ヒプノ古書堂の官能催眠

ヒプノ古書堂の官能催眠

  1. 導入_体験版 07:11
  2. プレイパート_01_体験版 08:58
  3. プレイパート_02_体験版 13:09

00:00 / 00:00

再生時にサイレントモードでも音が出る場合があります

ヒプノ古書堂の官能催眠

再生回数:-
2018年4月6日公開

埋め込みタグ

【あらすじ】

「ああ、いらっしゃいませ」
 ふと立ち寄ったその本屋は、官能小説だけを取り扱う古書店だった。
 独特な古書の香りと静かな音楽が、まるで時の流れが止まっているかのように感じさせた。
 店内には若い女性店員が一人、カウンターの奥で座っているだけ。
 時折聞こえる紙が擦れる音に視線を向けると、伏せた眼差しで店員らしき女性が官能小説を読んでいる。
 その貴方の視線に気づいた女性は顔をあげて、優しげな笑みを見せながら口を開く。
「何かお探しの本がありましたか? えっ、違う――?」
 手にしていた官能小説を持ち上げて、彼女は続ける。
「この小説に興味があるんですか?」
 と――。
 彼女の言葉に貴方は頷き、彼女の前に立つ。
 しかしそれが、貴方にとってこれから先抜け出すことの出来ない快楽と官能に満ちたモノだとは知らずに。

【作品紹介】

 この音声作品は、催眠要素を含む催眠ボイスドラマです。

 ヒプノ古書堂に来店した貴方が、店主の読の官能小説に興味を抱く。
 商品ではない官能小説に、読が朗読することを貴方に持ち掛けて――。

 貴方は官能小説の主人公に精神を移し、官能の世界に浸りながらドライオーガズムを迎える。

【作品内容】

 01 注意事項 00:57

 音声を聞く際の注意事項並びに、環境と催眠に入る準備をするパートになります。

 02 導入 25:46

 自律訓練法でリラックスを促し、催眠状態に入りやすくしていきます。
 官能小説の中の主人公に感情移入し、官能的なシーンに対する興奮を高めていき、
 店主の読が語る官能小説に没頭しやすい状態にするパートです。

 03 プレイパート 43:50

 読が語る官能小説を体験するパートになります。
 主人公のことが大好きなヒロインに催眠を掛けられて、愛されながら、催眠による感度上昇、期待感を高め、
 ヒロインに乳首やペニス、アナルを弄られてドライオーガズムを迎える。

 04 解除 03:22

 催眠状態で与えられた暗示を解き、催眠状態から目を覚ますパートになります。

 ヒプノ古書堂の官能催眠(初回用) 01:13:56

 ヒプノ古書堂の官能催眠(二回目以降用) 50:59

【同梱内容】

 チャプター別、初回用、二回目以降用別に同梱。

【クレジットタイトル】

 声優 : 縁側こより 様

 イラスト・台本・編集 : 野村渚