ぜったい最胸☆おっぱい戦争!! ~巨乳王国vs貧乳王国~ OP

ぜったい最胸☆おっぱい戦争!! ~巨乳王国vs貧乳王国~ OP

再生回数:-
2013年8月2日公開

埋め込みタグ

■□■ストーリー■□■
おっぱい。それは奇跡の膨らみ。
ちっぱい。それは無限の可能性への希望。

ここは「バスチェスト大陸」。
巨乳族の姫、エストレアが治める「パイクォーツ王国」と、
貧乳族の女王、ティアラが治める「サーペッタン王国」の、
二つの王国が存在している。

しかし、この二つの王国間に、
おっぱいの大きさに対しての確執が生まれ、
どちらが優れたおっぱいか、乳で乳を洗う戦争が始まってしまった。

そこで俺、ハルト様の登場だ。
俺はこう思う……
『おっぱいに上も下も無い!横に平等に並んでこそのおっぱいだ!』と。

乳神が言うには、俺には奇跡を生む力『おっぱいエナジー』を溜め込む
巨大な器としての才能があるらしい。

成り行き上、大陸を救う救世主の役目を背負ってしまった俺は、
“俺様専用おっぱい”となった巨乳族の巫女、ミルファと旅立つ。

まぁ、うだうだ考えていてもしょうがない、
俺のおっぱいへの愛の力さえあればなんとかなるだろう!!

■□■世界観■□■
【バスチェスト大陸】
東西に広がる大きな大陸。
西方の山岳部には巨乳族が治める巨乳国があり、
東方の平坦な土地には貧乳族が治める貧乳国がある。

太古の昔から、両種族はおっぱい、ちっぱいを訳隔てなく愛し、お互いの胸を称え、仲良く暮らしていた。

両国では10年に1度、
巨乳族の神、巨龍神「ボイーヌ」と、貧乳族の神、貧龍神「ペタン」を、
それぞれの神殿の巫女が召喚し、繁栄を願う祭りが行われていた。

しかし千年ほど前、祭りの為に呼び出したお互いの龍神が争いをはじめ、
バスチェスト大陸は中心から東西に割けてしまった。

力を使い果たした龍神達は消え、再び召喚しようとしても、二度と現れる事はなかった。

お互いの神の争いは、巨乳族、貧乳族の心にも確執を生み、
いつしか、両国では巨乳信仰、貧乳信仰の思想が根付いた。

一触即発の睨み合いが続いたが、龍神が残した谷間の存在により
互いに攻めあぐね、均衡が保たれていた。

しかし先頃、謎の地殻変動が起こり、巨乳国と貧乳国を隔てていた谷が再びくっつき、
バスチェスト大陸は巨大な戦火に包まれたのだった。

■□■登場キャラクター■□■
【俺様専用おっぱい】
●ミルファリア・ウル・ウルリラ (CV:このは)
97(G)-57-89
乳神のせいで、ハルトの『俺様専用おっぱい』にされてしまった、巨乳巫女の少女。
ハルトと共に旅をする事になる。
巨乳の神を祀る巨乳巫女だが、大陸が二つに分かれる前の教えのように、
胸の大きさで差別する事は無い。
明るくお人よしな性格で、人を疑う事を知らず、何にでも一生懸命。
巨乳族の巫女は代々そういう体質らしく、性的興奮が高まると母乳が出てしまう。
ハルトには日常的に胸を揉まれるが、母乳が出ないよう必死に我慢している。

【ツンデレ敏感無乳姫】
●イリス・ミリャ・サーペッタン (CV:奥山歩)
70(AAA)-49-70
ハルトの旅に付いて来る事になった貧乳少女。
本当はサーペッタン王国の貧乳姫だが、ハルト達にも正体を隠している。
小さい体に似合わず、かなりの食いしん坊。方向音痴で、目を離すとすぐ迷子になってしまう。
城から出たことがない箱入りだった為、外の世界をほとんど知らない世間知らず。
亡き父の教えに従い、巨乳族を敵視している。
貧乳は敏感というが、超貧乳で超敏感。
乳首を愛撫されるとすぐにイってしまう。

