オープニングムービー
■ストーリー 幼い頃に母を亡くし、海外生活の父とも疎遠になっていた主人公【杜丘岳史(もりおか たけふみ)】。 周囲から生まれる時代を間違えたと言われるほど、まっすぐに生きてきた。 そんな岳史の暮らしは、一通の手紙を受けとったことで一変する。 それは父に宛てた、娘と名乗る少女からの手紙。 突如現れた【妹】に困惑しつつ、高原の山村・白珠村(しらたまむら)へ向かった主人公を待っていたのは、 手紙の差出し主である儚げな雰囲気をまとった少女【八重原柚(やえはら ゆず)】。 そして周囲の風景に溶け込んでいるような、水車小屋を改装した田舎の食堂だった。 唯一人の肉親だった祖母を亡くし、一人ぼっちとなってしまった柚。 兄である岳史が保護者となれば諸々の問題は解決すると聞く。 まっすぐな性格ゆえに、何の迷いもなく柚の願いを受けれいる岳史。 急ごしらえの兄妹となった二人は、ぎこちない同居生活の中で、ふれ合い、絆を深めていく。 ――兄妹になろうとする二人。 ――兄妹から恋人へと変わっていく二人。 ゆるやかな時間の流れと、あたかかな人々の気持ちに包まれながら、 おばあちゃんの食堂の再開へと向けて歩み出し、 やがて二人は本当の『家庭の味』を育んでいく。 ■登場キャラクター 【まっすぐ不器用な新米料理人】 ●杜丘 岳史 優しく誠実で不器用な性格。 友人たちからは「生まれてくる時代を間違えた」と言われるほど朴訥な人柄。 生まれつきの強面で、かつ寡黙なことから、何かと誤解されがちな渡世もとい人生を送ってきた。 突如現れた、義理の妹と名乗る柚の保護者を引き受けたことで、慣れない田舎での生活に溶け込むべく努力する。 ラーメンは懐かしのあっさり醤油派。 「君が望む限り、俺はここにいよう」 【ひとつ屋根の下のザンネンな女の子】 ●八重原 柚 (CV:市川ひなこ) 主人公の義妹。 なくなった祖母の食堂に思い入れがあり、これを再開させるべく奮闘するが、料理の腕はさっぱりな残念看板娘で、 主にメニューなど頭脳労働を担当している。 なにごともきちんとしようとする生真面目な性格で、一人で頑張ろうとして空回りすることもしばしば。 どんな些細なことでもメモを取るクセがあり、『柚メモ』として日々記録されていっている。 カップ麺などしか作れないが、それゆえのこだわりを持つ。 「さ、好きなのを選んでください。目の前で私がお湯を注ぎますから!」 【コミュ力あふれるトレンドリーダー(自称)】 ●早蕨 すずな (CV:くすはらゆい) 明るく好奇心旺盛なムードメーカー。とにかくよく喋る。 一見軽い感じのイマドキな女の子だが、その心は純情乙女。 悪戯っぽい笑みがトレードマーク。 母に似て、やたらと他人の世話を焼きたがる。 早とちりしやすいのが玉にキズ。 上の姉が村を出て就職しており、都会に憧れを抱いている。 甘いもの大好きだが、焼き芋をスイーツ呼ばわりするなど、ちょっとズレたところがある。 「ピンチはチャンスだよ!よく分かんないけど昨日テレビで言ってた!」 【はじける笑顔の癒し系小天使】 ●早蕨 こごみ (CV:秋野花) 眩しいほどに純真で、いつも天使の微笑みを浮かべている、すずなの妹。 手先が器用で、果物や野菜の皮むきが得意。 生活の知恵に長けており、どこか懐かしい言い回しをすることがあるため『こごみばあちゃん』と呼ばれることも。 山菜が大好き。生卵の白身がちょっと苦手。 「ひー、ふー、みー、よー。はい、トマト四つどうぞです」 【猟師を夢見るクールビューティー】 ●鰺ヶ沢 椋香 (CV:羽鳥いち) 山が好きで、猟師になりたいと思っている少女。 スタイル抜群で、近しい世代の中では一番年上なこともあり、みんなのお姉さんポジションにいる。 あまり多くを語るタイプではないが、面倒見が良く、柚たちからは慕われている。 釣りの腕は一流で、魚を捌くのも上手い。 「風が強い日は落ち着く。不思議」

