わ、わたしを縛りたい? ~僕と地味娘の秘密の関係~

PV
■ストーリー 放課後、教室で二人きり。 ――その時まで、僕は彼女を意識した事は無かった。 「長津田君さぁ、ドSだって言われてたね」 昼休みに男子同士で、今後どんなセックスがしたいかという話題になって…… それぞれが憧れのプレイを話したのを彼女は聞いていたらしい。 「……私が……縛らせてあげるって言ったら?」 突然の出来事だった。 彼女――、相原結愛の肩は少し震えていた。 その震動が髪の先端にまで伝わっている。 あの透明な瞳は……冗談を言って人をからかうような輝きじゃなかった。 「相原は……縛られるのが好きなの?」 わけもわからず、あまりにも咄嗟の事で。 だからただ焦るばかりで。 でも、何かのチャンスだという事だけはわかっていた。 言葉を選んで、正しい選択肢を選べば、俺はきっと、彼女と――。 どこかで憧れていた征服欲を、声に変えて相原に投げかけた。 「――おい、俺に縛られたいのかって聞いてるんだ。答えろよ」 「…………っ!……し、縛られ、たい……です……」 困り顔で瞳を潤ませながら、相原は、俺に懇願を求めてきた。 その瞬間、俺の背中に電流のような感覚がゾクゾクと走った。 透明感に満ちた彼女の瞳は、いつのまにか淫惑な牝の瞳へと変わっていた事に気付いた――。

PV

再生回数:-
2016年12月27日公開

埋め込みタグ

■ストーリー
放課後、教室で二人きり。
――その時まで、僕は彼女を意識した事は無かった。

「長津田君さぁ、ドSだって言われてたね」

昼休みに男子同士で、今後どんなセックスがしたいかという話題になって……
それぞれが憧れのプレイを話したのを彼女は聞いていたらしい。

「……私が……縛らせてあげるって言ったら?」

突然の出来事だった。
彼女――、相原結愛の肩は少し震えていた。
その震動が髪の先端にまで伝わっている。
あの透明な瞳は……冗談を言って人をからかうような輝きじゃなかった。

「相原は……縛られるのが好きなの?」

わけもわからず、あまりにも咄嗟の事で。
だからただ焦るばかりで。
でも、何かのチャンスだという事だけはわかっていた。
言葉を選んで、正しい選択肢を選べば、俺はきっと、彼女と――。
どこかで憧れていた征服欲を、声に変えて相原に投げかけた。

「――おい、俺に縛られたいのかって聞いてるんだ。答えろよ」

「…………っ!……し、縛られ、たい……です……」

困り顔で瞳を潤ませながら、相原は、俺に懇願を求めてきた。
その瞬間、俺の背中に電流のような感覚がゾクゾクと走った。
透明感に満ちた彼女の瞳は、いつのまにか淫惑な牝の瞳へと変わっていた事に気付いた――。

作品公式サイト