OPムービー
■物語 波乱万丈、だけど平和な毎日は、夏の陽射しのように眩しくて――。 学園生活最後の夏休みも間近に迫った、7月の最初の日。 雨上がりの午後、海沿いの小さな町の坂の上に建つ高村家へと俺は向かっていた。 これから約9ヶ月間、母方の親戚である高村家の居候になるためだ。 ――事の発端は、父の仕事だった。 普通なら父の単身赴任でも良かったのかもしれない。 だけど俺もそろそろ親元を離れて暮らしても良い年齢で。 一方の妹のつぐみは、学校でちょっとしたトラブルがあったりして。 紆余曲折というほどのややこしい話もなく、気が付くと家族は俺を残して海外へと旅立っていた。 そんなこんなで俺は、同じ学園へ通う従妹のいる高村家へ9ヶ月間預けられることになったわけで。 どうせなら一人暮らしがしたかったけど、そこまで贅沢はいえないし、 それでも親元を離れて暮らすことに少し興奮をしつつ、俺は高村家の門をくぐった。 高村家に付いた俺を、高村の叔母さんは暖かく迎えてくれた。だけど――。 「一緒に住むなんて、私は認めた覚えはないから!」 従妹の橘花は、俺に冷たく背を向けた。 あっけにとられる俺に追い討ちをかけるように、翌朝事件は起こる。 運命の悪戯か神の悪意か、天文学的な偶然の産物として、俺は橘花の着替えを目撃してしまったのだ。 「あはは、そんなに隠すほどの大きさじゃ……」 気まずくならないよう、俺はさわやかに笑いかけ――。 「って、っていうかごめん! 部屋間違えた!」 橘花の形相に慌てて謝った。 「ごめんで済むかーーーーーーーーーーーーっ!」 橘花が咆哮し、俺たちの関係はますます最悪に……。 そんなこんなで始まった、ちょっとだけ新しい生活。そして待ち受ける学園生活最後の夏。 単身帰国した妹のつぐみ、クラスメイトたちも巻き込んで、今まで以上に賑やかな毎日が幕を開ける。

OPムービー

再生回数:-
2018年6月29日公開

埋め込みタグ

■物語
波乱万丈、だけど平和な毎日は、夏の陽射しのように眩しくて――。

学園生活最後の夏休みも間近に迫った、7月の最初の日。
雨上がりの午後、海沿いの小さな町の坂の上に建つ高村家へと俺は向かっていた。
これから約9ヶ月間、母方の親戚である高村家の居候になるためだ。

――事の発端は、父の仕事だった。
普通なら父の単身赴任でも良かったのかもしれない。
だけど俺もそろそろ親元を離れて暮らしても良い年齢で。
一方の妹のつぐみは、学校でちょっとしたトラブルがあったりして。
紆余曲折というほどのややこしい話もなく、気が付くと家族は俺を残して海外へと旅立っていた。

そんなこんなで俺は、同じ学園へ通う従妹のいる高村家へ9ヶ月間預けられることになったわけで。
どうせなら一人暮らしがしたかったけど、そこまで贅沢はいえないし、
それでも親元を離れて暮らすことに少し興奮をしつつ、俺は高村家の門をくぐった。

高村家に付いた俺を、高村の叔母さんは暖かく迎えてくれた。だけど――。
「一緒に住むなんて、私は認めた覚えはないから!」
従妹の橘花は、俺に冷たく背を向けた。

あっけにとられる俺に追い討ちをかけるように、翌朝事件は起こる。
運命の悪戯か神の悪意か、天文学的な偶然の産物として、俺は橘花の着替えを目撃してしまったのだ。

「あはは、そんなに隠すほどの大きさじゃ……」
気まずくならないよう、俺はさわやかに笑いかけ――。
「って、っていうかごめん! 部屋間違えた!」
橘花の形相に慌てて謝った。
「ごめんで済むかーーーーーーーーーーーーっ!」
橘花が咆哮し、俺たちの関係はますます最悪に……。

そんなこんなで始まった、ちょっとだけ新しい生活。そして待ち受ける学園生活最後の夏。
単身帰国した妹のつぐみ、クラスメイトたちも巻き込んで、今まで以上に賑やかな毎日が幕を開ける。

作品公式サイト