オープニングムービー

再生回数:-
2019年2月8日公開

埋め込みタグ

■ストーリー
幼い頃に母を亡くし、海外生活の父とも疎遠になっていた主人公【杜丘岳史(もりおか たけふみ)】。
周囲から生まれる時代を間違えたと言われるほど、まっすぐに生きてきた。

そんな岳史の暮らしは、一通の手紙を受けとったことで一変する。
それは父に宛てた、娘と名乗る少女からの手紙。

突如現れた【妹】に困惑しつつ、高原の山村・白珠村(しらたまむら)へ向かった主人公を待っていたのは、
手紙の差出し主である儚げな雰囲気をまとった少女【八重原柚(やえはら ゆず)】。
そして周囲の風景に溶け込んでいるような、水車小屋を改装した田舎の食堂だった。

唯一人の肉親だった祖母を亡くし、一人ぼっちとなってしまった柚。
兄である岳史が保護者となれば諸々の問題は解決すると聞く。
まっすぐな性格ゆえに、何の迷いもなく柚の願いを受けれいる岳史。
急ごしらえの兄妹となった二人は、ぎこちない同居生活の中で、ふれ合い、絆を深めていく。

――兄妹になろうとする二人。
――兄妹から恋人へと変わっていく二人。

ゆるやかな時間の流れと、あたかかな人々の気持ちに包まれながら、
おばあちゃんの食堂の再開へと向けて歩み出し、
やがて二人は本当の『家庭の味』を育んでいく。

■登場キャラクター
【まっすぐ不器用な新米料理人】
●杜丘 岳史
優しく誠実で不器用な性格。
友人たちからは「生まれてくる時代を間違えた」と言われるほど朴訥な人柄。
生まれつきの強面で、かつ寡黙なことから、何かと誤解されがちな渡世もとい人生を送ってきた。
突如現れた、義理の妹と名乗る柚の保護者を引き受けたことで、慣れない田舎での生活に溶け込むべく努力する。
ラーメンは懐かしのあっさり醤油派。

「君が望む限り、俺はここにいよう」

【ひとつ屋根の下のザンネンな女の子】
●八重原 柚 (CV:市川ひなこ)
主人公の義妹。
なくなった祖母の食堂に思い入れがあり、これを再開させるべく奮闘するが、料理の腕はさっぱりな残念看板娘で、
主にメニューなど頭脳労働を担当している。
なにごともきちんとしようとする生真面目な性格で、一人で頑張ろうとして空回りすることもしばしば。
どんな些細なことでもメモを取るクセがあり、『柚メモ』として日々記録されていっている。
カップ麺などしか作れないが、それゆえのこだわりを持つ。

「さ、好きなのを選んでください。目の前で私がお湯を注ぎますから!」

【コミュ力あふれるトレンドリーダー(自称)】
●早蕨 すずな (CV:くすはらゆい)
明るく好奇心旺盛なムードメーカー。とにかくよく喋る。
一見軽い感じのイマドキな女の子だが、その心は純情乙女。
悪戯っぽい笑みがトレードマーク。
母に似て、やたらと他人の世話を焼きたがる。
早とちりしやすいのが玉にキズ。
上の姉が村を出て就職しており、都会に憧れを抱いている。
甘いもの大好きだが、焼き芋をスイーツ呼ばわりするなど、ちょっとズレたところがある。

「ピンチはチャンスだよ!よく分かんないけど昨日テレビで言ってた!」

【はじける笑顔の癒し系小天使】
●早蕨 こごみ (CV:秋野花)
眩しいほどに純真で、いつも天使の微笑みを浮かべている、すずなの妹。
手先が器用で、果物や野菜の皮むきが得意。
生活の知恵に長けており、どこか懐かしい言い回しをすることがあるため『こごみばあちゃん』と呼ばれることも。
山菜が大好き。生卵の白身がちょっと苦手。

「ひー、ふー、みー、よー。はい、トマト四つどうぞです」

【猟師を夢見るクールビューティー】
●鰺ヶ沢 椋香 (CV:羽鳥いち)
山が好きで、猟師になりたいと思っている少女。
スタイル抜群で、近しい世代の中では一番年上なこともあり、みんなのお姉さんポジションにいる。
あまり多くを語るタイプではないが、面倒見が良く、柚たちからは慕われている。
釣りの腕は一流で、魚を捌くのも上手い。

「風が強い日は落ち着く。不思議」

作品公式サイト