音源素材 今日は飲んじゃおうよ!

音源素材 今日は飲んじゃおうよ!

  1. 今日は飲んじゃおうよ!_低音質_モノラル 00:25

00:00 / 00:00

再生時にサイレントモードでも音が出る場合があります

音源素材 今日は飲んじゃおうよ!

再生回数:-
2015年11月25日公開

埋め込みタグ

商用利用可の音源素材です。サンプルではモノラルで音質を落としていますが、製品版はステレオ、高音質となっています。

戦争とは関係ないところで、趣味に没頭する男達!
例えば平和な時にその部隊全員がチェスが好きだったとして、チェス大会に出て見ようぜ!ってなって。その舞台で1番チェスの強い男がかなりの接戦の末に優勝をもぎ取った!
で、部隊長はじめ、みんなそんな気分になってスキップしながらバーにいってるって様子(笑)

【曲のイメージ】
酒場でのピアノ曲1:収穫の祝い

奴隷に対して劣悪な環境であったバルカムット帝国であったが、その為政のあり方に行き詰まりを感じていた女王セティは、奴隷の地位を向上させてみる社会実験を行っていた。それが実験都市、アグンヌである。

ほかの町ではオークと呼ばれた奴隷たちは人間扱いしてもらえなかったが、アグンヌではきちっと労働時間が定められ、怪我をしたら休み、兵士とオークは共に酒を飲む交友関係を築き上げていた。

この交友関係の恩恵を一番受けたのは、兵士の一人であったパハボトーである。

昔からちょっとした不思議なことに興味があった彼女は、オークたちの話す異文化に対して強い興味を示した。もともとオークと呼ばれた人々は、各地の戦利品として寄せ集められた人々で、それぞれがそれぞれの神話、歴史というものを持っていた。どのあたりに住んでいた人はどんな神話を持ち、どのあたりに住んでいた人はこんな歴史を持っていた。そんな会話を繰り広げることが楽しくて仕方なく、彼女はそれらをまとめた本を出版するまでに至る。

ほかの街が殺伐とした空気だった頃、アグンヌだけは笑い話が飛び交い、酒場では常に明るい曲が流れ、兵士と奴隷が腕を組んで踊るなど、全く異なる特色を持つ町へと成長していった。

作品公式サイト