【猫被りの爆乳戦姫】
●エストレア・マニュー・パイクオーツ (CV:飯野汐里)
103(I)-58-89
パイクォーツを治める姫。
巨乳族の姫だけあってかなりの爆乳。
頭脳明晰、容姿端麗、カリスマ性があり、若くして歴代最高の統治者と言われている。
優しい微笑みで、国民からの人気も高い。
しかし、その優しい笑顔は世間への建前で、本当は人をからかうのが好きな超ドS。
姫でありながら戦の前線に立ち、愛用のムチで相手の心が折れるまで苛め抜く。
やられた兵士はトラウマになり、二度と戦場に出て来ないという。
一見完璧だが、胸に大きなコンプレックスがある。

【指名手配を受ける正義の妹】
●コトネ (CV:御苑生メイ)
78(C)-55-74
ハルトの故郷でもある、並乳の隠れ里に住む妹。
巨乳貧乳両国とも並乳は身分が低い階級である為、そこを逃れた並乳達が集まり、隠れ里となった。
ハルトの妹とは思えないほど、非常に礼儀正しい。
恐ろしく強く、剣の腕はハルト以上だが、兄であるハルトを敬愛し、美化しているので、
ハルトに追いつこうと日々努力している。
奴隷にされている並乳達を救っているのだが、
両国から“灼眼の鴉(スカーレット・クロウ)”という通り名で、人攫いとして指名手配されている。
大きくも小さくもない胸がコンプレックス。

【呪いの森のロリ巨乳】
●ニコ (CV:片倉ひな)
90(F)-53-77
森に捨てられ、巨大な白狼狐に育てられた少女。
その白狼狐をママと呼び、仲良く暮らしている。
貧乳族のようだが、何故か胸が大きく、ママと同じような耳や尻尾が生えている。
人間を怖がり、隠れて暮らしているが、アリアの事はおばあちゃんと呼び、慕っている。
ひょんな事から、ママに懐かれたハルトの事をパパと呼び、懐く事になる。
動物達の交尾やアリアに聞いた話から、子作りに関しての知識は一応ある。
ママがいるのでハルトと交尾するのはいけない事だと思ってはいるが……

【中二病なイリスの従者】
●ショコラ・コレーション (CV:佐藤遼佳)
74(B)-53-74
突如ハルト達の前に現れた中二病少女。
本名ではなく、「ルナ・ソティラス」と名乗っている。
重々しい雰囲気で登場し、派手な魔法を使う為、
最初はハルト達にラスボスキャラかと思われたが、本当はイリスお付のただのメイド。
見た目重視のコケ脅し系の魔法しか使えない、作中ぶっちぎりの最弱キャラである。
しかし、イリスお付のメイドだけあって、料理の腕前は貧乳族一。
城を抜け出したイリスの捜索を命じられていて、度々ハルト達の前に現れる。

【森に住む悪徳ぶりっ子エルフ】
●アリア・アリアリア (CV:このえゆずこ)
73(A)-53-73
ニコの住む森にいる、貧乳族巫女であるエルフ。
エルフには寿命や老化という概念が無い為、見た目は若いが、1000歳を優に越えている。
普段はハイテンションなぶりっ娘だが、年齢の事を言われると怒って豹変する。
年甲斐にも無くいたずら好きの性格。
ニコの事は孫のように可愛がっているが、おばあちゃんと呼ばれるのはかなり嫌らしく、
何としてもアリアちゃんと呼ばせようと頑張っているが、あまり伝わっていない様子。
ペタンやボイーヌとは顔馴染み。

【気は弱いが口の悪い巨乳兵】
●ルーミャ・ハワワード (CV:春河あかり)
88(E)-57-83
エストレアに仕えるパイクォーツ軍の兵士。
おどおどした気弱な感じで口調も敬語だが、
嫌いな相手には「○○しやがって下さい」など、物凄く口の悪い敬語で話す毒舌家。
巨乳信仰の考えが徹底していて、貧乳や並乳をナチュラルに見下す。
気弱だが、兵士としての力はそこそこ強い。
エストレアのお仕置きには心底怯えている。
門番をしたり牢の看守をしていたり、色んな仕事を任されている様で、ハルト達と様々な状況で接触する。

【サーペッタンを統べる賢女王】
●ティアラ・フィロ・サーペッタン (CV:ヒマリ)
72(AA)-55-75
イリスの母であり、サーペッタン王国の女王。
クールな印象で、規律に厳しく真面目だが、普段はとても優しく温厚な人物。
夫である王は既に亡くなっていて、一人で国の全てを取り仕切っている。
争いは好まないが、国と国民の為、強い使命感を持ち、戦っている。
エストレアと違い前線にこそ出ないが、戦場の後方で的確な指示を出す知将でもある。
兵士達からは厚い信頼と尊敬を受けている。