殺人鬼が横切ったかもしれないと思いながら。

殺人鬼はどこに居る?

繰り返される犯行は、徐々に凶暴さを増してきている。
何としてでも犯人を、この手で捕らえなければならない。
捜査の手は少しずつ、その影に迫っていた。

************************
■登場キャラクター
************************
▼【第一部 ~凶鳥(まがどり)の誘い(いざない)~】
●島崎 真希 (CV:橘まお)
看護師になって三年目、後輩も出来てやる気満々の先輩ナース。
何に対しても真剣に取り組み、看護師の仕事を天職だと感じている。
誰にも分け隔てなく接するので、院内の人気も高い。

●高橋 篤子 (CV:柚凪)
ナース一年目の新人。
少しおっちょこちょいなところがあるが、元気いっぱいの明るさでカバー。
先輩である真希を尊敬し、彼女のようになりたいと思っている。

●沢渡 千明 (CV:椎那天)
主人公の主治医。
若くして天才と謳われた有能な女医だったが、
その奇抜な思想が原因で、今の病院に左遷させられたとの噂がつきまとう。
彼女の前に立つと意識が混濁し、脳の奥が揺さぶられるような、奇妙な感覚が……

●村上 富士夫
病院の掃除夫。
目つきが怪しく、看護師たちに嫌われている。

▼【第二部 ~新月の子ら~】
●夏目 希望 (CV:麻優莉)
数年前、育児放棄されていた母親から助け出され、
妹と共に子どもシェルターに入っていた。
現在は妹と一緒にある家庭の養子に入り、平穏に過ごしている。
好奇心旺盛で、積極的、行動的な性格。

●夏目 音奏 (CV:このえゆずこ)
お姉ちゃんにべったりの、内気な妹。いつも姉の陰に隠れている。
母親に虐待されていたトラウマが今も強く残っているのか、ほとんど口をきかない。

▼【第二部 ~愚人の夜~】
●谷崎 京子 (CV:夏川菜々美)
主人公の隣家に住んでいる専業主婦。
夫は仕事に忙しく、ほとんど家にいないためか、日々の時間を持て余している。
旺盛な好奇心から主人公に興味を持ち、次第に近付こうとするのだが……

●谷崎 誠一
京子の夫。
エリートだが気が弱く、家庭では完全に妻の言いなり。
何かと鬱憤がたまっているのだが、それをうまく発散出来ないでいる。

▼【第三部 ~人外境(にんがいきょう)崩壊~】
●南方 紗鳥 (CV:計名さや香)
警視庁刑事部捜査第一課の警部補。
生真面目で仕事一筋なキャリア組。
現在は、女性連続バラバラ殺人事件の担当。
正義感が強く、「悪」には異常なほど、憎悪の心を抱く。

●梶木 雄一郎
紗鳥の相棒。警視庁刑事部捜査第一課の警部補。
ノンキャリアの叩き上げで、紗鳥とはいまいちそりが合わない。

●三津田 柚香 (CV:野々村紗夜)

●日沼 浩二
喫茶店のウェイター