ワタシノオモイ ~愛情と淫艶と~ PLAY MOVIE

デモムービー
■ストーリー 「……なに?」 「ううん、なんでもない」 テーブルを挟んで目の前に座っている男の子が、私の視線に気付いて顔を上げる。 芳貴くん――クラスメイトで、幼い頃からの友達。 そして、今は私の彼氏。 (はぁ~、彼氏かぁ) ずっと好きだったから、向こうも同じ気持ちだったと知ったときは凄く嬉しかった。 彼氏彼女の関係になってからというもの、毎日が楽しくて幸せ。 そんなある日―― 玄関のたたきには、お母さんの靴が脱ぎ捨てた感じで置いてあった。 それと見慣れない男物のくつが2つ……。 リビングの方から聞こえてくるお母さんの喘ぎ声。 「あん、茉希。お帰りなさい」 「……ただいま」 リビングに行くと、お母さんがいた。 予想通り、知らない男の人達とセックスしている。 「お、これが娘さんか。さすが香奈惠の子だけあって可愛いじゃないか」 「驚かせてごめんね~、お邪魔してるよ」 「……いえ」 無視するのもあれだから最低限の返事だけはして、すぐさま廊下へと戻った。 嫌なもの見ちゃった。 お母さんも、いい加減にしてくれればいいのに。 たまにああやって男を連れて帰ってくることがあるから困る。 ほんと、男遊びが激しいんだから。 家に連れ帰ってセックスするのはやめてくれたらいいのに。 私がいようともお構いなしにするんだから。 (もうっ、お母さんのバカ) もう慣れたとはいえ、辛いことに変わりはなかった。 それになんというか…… この声を聞いていると最近変な気分になってきちゃって、落ち着かないんだよね……。 お母さんのあの声聞いていると、こっちまで変な気分になってきちゃうし……。 もしかして私……気になっちゃってる!? どうしよう……気になって……なんで……どうして…… どうしてこんなに気になっちゃうの!?

デモムービー

再生回数:-
2018年1月5日公開

埋め込みタグ

■ストーリー
「……なに?」

「ううん、なんでもない」

テーブルを挟んで目の前に座っている男の子が、私の視線に気付いて顔を上げる。
芳貴くん――クラスメイトで、幼い頃からの友達。
そして、今は私の彼氏。

(はぁ~、彼氏かぁ)

ずっと好きだったから、向こうも同じ気持ちだったと知ったときは凄く嬉しかった。
彼氏彼女の関係になってからというもの、毎日が楽しくて幸せ。

そんなある日――
玄関のたたきには、お母さんの靴が脱ぎ捨てた感じで置いてあった。
それと見慣れない男物のくつが2つ……。
リビングの方から聞こえてくるお母さんの喘ぎ声。

「あん、茉希。お帰りなさい」

「……ただいま」

リビングに行くと、お母さんがいた。
予想通り、知らない男の人達とセックスしている。

「お、これが娘さんか。さすが香奈惠の子だけあって可愛いじゃないか」
「驚かせてごめんね~、お邪魔してるよ」

「……いえ」

無視するのもあれだから最低限の返事だけはして、すぐさま廊下へと戻った。
嫌なもの見ちゃった。
お母さんも、いい加減にしてくれればいいのに。
たまにああやって男を連れて帰ってくることがあるから困る。
ほんと、男遊びが激しいんだから。
家に連れ帰ってセックスするのはやめてくれたらいいのに。
私がいようともお構いなしにするんだから。

(もうっ、お母さんのバカ)

もう慣れたとはいえ、辛いことに変わりはなかった。
それになんというか……
この声を聞いていると最近変な気分になってきちゃって、落ち着かないんだよね……。
お母さんのあの声聞いていると、こっちまで変な気分になってきちゃうし……。

もしかして私……気になっちゃってる!?
どうしよう……気になって……なんで……どうして……
どうしてこんなに気になっちゃうの!?