欲求不満なボクのママのSEXレッスン ~パパには言えない家庭内情事~

デモムービー
■ストーリー 「もぉー、はじめちゃん? 起きないと遅刻しちゃうわよ? ほらほら、早く起きて」 寝坊した僕を起こしに来た母さんに布団を剥がされると…… そこには、下半身丸出しで朝立ちしている肉棒が。 昨夜は、Hなサイトを見ていて自慰しつつ寝落ちしていたらしい。 「……はじめちゃん?」 怖いくらい静かな声で、母さんが僕を呼んだ。 言い訳の言葉が見つからず、狼狽えるだけの僕に母さんが手を伸ばした。 怒られる! ――そう思った僕は、無意識に顔を俯かせた。 が…… 次の瞬間――母さんの手は、朝勃ちしたままの僕のものに触れた。 「か、母さん?」 「ちょっと見ない間に、こんな大きくなっていたのね……」 熱い視線を向けながら、母さんが僕の先っぽを慈しむように優しく撫でる。 抜きまくったせいで敏感になっているそこには、その感触すら刺激的だった。 「……こんなに大きいと苦しいでしょう? ママがスッキリさせてあげる……」 ――ちょっと待って。 そう言い終えるよりも先、母さんは僕のズボンを脱がせた。

デモムービー

再生回数:-
2018年2月23日公開

埋め込みタグ

■ストーリー
「もぉー、はじめちゃん? 起きないと遅刻しちゃうわよ? ほらほら、早く起きて」

寝坊した僕を起こしに来た母さんに布団を剥がされると……
そこには、下半身丸出しで朝立ちしている肉棒が。
昨夜は、Hなサイトを見ていて自慰しつつ寝落ちしていたらしい。

「……はじめちゃん?」

怖いくらい静かな声で、母さんが僕を呼んだ。
言い訳の言葉が見つからず、狼狽えるだけの僕に母さんが手を伸ばした。
怒られる! ――そう思った僕は、無意識に顔を俯かせた。
が……

次の瞬間――母さんの手は、朝勃ちしたままの僕のものに触れた。

「か、母さん?」

「ちょっと見ない間に、こんな大きくなっていたのね……」

熱い視線を向けながら、母さんが僕の先っぽを慈しむように優しく撫でる。
抜きまくったせいで敏感になっているそこには、その感触すら刺激的だった。

「……こんなに大きいと苦しいでしょう? ママがスッキリさせてあげる……」

――ちょっと待って。

そう言い終えるよりも先、母さんは僕のズボンを脱がせた。

作品公式サイト