機装猟兵ガンハウンド PV

(登録タグはありません)

機装猟兵ガンハウンド PV

再生回数:-
2010年2月5日公開

埋め込みタグ

「機装猟兵ガンハウンド」は1990年代に黎明期を迎えた、
2D、ジャンプ、アクション、ロボット、シューティングといった、
キーワードになぞらえて制作されたアクションゲームです。
過去に慣れ親しんだ操作性や、ゲーム性を2009年にそのまま活かせる
優れたユーザビリティが最大の特徴です。

いまなお脈々と受け継がれるアクションゲームの原点をリスペクトした
「機装猟兵ガンハウンド」は過去のエースプレイヤー達の活躍の場として理想的な製品となるでしょう。
R35世代にもう一度「新しい爽快感」を送ります。


■「機装猟兵ガンハウンド」の特長

・作曲者は2Dゲームミュージック界の大御所
 ゲーム中のBGMはすべて「悪魔城ドラキュラ」などで有名な山下絹代氏の作曲。
 本タイトル用にすべて新規に書き下ろされた楽曲でプレイヤーの挑戦を待っています。

・キャラクターデザインは雑君保プ
 キャラクターはアーケードゲーム全盛期を彩る有名漫画家「雑君保プ」がデザインしています。
 アーケード専門雑誌で人気を集めた目玉キャラが本作でも登場。

・細かいロボアクションへのこだわり
 鎧、ボディ、メカの3層構造で構成されたロボットの装甲は腕、胴体、脚部への
 ダメージを受けるごとに露出します。
 ガトリング砲の回転や内部メカの動作にまでこだわった細かいギミックと、1990年代にはなかった
 16:9の画面比で横スクロールアクションがさらに快適になります。

・プレイヤーは一人じゃない。小隊システムで巨大戦艦に挑む
 3機編成の小隊で各ステージに挑みます。仲間の機体を同時に操り戦場での共闘感を演出します。
 今までの2Dアクションゲームにはなかったチームメンバーとの共同作業による
 巨大戦艦との戦闘で仲間意識を増幅させます。

・追加武装によるやりこみ要素が充実
 ゲーム中のスコアはトータルスコアとして毎回のゲームプレイごとに加算されます。
 高度なプレイに応じて加算されるボーナス得点により新しい武器が追加されます。