夫に言えない義父との姦淫 ~嫌なのに忘れられなくなりそう~

予告ムービー
浴槽に息子の嫁“智香さん”がつかっている。 年の頃は、女の盛りである二十代後半か。 「んっ……うっ……ふぅ……どうしたのかしら……?あそこが……むずむずしてきて……んぅぅ……んあぁ……ああぁ……はあぁん……」 甘く淫らな喘ぎが浴室に響き渡った。 お湯につかった裸身は官能に悶えている。 「ふむ。効いてきたようですね。あれが」 お湯には、あらかじめ媚薬を混入してあった。 智香さんは、自らの官能を懸命になって抑え込もうとしていた。 歓喜の頂にだけは昇りつめまいとしている。 「んんっ……んくぅぅ……んんぁ……あくぅぅ……」 それでも指の蠢きは止められず、官能の炎が女体をあぶり続けていた。 肉感的な肢体は、性的絶頂に一歩手前でお預けをくらっていた。 「そろそろ頃合ですかな」 私は、やおら立ち上がる。 「息子の嫁が欲求不満に苦しんでいるとあれば、それを解消してやるのが義父の務めです」 素っ裸になって脱衣所に乗り込んだ。

予告ムービー

再生回数:-
2016年9月9日公開

埋め込みタグ

浴槽に息子の嫁“智香さん”がつかっている。
年の頃は、女の盛りである二十代後半か。
「んっ……うっ……ふぅ……どうしたのかしら……?あそこが……むずむずしてきて……んぅぅ……んあぁ……ああぁ……はあぁん……」
甘く淫らな喘ぎが浴室に響き渡った。
お湯につかった裸身は官能に悶えている。
「ふむ。効いてきたようですね。あれが」
お湯には、あらかじめ媚薬を混入してあった。
智香さんは、自らの官能を懸命になって抑え込もうとしていた。
歓喜の頂にだけは昇りつめまいとしている。
「んんっ……んくぅぅ……んんぁ……あくぅぅ……」
それでも指の蠢きは止められず、官能の炎が女体をあぶり続けていた。
肉感的な肢体は、性的絶頂に一歩手前でお預けをくらっていた。
「そろそろ頃合ですかな」
私は、やおら立ち上がる。
「息子の嫁が欲求不満に苦しんでいるとあれば、それを解消してやるのが義父の務めです」
素っ裸になって脱衣所に乗り込んだ。

作品公式サイト