オフボコ

  1. 1 04:03
  2. 2 02:26
  3. 3 04:13
  4. 4 01:22

00:00 / 00:00

再生時にサイレントモードでも音が出る場合があります

オフボコ

再生回数:-
2019年10月10日公開

埋め込みタグ

【ストーリー】
「わたしとイイコトしませんか……?」
イベント帰り。
名前も知らない女の子からそう誘われたあなた。
気が付くと手足は縛られ、体は裸。
目の前には甘い吐息を垂らすあの女の子がいました。
頭を優しく抱きしめられ、耳元で囁こうかれます。
「さぁ、一緒にイイコトしましょう……♪」


【この作品について】
本作品は、女の子に心と体をボコボコ♪にされるM男性向け音声作品です。
人によっては不快に感じる内容が含まれますので、体験版をご視聴の上、ご購入下さい。
・金蹴り、逆アナル責め等の逆リョナシーンが多分に含まれます。
・女の子が耳元で喘ぎながらいじめてくれます。
・最後まで本番はできません(吐息吹きかけ、フェラ等はしてくれます)。


【登場人物紹介】
■女の子ちゃん:
 あなたをオフ〇コに誘ってきた女の子です。
 眠たそうなゆるい喋りが特徴的。
 男の子を虐めることでしか性欲を発散できず、現在絶賛発情中。 


◇◇作品構成◇◇

■1.オフ〇コのお誘い(04:02)
女の子からオフ〇コに誘われます。


■2.発情金蹴り(25:46)
「言い忘れてましたけど、私、普通のエッチじゃ全く感じないんですよぉ。
私が感じるのはぁ、男の子を虐めてるとき♪ 苦しんで、痛がってる顔を見ないとぉ、おまんこがきゅんきゅん疼かないの……」
「どうしても我慢できなくなった時は、どう解消すると思いますか? 男の子をさらってぇ、無理やりボコボコにするんです。丁度、今日みたいにね……♪」
「んんっ……はぁ……はぁ……今、いいの入りましたねぇ。ぐしゃあって形が変わったのが分かりますぅ……。内またになって、ぷるぷる震えてるの、とってもかわいいです……。はぁ、はぁ……見てくださぁい……私のおまんこ、こんなに濡れちゃいましたぁ……」

女の子が金蹴りであなたをボコボコにします。
暴れても無駄です。女の子が満足するまで耐えてください。

【プレイ内容:吐息吹きかけ・金蹴り・膝金蹴り】

■3.蝋燭責め(35:29)
「次にするのはぁ……蝋燭責めです。お兄さん、ずっと裸なのでちょっと寒いですよね。だから、温めてあげます。えへへ、気が利くでしょ♪」
「んちゅ、ちゅっ、ちゅうぅっ……はぁっ、ぺろ、ぺろ、ぺろ……んれぇ、じゅる、じゅるるる……。
ここ、とっても敏感なんですねぇ……。じゃあ、もっと感度を高めてあげます……。れぇ、れぇ……んっ、れぇ……あとで、たっぷり後悔できるように……ね……れぇ……」
「あぁんっ……! んっ、ふー、ふー……切なそうな顔ぉ……んんっ、おまんこ弄る手が止まらなくなっちゃうぅ……」

一度イっただけでは満足してくれず、引き続きあなたを蝋燭責めしてきます。
ですが、今回はあなたも気持ちよくしてくれるようです。

【プレイ内容:性感帯フェラ・ろうそく責め】

■4.ご褒美生ハメ(笑)セックス(18:06)
「ごめんなさい。私の一人えっちにつき合わせちゃって。だから最後に、お詫びとしてぇ……セックス、しませんか?
セックス。生のペニスと生のおまんこで、ぱこぱこぱこってはめる、えっち。
「ゴムなんか使わない生ハメセックス、一緒にしませんか? きっと、とっても気持ちいいですよぉ……♪」

「ぱこぱこ♪ぱんぱんっ♪ ぱこぱこ♪ぱんぱんっ♪ 奥まで着くたびに、体がびくびくって跳ねますねぇ。やっぱり、初めてだと反応がよくて素敵ぃ……♪」
「こんな最低のレイプされてぇ、ガチガチにさせてるんですけど~?
素直じゃないですねぇ、この変態マゾやろーめ♪ おらおら~。気持ちいいかめす犬~♪」

女の子がやっと満足してくれました。
性処理に付き合ってくれたお礼に、ご褒美としてセックスをしてくれます。
女の子と存分に気持ちよくなってください。

【プレイ内容:ご褒美逆アナル】

■5.再開(02:05)
 別のイベントで、再びあの女の子と会った時の音声です。


----------------------------------------------------------------------------
トラック構成
1.オフ〇コのお誘い(04:02)
2.発情金蹴り(25:46)
3.蝋燭責め(35:29)
4.ご褒美生ハメ(笑)セックス(18:06)
5.再開(02:05)
----------------------------------------------------------------------------
協力各人
イラスト:
SHUKO
声優:
思ちぽ
音声編集:
tatupiyo
----------------------------------------------------------------------------