先生、マゾマゾさせて?~お嬢様の課外授業~

先生、マゾマゾさせて?~お嬢様の課外授業~

再生回数:-
2014年2月12日公開

埋め込みタグ

■ストーリー
新任教師として赴任早々に、新設された目安箱――。
これが俺が授業以外で任されているものだったのだが…。
目安箱は本来の意図と役割を大きくはずれ、ただのイタズラ投書箱となっていた。

そんなある日、目安箱の前に1人の女生徒の姿が。
一言挨拶を交わし、遠ざかっていく後ろ姿を見送ったところで、
俺は目安箱の取り出し口の鍵をはずし、投書を確認した。
そこには――。

『――これを見られる方がどう思われても構いません。私の性癖をつづります。
 私は、自縛癖があります。素肌を締めつけてくる縄やロープの感触がたまりません。
 誰かにやられているわけではありません。私自身が縛っているのです。
 あぁ、こんなこと書いて、投書して、誰かに見られて……。
 考えるだけでも、エッチなお汁が漏れ出してきてしまいます。
 ……私、変態、ド変態なんです。』

“それ”はあの時の女生徒、七森琴絵と出会ってから続いていた。
そして今日、おそらく俺にあてただろう投書が見つかった。

『――今日は昨日と同じトイレ、1階にある男子トイレでこれからしようと思います。
 先生、わたし今、濡れているんです。ぐっしょりと……。
 我慢、できないです。ねぇ……、先生。』

やがて俺はそのトイレに辿り着いた。そこには――。

「ん……、先生ぇ…………お待ち、していました……」

■登場キャラクター
●七森 琴絵 (CV:笹塚真琴)
比較的おっとりしている。
実家は裕福だが、両親が富を築いただけ、といった感じで、
本人はそのことを鼻にかけることもない所謂、性格の良い“お嬢様”。
両親は一緒に住んでおらず、学園近くのマンションで一人暮らしをしている。
緊縛することで快楽を得るという特殊性癖の持ち主のため、処女。
爆発寸前の性癖を目安箱にぶつけていくのだが――。