二人暮らし~Ωの首輪~

再生回数:-
2017年12月1日公開

埋め込みタグ

発情すると首筋から甘い匂いのフェロモンを放つ特異体質の青年は、
普段そのフェロモンを抑えるため首輪をつけて生活していた。
ある熱帯夜、喉が渇き首輪を触っていると、首輪がはずれてしまう。
寝ぼけて気付かないまま冷蔵庫に向かっていると。。
発情がはじまり同居している有川を求める。

18ページの作品です。

作品公式サイト