銀色の刻/時

再生回数:-
2012年11月2日公開

埋め込みタグ

少年はより楽しい明日を目指して生きてきた。
 合理的に自分にとっての『楽しい』を突き詰めた。
 だが、満足できず、もっと明日を楽しくしたいと願う。
 考えた結果『他人が世の中を面白くすれば、回りまわって自分の生活がさらに楽しくなるのではないか?』という発想に至る。

 そのためには何をすれば良いのか?

 少年は『世の中を面白くするのは懸命な人達であり、その人達がより世の中を面白くするためには、殺しても問題ない人間——害悪の排除が必要だ』と考えた。
 だが、常識的に考えて人殺しは駄目だ。

 少年は『害悪の排除』という発想を捨て、今までどおりの楽しい生活を続けることにした。

 そんなある日、一人の少女が人を殺す瞬間を見た。
 命の尊さを忘れる芸術的な殺人。
 少年は少女の在り方に惹かれ、『害悪排除』という思想を育てていく。

 全450ページ
 グラフィック一覧・特設ページ:http://harukakka.com/blog-entry-4387.html