デモムービー
◆◇◆ストーリー◆◇◆ しがないアルバイターの主人公・アヅマは、地元商店街の福引で南の島へのリゾート旅行を引き当てる。 「もしかしたら旅行先で、可愛い女の子と出会っちゃったり……する可能性もあるもんな」 軽い気持ちで参加したツアーは、野郎だらけの無人島6日の旅だった。 落胆するアヅマだが、次第に見知らぬ男たちとも打ち解け合い(1名を除く)、 無人島ライフをそれなりに楽しんでいた。 だが、そんな自由気ままな生活も長くは続かず、徐々に雲行きが怪しくなり始め、 やがて至上の楽園は最凶最虐のクローズド・サークルと化す。 アヅマの運命やいかに――!? ◆◇◆登場キャラクター◆◇◆ 【無駄に顔だけがいいイマドキのアルバイター】 ●アヅマ (CV:刺草ネトル) 主人公。 コンビニでアルバイトをしつつ、毎日を淡々と生きている。 顔だけはイイ。 明るく振る舞っているが、内面はわりと地味。 とくに夢や野望もないが、不満もなくだらだら毎日を送っている。 行きつけの肉屋で鶏肉が激安セールだとシアワセになれる、安上がりなヒト。 商店街の福引で当選し、ツアーに参加した。 「……やべ、マジで楽しみ」 【やたらにつっかかってくる不愉快な建築士】 ●ミツギ (CV:一条光) 建築士。 見た目通りクールな一匹狼タイプだが、基本的にソトヅラはよく常識人。 ただ意外に怒りの沸点が低く、神経質。 なぜかアヅマに対してだけは初対面から敵対的態度、 アヅマの方も面と向かって「金髪クソ野郎」呼ばわりで、顔を合わせれば基本的にケンカ状態。 仕事の関係でツアーに参加しているらしい。 手先が器用。 「突っ立ってられると気が散んだよね。用がねえなあっち行け」 【頼れる釣り好き営業マン】 ●マツダ (CV:テトラポット登) 営業マン。 場を仕切ることに長け、面倒見がよく、汚れ役も進んで買って出る男らしい人物。 もめ事があれば、自分は一歩引いて丸く収める、日本人的調整型。 年齢より老けてみられることは本人も自覚している。 釣りが大好き。 島で大物が釣れると聞き、ツアーに参加したらしい。 「礼なんかいよ。短い間だけど、これからは仲間だ。気にすんな。」 【フレンドリーな童顔大学生】 ●タカラ (CV:湯町駆) 大学生。 アヅマと同じく、福引で当選しツアーに参加。 人懐こく無邪気なムードメーカー。 いちいちリアクションが大きいため、周りからいじられることが多い。 「あっ、オレ、歳は20です! 福引きで、このツアーのチケットが当たったんだ」 【マイペースなフリーカメラマン】 ●シマダ (CV:機知通) フリーのカメラマン。 仕事で写真を撮影するため、ツアーに参加したという。 ひょうひょうとしているが、時折やけに鋭い一面も見せる、とらえどころのない人物。 いつもカメラを持ち歩き、気のむくままにシャッターを切る。 「自然体の姿を撮りたいんだ。普通にしてて」 【気配り上手なツアー添乗員】 ●ホンゴウ (CV:紫乃森響) ツアーの添乗員。 穏やかで落ち着きがあり、誰に対しても丁寧な応対を心がけ、物腰も柔らかい。 少し気弱な面もあるが責任感は強く、与えられた仕事は最後まできちんとこなそうとする。 「ははは、男だけで気楽な旅をできるなんて素敵じゃないですか」

デモムービー

再生回数:-
2017年12月22日公開

埋め込みタグ

◆◇◆ストーリー◆◇◆
しがないアルバイターの主人公・アヅマは、地元商店街の福引で南の島へのリゾート旅行を引き当てる。

「もしかしたら旅行先で、可愛い女の子と出会っちゃったり……する可能性もあるもんな」

軽い気持ちで参加したツアーは、野郎だらけの無人島6日の旅だった。
落胆するアヅマだが、次第に見知らぬ男たちとも打ち解け合い(1名を除く)、
無人島ライフをそれなりに楽しんでいた。

だが、そんな自由気ままな生活も長くは続かず、徐々に雲行きが怪しくなり始め、
やがて至上の楽園は最凶最虐のクローズド・サークルと化す。
アヅマの運命やいかに――!?

◆◇◆登場キャラクター◆◇◆
【無駄に顔だけがいいイマドキのアルバイター】
●アヅマ (CV:刺草ネトル)
主人公。
コンビニでアルバイトをしつつ、毎日を淡々と生きている。
顔だけはイイ。
明るく振る舞っているが、内面はわりと地味。
とくに夢や野望もないが、不満もなくだらだら毎日を送っている。
行きつけの肉屋で鶏肉が激安セールだとシアワセになれる、安上がりなヒト。
商店街の福引で当選し、ツアーに参加した。

「……やべ、マジで楽しみ」

【やたらにつっかかってくる不愉快な建築士】
●ミツギ (CV:一条光)
建築士。
見た目通りクールな一匹狼タイプだが、基本的にソトヅラはよく常識人。
ただ意外に怒りの沸点が低く、神経質。
なぜかアヅマに対してだけは初対面から敵対的態度、
アヅマの方も面と向かって「金髪クソ野郎」呼ばわりで、顔を合わせれば基本的にケンカ状態。
仕事の関係でツアーに参加しているらしい。
手先が器用。

「突っ立ってられると気が散んだよね。用がねえなあっち行け」

【頼れる釣り好き営業マン】
●マツダ (CV:テトラポット登)
営業マン。
場を仕切ることに長け、面倒見がよく、汚れ役も進んで買って出る男らしい人物。
もめ事があれば、自分は一歩引いて丸く収める、日本人的調整型。
年齢より老けてみられることは本人も自覚している。
釣りが大好き。
島で大物が釣れると聞き、ツアーに参加したらしい。

「礼なんかいよ。短い間だけど、これからは仲間だ。気にすんな。」

【フレンドリーな童顔大学生】
●タカラ (CV:湯町駆)
大学生。
アヅマと同じく、福引で当選しツアーに参加。
人懐こく無邪気なムードメーカー。
いちいちリアクションが大きいため、周りからいじられることが多い。

「あっ、オレ、歳は20です! 福引きで、このツアーのチケットが当たったんだ」

【マイペースなフリーカメラマン】
●シマダ (CV:機知通)
フリーのカメラマン。
仕事で写真を撮影するため、ツアーに参加したという。
ひょうひょうとしているが、時折やけに鋭い一面も見せる、とらえどころのない人物。
いつもカメラを持ち歩き、気のむくままにシャッターを切る。

「自然体の姿を撮りたいんだ。普通にしてて」

【気配り上手なツアー添乗員】
●ホンゴウ (CV:紫乃森響)
ツアーの添乗員。
穏やかで落ち着きがあり、誰に対しても丁寧な応対を心がけ、物腰も柔らかい。
少し気弱な面もあるが責任感は強く、与えられた仕事は最後まできちんとこなそうとする。

「ははは、男だけで気楽な旅をできるなんて素敵じゃないですか」

作品公式サイト