ママ、オナニーするくらいなら僕がしてあげるよっ! PLAY MOVIE

デモムービー
■ストーリー ある日、僕は体調不良で早退した。 お昼ちょっと過ぎくらいに帰宅したら妙な声が聞こえる。 「んあぁ……はあぁ……ああぁ……あぁん……」 女性の声。 艶めかしいその喘ぎ声。 僕は、足音を忍ばせて"その"声のする部屋の前まで移動した。 息を殺して中を覗き込む。 (えっ……?) 思わず目を疑ってしまう。 そこには"ラバースーツ"姿のママが変態的なオナニー。 僕に見られているとも知らないママは、指の抜き差しを激しく艶めかしく…… 「ああぁ……あっ……はひぃ……ああぁん……。い、いく……。  もう……いっちゃいそうなの……たくましいもので……あそこをえぐられて……いきそうなのっ」 切迫したよがり声。 股間の底に息づく女肉穴からは、激しい快楽が噴き上げ、そして…… 「はあぁっ! あぁ……んはああああああぁぁぁぁっ!」 (ママ……。オナニーでいったんだ……) まばたきすらも忘れて僕はその姿を見入っていた……

デモムービー

再生回数:-
2018年1月5日公開

埋め込みタグ

■ストーリー
ある日、僕は体調不良で早退した。
お昼ちょっと過ぎくらいに帰宅したら妙な声が聞こえる。

「んあぁ……はあぁ……ああぁ……あぁん……」

女性の声。
艶めかしいその喘ぎ声。
僕は、足音を忍ばせて"その"声のする部屋の前まで移動した。
息を殺して中を覗き込む。

(えっ……?)

思わず目を疑ってしまう。

そこには"ラバースーツ"姿のママが変態的なオナニー。
僕に見られているとも知らないママは、指の抜き差しを激しく艶めかしく……

「ああぁ……あっ……はひぃ……ああぁん……。い、いく……。
 もう……いっちゃいそうなの……たくましいもので……あそこをえぐられて……いきそうなのっ」

切迫したよがり声。
股間の底に息づく女肉穴からは、激しい快楽が噴き上げ、そして……

「はあぁっ! あぁ……んはああああああぁぁぁぁっ!」

(ママ……。オナニーでいったんだ……)

まばたきすらも忘れて僕はその姿を見入っていた……