処女はお姉さまに恋してる~2人のエルダー

処女はお姉さまに恋してる~2人のエルダー
■□■ストーリー■□■ 先祖に北ヨーロッパの血を持つがゆえに、美しい銀の髪を持つ少年、千早。 だがその容姿は好奇の的となり、そしてその伶俐さゆえに打ち解けず人を拒み、不登校となってしまう。 そんな千早を見かねた母親は、最後通牒として転校して違う学校に通うよう言い渡す…… だがしかし、そこは、親族が運営するお嬢さま女学院だった ! ! 侍女であり、幼なじみである史と共に無理矢理送り込まれた学院の女子寮…… そこで千早は、薫子という少女と運命的な出逢いをする。 どんなことにも真っ正直にぶつかっていく【薫子】 そして世を拗ね、高みから物を見るような 【千早】 互いに影響し合い、反目し合いながらも、千早と薫子は奇妙な友情で結ばれていく。 そんな中、ふたりはエルダー候補に祭り上げられてしまい…! ! 果たして、彼は無事に学園生活を送ることが出来るのか ! ? そして新しい出逢いは千早をどう変えていくのか? 今度はちょっぴりビターでスラップスティックな <女装潜入ファンタジー> 新しい物語が、いま再び開幕します。 ■□■キャラクター紹介■□■ ●妃宮 千早 (きさきのみや ちはや) CV:菜ノ花さくら 3月12日生まれ・♂・身長168cm・血液型AB・魚座 本作品の主人公。 父親の為に男性不信となり、それが高じて人間不信に陥る。 結果身近な一部の人間しか傍に寄せ付けないようになり、学校も不登校になってしまう。 それを心配した母親が彼を女学院に送り込む決意をしてしまうことに。 ちなみに、前作主人公である瑞穂の鏑木家とは親類縁者にあたる。 「総てを上から見るような、そんな自分も──大キライ」 ●七々原 薫子 (ななはら かおるこ) CV:波奈束 風景 4月19日生まれ・♀・身長172cm・血液型O・牡羊座 剣道三段の腕を持つ、スポーツ万能で男性顔負けの強さの持ち主。 本年度のエルダー候補ナンバーワン。 父親が一年の時に薫子を聖應へと転入させた。 入った頃はぬるま湯のような学院に違和を感じていたが、 前年度エルダーでもある周防院奏との二年間の生活で、 自分らしさと女らしさを少しずつ獲得していった。 三年生である今年は、奏や上級生たちに受けた恩を、 下級生たちに自分も少しでも返したいと考えて行動している。 「自分でもガラが悪いのはわかってるから」 ●度會 史 (わたらい ふみ) CV:大花どん 7月20日生まれ・♀・身長145cm・血液型B・蟹座  千早の家に代々仕えている従者の家系である度會家の少女。 以前は家から聖應に通っていたが、千早が寮に入るに当たって一緒に入寮する。 「千早に仕えること」を信条としており、千早のためなら何でもしてしまうのだが、 あまりそれを嬉しそうにやっているように見えない。 無口で無感動な性格なので奇妙にクールに見えるが、実際にそうなのかはわからない。 千早のことは彼女なりに良く理解している。 「……史は、千早さまの侍女ですから」 ●ケイリ・グランセリウス CV:生駒あるひ 8月15日生まれ・♀・身長171cm・血液型A・獅子座 自身を「星の王女」と名乗る不思議感覚ガイジン少女。 年によって振る舞い方が変える、という奇妙な行動を実践している。 今年はクラスに於いて「お嬢さま」の地位を得るべく丁寧な女言葉を使うことにしたとかしないとか。 とにかく突飛な行動が多い。 占星学に長け、落ち着いた性格で流暢な日本語を操るが、 一見安定しているように見えるその心の奥には、時折何か暗い陰が走ることも。 「私は夜に在り、数多星々を司る星の王女」 ●冷泉 淡雪 (れいぜい あわゆき) CV:森保しほ 12月12日生まれ・♀・身長165cm・血液型B・射手座 名前とは裏腹に割と熱血気味の華道部部員。 華道家の家柄の人間として、子供の頃からそのことを周囲に疎ましく言われていたこともあり、 それが強い劣等感になっている。 ぱっと出の千早に華道での腕前を見せつけられてしまい、それ以降一方的にライバル視するようになる。 その後事ある毎に千早に勝負を挑むのだが……。 「ぐっ……気に入らない! お姉さまのそういうところ、気に入らないわ」 ●哘 雅楽乃 (さそう うたの) CV:榊原ゆい 9月28日生まれ・♀・身長158cm・血液型A・天秤座 通称「御前」と呼ばれている。 和風な髪型がそう言われる由縁であるらしい。 二年の間ではすでに次々期のエルダー候補と目されている様子。 華道部に所属しており、放課後は大抵部室で花を活けているが、 時折季節の草花を求めて園芸部を訪れていることもある。 いつも目を閉じていることが多く、母親から日本旧来的な女性像に基づく厳しい教育を受けており、 二年生とは思えない落ち着きを見せる。 「私は、自分の行動の責任を…他人様に押しつけるような真似は決して致しません」 ●神近 香織理 (かみちか かおり) CV:青山ゆかり 8月24日生まれ・♀・身長166cm・血液型AB・乙女座 大人びた雰囲気を持つ最上級生。 昨年中途から寮住まいをし始めた謎の多い少女である。 学院内で多数の下級生に手を出しており、多くの浮き名を流して破廉恥な噂が絶えない。 そのため本人のあずかり知らないところで黒い噂も多いが、 本人は周囲から言われるほどには破戒的でもないし、情にも厚いところがある。 寮内では優しいお姉さん的なスタンスにいる。 「これは私自身の香りよ……不思議でしょう?」

処女はお姉さまに恋してる~2人のエルダー

再生回数:-
2015年6月25日公開

埋め込みタグ

■□■ストーリー■□■
先祖に北ヨーロッパの血を持つがゆえに、美しい銀の髪を持つ少年、千早。
だがその容姿は好奇の的となり、そしてその伶俐さゆえに打ち解けず人を拒み、不登校となってしまう。
そんな千早を見かねた母親は、最後通牒として転校して違う学校に通うよう言い渡す……
だがしかし、そこは、親族が運営するお嬢さま女学院だった ! !

