セメラレ~妹で感じるなんて、お兄ちゃんは変態なんだね~ PV

セメラレ~妹で感じるなんて、お兄ちゃんは変態なんだね~ PV

再生回数:-
2013年9月20日公開

埋め込みタグ

■□■ストーリー■□■
「ぐふっ。鈴代くんは本当にいい子だねえ」
(あのオッサン……なんてことしやがるんだ……!)
さかのぼる事 数分前。
俺の妹であり、生徒の“沙織”の頭を撫でる中年教師。
「あ、あはは……先生、恥ずかしいです……」
そのほほ笑みを見ていると、ドクドクと心臓が高なっていく。
いつの間にか握りしめていた両手には汗が滲み、喉はカラカラ。
無意識に足を止めて、その可愛らしい笑顔に見入ってしまう。
そう、俺は実の妹である沙織に――――恐怖していた。
沙織と、目が、あった。
「鈴代先生、お待たせしました」
さも最初から俺に呼び出されていたかのように、沙織がこちらに近づいてくる。
「鈴代先生。お時間もありませんし、早めに済ませてしまいましょう?」
「あ、ああ……そ、そうだな……」
俺が頷いたのを確認すると、沙織はそれ以上一瞥することもなく歩き出す。
「……ふふ。鈴代先生ったら。早くしてください」
ゆっくりと振り返った沙織が、朗らかな微笑みを向けてくる。
その笑みに、ゾクッ――とした寒気を覚えた。
(……これ以上、機嫌を損ねない方がいいか……)
観念して、俺は沙織の後についていくのだった。

「お兄ちゃん――正座」
ガチリ――と教室の引き戸に鍵をかけながら、ひと言。
ああクソ……また、沙織の“悪癖”が始まるよ……。
「ほら、見ていてあげるから早く脱いで」
クスクスと笑いながら、こちらを見つめてくる沙織。
その愉快そうな視線を受けながら、俺はズボンを脱ぐしかなかった。

■□■登場キャラクター■□■
●鈴代 沙織 (CV:笹塚真琴)
優しい、朗らか、成績優秀、
おしとやかな外見、運動も得意と何でもできる優等生。
しかしそれは演じている姿でしかなく、その本質は黒い。