OPデモムービー
■ストーリー ここ、日澤学園には生徒達に先輩から代々引き継いでいる言い伝え(伝説)がある。 修学旅行で好きな相手と結ばれると、その相手と末永く幸せになれる(結婚できる)、というもの。 主人公は本来であれば、男子校の教師を目指していたが、何かの手違いで、女子校に赴任となってしまった。 男子校を希望していた理由は、若い子は好きであるが、 年下の女性とは話せない(若年層女性恐怖症)の傾向がある為だった。 しかし、クラスの子たちからは愛称で呼ばれてなかなかの人気者。 そして、お待ちかねの修学旅行の時期となり、クラスはその話題で持ち切り。 みんなそわそわ。 女子にとっては絶好のチャンス到来という訳で、 4人がそれぞれの作戦で主人公と結ばれようと思いをめぐらす。 そんな噂が保険医の耳にも入り心配な彼女。 そしていよいよ修学旅行が始まる……。 ■登場キャラクター 【常識人】 ●吉田 理乃 (CV:彩瀬ゆり) 高飛車でおませな面はあるが、4人のヒロインの中では一番の常識人で、まとめ役。 ヒロインたちの班の班長をしている。 比較的親が裕福で、学園近くの高層マンションで暮らしている。 だがお嬢様ぶったりはせず、割と庶民的。 自分が可愛いのを自覚しており、比較的ストレートにグイグイと主人公に迫ってくる。 プライドが高くて、個性的な友達にプンプンすることも。 常識人な面もあるため、周りに振り回されることもしばしば。 【昔少しだけヤンチャをしてた】 ●針生 陽子 (CV:水野七海) 派手な見た目と強気な性格から誤解されることもあるが、素行はそこまで悪くはなく、割と協調性はある方。 理乃とは幼馴染だったため、グループに入れてもらっている。 周りに振り回される理乃を強引に決断してでも引っ張っていくタイプだが、注意力が足りず失敗してしまうこともしばしば。 当初は担任で処女を卒業するということに抵抗を覚えていたが、他の面子から煽られて顔を真っ赤にしながらもこの競争に参加することに。 主人公と仲良くなるに従い、「可愛い」と言われたり、その巨乳を褒められたりすることが増えるが、本人は恥ずかしがってしまい、その度に暴走しがちになる。 【勉強家】 ●保野 真登 (CV:大宮若葉) 定期テストを毎回学年1位を取っている、勉強家。 ちょっと天才肌なところがあり、本人は理論立てて考えているつもりでも、周りからは突飛に思われてしまうことも多々ある。 普段はボーっとしていることが多くて、何を考えているのか分からないタイプ。 コミュ力の高い理乃が勉強を教えてもらったことが、彼女がグループに入ったきっかけだった。 主人公で処女を卒業しよう、と言い出したのも彼女。 「私の計算によると、修学旅行が処女卒業の最大のチャンスです」と突飛なことを言うが、頭がいい彼女の言うことなので、グループのみんなは焦ってしまう。 彼女自身も処女を卒業したいと思っているが、他の女の子に比べ魅力がないと考えてしまっているので、争いには比較的消極的。 【クラスのアイドル(自称)】 ●星野 りんご (CV:そよかぜみらい) クラスのアイドルを自称しているが、あざとすぎて男子からも女子からも引かれている。 今更キャラ変更することも出来ず、このまま処女のまま学園を卒業してしまうことに危機感を抱いている。 クラスの中で浮いている真登と意外と波長が合い、その縁でグループに混じっている。 普段はおどおどしたところのある性格だが、萌え(男性へのアピール)の話になると熱く語る。 だが、アニメの影響なのでピントが外れていることが多い。 アニメの好きなキャラになりきって、猫っぽいリアクションをすることがよくある。 真登が言い出した「処女喪失作戦」に、一も二もなく飛びついて、絶対に主人公で処女を喪失しようと息巻いている。

