キモオタと言われる俺が、欲求不満な肉穴に中出ししまくりました ~地味だけど実は淫乱な巨乳人妻~

PV
ボク"藤森遊太"は、実家が経営している『スーパーふじもり』の店長代理。 お客さんといい、店員といい、ここにいる女性はみんなボクにちっとも優しくしてくれない。 どこかに優しくて包容力があって地味だけどちょっとエロくて、 胸が大きめな人妻いないかなぁ……と思っていたら、 つい先日、新しくパートアルバイトで応募してきた"椎名和葉"さんがまさに!! 面接に立ち会ったボクは一目見た瞬間に採用を決めていた。 そんな彼女が入店してしばらくしたある日の事。 バックヤードで和葉さんに業務作業を教えてたボク。 作業を進める中、ちょっとしたアクシデントでボクが和葉さんを押し倒した様な形になってしまった! そこにタイミング悪く隣の控え室のドアが開き、休憩中のパートのおばさんが声をかけてきた。 今、足元に和葉さんが倒れてるのがバレたらおしまいだ……! 「彼女はえーと……売り場の方に行ってるんですよっ」 とっさに彼女の存在を隠した。 和葉さんもボクの意図を分かってくれるだろう……多分。 ……ん……? ボクの足元から気配を感じる。 一体、和葉さんは何をして……。 え……えっ、えっ、えぇっ? 聞き覚えのあるジッパーが下がる音。 ボクは手を触れていないのに下半身が戒めを解かれて封印されしいきりたつモノが……

PV

再生回数:-
2017年1月4日公開

埋め込みタグ

ボク"藤森遊太"は、実家が経営している『スーパーふじもり』の店長代理。

お客さんといい、店員といい、ここにいる女性はみんなボクにちっとも優しくしてくれない。

どこかに優しくて包容力があって地味だけどちょっとエロくて、
胸が大きめな人妻いないかなぁ……と思っていたら、
つい先日、新しくパートアルバイトで応募してきた"椎名和葉"さんがまさに!!
面接に立ち会ったボクは一目見た瞬間に採用を決めていた。

そんな彼女が入店してしばらくしたある日の事。
バックヤードで和葉さんに業務作業を教えてたボク。
作業を進める中、ちょっとしたアクシデントでボクが和葉さんを押し倒した様な形になってしまった!
そこにタイミング悪く隣の控え室のドアが開き、休憩中のパートのおばさんが声をかけてきた。
今、足元に和葉さんが倒れてるのがバレたらおしまいだ……!

「彼女はえーと……売り場の方に行ってるんですよっ」

とっさに彼女の存在を隠した。
和葉さんもボクの意図を分かってくれるだろう……多分。

……ん……?
ボクの足元から気配を感じる。
一体、和葉さんは何をして……。

え……えっ、えっ、えぇっ?
聞き覚えのあるジッパーが下がる音。
ボクは手を触れていないのに下半身が戒めを解かれて封印されしいきりたつモノが……

作品公式サイト