侍女であり、幼なじみである史と共に無理矢理送り込まれた学院の女子寮……
そこで千早は、薫子という少女と運命的な出逢いをする。

どんなことにも真っ正直にぶつかっていく【薫子】
そして世を拗ね、高みから物を見るような 【千早】

互いに影響し合い、反目し合いながらも、千早と薫子は奇妙な友情で結ばれていく。
そんな中、ふたりはエルダー候補に祭り上げられてしまい…! !

果たして、彼は無事に学園生活を送ることが出来るのか ! ?
そして新しい出逢いは千早をどう変えていくのか?

今度はちょっぴりビターでスラップスティックな <女装潜入ファンタジー>
新しい物語が、いま再び開幕します。

■□■キャラクター紹介■□■
●妃宮 千早 (きさきのみや ちはや)
CV:菜ノ花さくら
3月12日生まれ・♂・身長168cm・血液型AB・魚座

本作品の主人公。
父親の為に男性不信となり、それが高じて人間不信に陥る。
結果身近な一部の人間しか傍に寄せ付けないようになり、学校も不登校になってしまう。
それを心配した母親が彼を女学院に送り込む決意をしてしまうことに。
ちなみに、前作主人公である瑞穂の鏑木家とは親類縁者にあたる。

「総てを上から見るような、そんな自分も──大キライ」

●七々原 薫子 (ななはら かおるこ)
CV:波奈束 風景
4月19日生まれ・♀・身長172cm・血液型O・牡羊座

剣道三段の腕を持つ、スポーツ万能で男性顔負けの強さの持ち主。
本年度のエルダー候補ナンバーワン。
父親が一年の時に薫子を聖應へと転入させた。
入った頃はぬるま湯のような学院に違和を感じていたが、
前年度エルダーでもある周防院奏との二年間の生活で、
自分らしさと女らしさを少しずつ獲得していった。
三年生である今年は、奏や上級生たちに受けた恩を、
下級生たちに自分も少しでも返したいと考えて行動している。

「自分でもガラが悪いのはわかってるから」

●度會 史 (わたらい ふみ)
CV:大花どん
7月20日生まれ・♀・身長145cm・血液型B・蟹座

 千早の家に代々仕えている従者の家系である度會家の少女。
以前は家から聖應に通っていたが、千早が寮に入るに当たって一緒に入寮する。
「千早に仕えること」を信条としており、千早のためなら何でもしてしまうのだが、
あまりそれを嬉しそうにやっているように見えない。
無口で無感動な性格なので奇妙にクールに見えるが、実際にそうなのかはわからない。
千早のことは彼女なりに良く理解している。

「……史は、千早さまの侍女ですから」

●ケイリ・グランセリウス
CV:生駒あるひ
8月15日生まれ・♀・身長171cm・血液型A・獅子座

自身を「星の王女」と名乗る不思議感覚ガイジン少女。
年によって振る舞い方が変える、という奇妙な行動を実践している。
今年はクラスに於いて「お嬢さま」の地位を得るべく丁寧な女言葉を使うことにしたとかしないとか。
とにかく突飛な行動が多い。
占星学に長け、落ち着いた性格で流暢な日本語を操るが、
一見安定しているように見えるその心の奥には、時折何か暗い陰が走ることも。

「私は夜に在り、数多星々を司る星の王女」

●冷泉 淡雪 (れいぜい あわゆき)
CV:森保しほ
12月12日生まれ・♀・身長165cm・血液型B・射手座

名前とは裏腹に割と熱血気味の華道部部員。
華道家の家柄の人間として、子供の頃からそのことを周囲に疎ましく言われていたこともあり、
それが強い劣等感になっている。
ぱっと出の千早に華道での腕前を見せつけられてしまい、それ以降一方的にライバル視するようになる。
その後事ある毎に千早に勝負を挑むのだが……。

「ぐっ……気に入らない! お姉さまのそういうところ、気に入らないわ」

●哘 雅楽乃 (さそう うたの)
CV:榊原ゆい
9月28日生まれ・♀・身長158cm・血液型A・天秤座

通称「御前」と呼ばれている。
和風な髪型がそう言われる由縁であるらしい。
二年の間ではすでに次々期のエルダー候補と目されている様子。
華道部に所属しており、放課後は大抵部室で花を活けているが、
時折季節の草花を求めて園芸部を訪れていることもある。
いつも目を閉じていることが多く、母親から日本旧来的な女性像に基づく厳しい教育を受けており、
二年生とは思えない落ち着きを見せる。

「私は、自分の行動の責任を…他人様に押しつけるような真似は決して致しません」

●神近 香織理 (かみちか かおり)
CV:青山ゆかり
8月24日生まれ・♀・身長166cm・血液型AB・乙女座

大人びた雰囲気を持つ最上級生。
昨年中途から寮住まいをし始めた謎の多い少女である。
学院内で多数の下級生に手を出しており、多くの浮き名を流して破廉恥な噂が絶えない。
そのため本人のあずかり知らないところで黒い噂も多いが、
本人は周囲から言われるほどには破戒的でもないし、情にも厚いところがある。
寮内では優しいお姉さん的なスタンスにいる。

「これは私自身の香りよ……不思議でしょう?」

作品公式サイト