OPデモムービー

再生回数:-
2018年3月2日公開

埋め込みタグ

■ストーリー
ここ、日澤学園には生徒達に先輩から代々引き継いでいる言い伝え(伝説)がある。
修学旅行で好きな相手と結ばれると、その相手と末永く幸せになれる(結婚できる)、というもの。

主人公は本来であれば、男子校の教師を目指していたが、何かの手違いで、女子校に赴任となってしまった。
男子校を希望していた理由は、若い子は好きであるが、
年下の女性とは話せない(若年層女性恐怖症)の傾向がある為だった。

しかし、クラスの子たちからは愛称で呼ばれてなかなかの人気者。

そして、お待ちかねの修学旅行の時期となり、クラスはその話題で持ち切り。
みんなそわそわ。
女子にとっては絶好のチャンス到来という訳で、
4人がそれぞれの作戦で主人公と結ばれようと思いをめぐらす。

そんな噂が保険医の耳にも入り心配な彼女。

そしていよいよ修学旅行が始まる……。

■登場キャラクター
【常識人】
●吉田 理乃 (CV:彩瀬ゆり)
高飛車でおませな面はあるが、4人のヒロインの中では一番の常識人で、まとめ役。
ヒロインたちの班の班長をしている。
比較的親が裕福で、学園近くの高層マンションで暮らしている。
だがお嬢様ぶったりはせず、割と庶民的。
自分が可愛いのを自覚しており、比較的ストレートにグイグイと主人公に迫ってくる。
プライドが高くて、個性的な友達にプンプンすることも。
常識人な面もあるため、周りに振り回されることもしばしば。

【昔少しだけヤンチャをしてた】
●針生 陽子 (CV:水野七海)
派手な見た目と強気な性格から誤解されることもあるが、素行はそこまで悪くはなく、割と協調性はある方。
理乃とは幼馴染だったため、グループに入れてもらっている。
周りに振り回される理乃を強引に決断してでも引っ張っていくタイプだが、注意力が足りず失敗してしまうこともしばしば。
当初は担任で処女を卒業するということに抵抗を覚えていたが、他の面子から煽られて顔を真っ赤にしながらもこの競争に参加することに。
主人公と仲良くなるに従い、「可愛い」と言われたり、その巨乳を褒められたりすることが増えるが、本人は恥ずかしがってしまい、その度に暴走しがちになる。

【勉強家】
●保野 真登 (CV:大宮若葉)
定期テストを毎回学年1位を取っている、勉強家。
ちょっと天才肌なところがあり、本人は理論立てて考えているつもりでも、周りからは突飛に思われてしまうことも多々ある。
普段はボーっとしていることが多くて、何を考えているのか分からないタイプ。
コミュ力の高い理乃が勉強を教えてもらったことが、彼女がグループに入ったきっかけだった。
主人公で処女を卒業しよう、と言い出したのも彼女。
「私の計算によると、修学旅行が処女卒業の最大のチャンスです」と突飛なことを言うが、頭がいい彼女の言うことなので、グループのみんなは焦ってしまう。
彼女自身も処女を卒業したいと思っているが、他の女の子に比べ魅力がないと考えてしまっているので、争いには比較的消極的。

【クラスのアイドル(自称)】
●星野 りんご (CV:そよかぜみらい)
クラスのアイドルを自称しているが、あざとすぎて男子からも女子からも引かれている。
今更キャラ変更することも出来ず、このまま処女のまま学園を卒業してしまうことに危機感を抱いている。
クラスの中で浮いている真登と意外と波長が合い、その縁でグループに混じっている。
普段はおどおどしたところのある性格だが、萌え(男性へのアピール)の話になると熱く語る。
だが、アニメの影響なのでピントが外れていることが多い。
アニメの好きなキャラになりきって、猫っぽいリアクションをすることがよくある。
真登が言い出した「処女喪失作戦」に、一も二もなく飛びついて、絶対に主人公で処女を喪失しようと息巻いている。

作品公式サイト