4色の支配者と反逆の業火 第四章 黒の王

4色の支配者と反逆の業火 第四章 黒の王 体験版

  1. ボイスサンプル1 01:03
  2. ボイスサンプル2 01:21
  3. ボイスサンプル3 00:43

00:00 / 00:00

再生時にサイレントモードでも音が出る場合があります

4色の支配者と反逆の業火 第四章 黒の王 体験版

再生回数:-
2018年5月15日公開

埋め込みタグ

<<あらまし>>

――共に堕ちよう。その先にあるものが地獄の業火だとしても――

遠い昔……世界が五色でできていた時代。
地上を統べるそれぞれの勢力は、自らの持つ色に塗り替えようと、争いを続けていた。
青、赤、白、黒――そして無色。
有色の国は無色の民とその土地に対し、不可侵の盟約をもうけ、長い平和が続いた。
しかし、約が破られたのは有色の王が次々と代替わりした十年程前のこと。
全てが終わったとき、生きていたのは瞳に激しく反逆の業火を燃えあがらせる四人の少女だけだったのである……。

快楽に堕としそして殺せ。甘美な復讐劇が始まろうとしていた。

貴女は残忍な王と情を交わし、契りを交わし、そして彼らが絶息するのを見届けなければならない。


<<第四章 黒の王>>

訪れた先は魔性漂う黒の居城。 魔剣を振るい大量の民を虐殺してきた彼は
既に精神を蝕まれつつあり、仮面を被って日々を送っていた。
「君があの時の少女か。教えてやるよ、私の全てを」
その復讐劇の結末は――。