濡羽の家の祟り婚 夏の章 盲いた愛

濡羽の家の祟り婚 夏の章 盲いた愛 体験版

  1. 試聴音声その一 01:50
  2. 試聴音声その二 02:23
  3. 試聴音声その三 01:30

00:00 / 00:00

再生時にサイレントモードでも音が出る場合があります

濡羽の家の祟り婚 夏の章 盲いた愛 体験版

再生回数:-
2018年4月26日公開

埋め込みタグ

暗い欲望と呪われた血が男たちをその屋敷へ導く――

その出で立ちから濡羽の家と呼ばれる谷家には、男子が生まれぬ。
ゆえに他家より婿を取る定めであった。
谷家の娘は美しい。
灯りに群がる蛾のように、四人が名乗りを上げた。
そして再び季節はうつろう。


<<夏の章 盲いた愛>>

五つの時だ。君の母に頬を張られた。
濡羽の家へは二度と招かれなかった。
夏、それが叶った。村の因習と彼の存在は福音だった。
全てを知ったら、君は憎むだろうか。
谷家の血に僕の跡を残す。そう決めたことを。