ヤンデレ幼馴染君は因習村の黒幕でした〜執着×淫紋×濃厚中出し〜

ヤンデレ幼馴染君は因習村の黒幕でした〜執着×淫紋×濃厚中出し〜

  1. 【冒頭フル】平和な日常と、崩壊 05:33
  2. 【ヤンデレパート】生贄、そして種明かし 03:23
  3. 【R18】クロスフェードサンプル 03:59

00:00 / 00:00

0.50×
0.75×
1.00×
1.25×
1.50×
1.75×
2.00×
再生時にサイレントモードでも音が出る場合があります

ヤンデレ幼馴染君は因習村の黒幕でした〜執着×淫紋×濃厚中出し〜

再生回数:-
2024年2月4日公開

埋め込みタグ

【人知を超えた人外ヤンデレ】×【ドドドドド激甘ハッピーエンド】!!!

ライバル排除系激重執着人外ヤンデレの不穏さと、激甘ハッピーエンドを体験できる超贅沢セット!
NO洗脳,YES両想い!!!(※ただし淫紋は刻む)


【あらすじ】

これはまだ妖怪が跋扈していた時代、地図にも載っていない陰鬱で小さな村での物語ーー。

「この村では百年に一度、化け猫様に清き生贄を捧げなければならない。さもなくば村人達は一人残らず陰惨な死を遂げ、村は滅びるだろう」

それは村の住民達が紡ぎ続けてきた伝承。
起源は千年前に村を襲った大妖怪、化け猫伝説からなる、一種の強力な信仰であった。

村の中には誰一人としてこの信仰を疑う者はいない。
そして来たる百年祭の年、この度選ばれたのは“化け猫憑き”として村人達から疎まれて育ったあなただったーー。

「ーーねえ、逃げてもいいんだよ」
「…待っていて。僕が、必ず何とかしてみせるから」

生贄として身を捧げる覚悟をしていたあなたにそう語りかけてくれたのは、幼馴染のカナメくん。

今夜、あなたとカナメくんの逃避行が始まるーーと思われていたが、カナメくんにはある大きな秘密があったのだった……。


【登場人物】

◎カナメくん
外見は20代半ば程の優しく朗らかな青年、ーーただし苗字もどこに住んでるかも知らない、あなただけの秘密の幼馴染君。
幼い頃に両親を亡くしてひとり泣いていたあなたの元へふいに現れ、優しく傍にいてくれたことをきっかけに仲良くなった。
孤独なあなたと遊んだり、一緒に食事をしたりと、唯一幸せな時間を過ごさせてくれる大切な存在。

「ーーずぅっと、君のことを見ていたんだよ…君を早く僕の花嫁にしたいって…」

◎ヒロイン(あなた)
「この者に関わる者は、必ず不幸な目に遭う」
ーーそんな噂がまことしやかに囁かれ、村人達から厄介者の“化け猫憑き”として疎まれている存在。
本人は健気で心優しいのだが、事実として、ある時からあなたに触れた者、話しかけた者は皆病になったり、不可解な死を遂げたりするようになってしまった。
その為カナメくん以外の人とはほとんど交流がなく、カナメくんと過ごせる時間が人生で唯一幸せ。

◎化け猫様
千年前、何千何万もの人々を食い尽くし都を滅ぼしかけた大妖怪。
討伐隊によって何とか祠に封印した後も、祠に近づく者、化け猫の名を口にした者は例外無く悲惨な死を辿った為、なお強力な呪いを治めんと処女を生贄に捧げ始めたところから、厄神としての歪んだ生贄信仰が根付くようになった。


【トラックリスト】

◎トラック1
平穏な日常と、崩壊(5:10分)
“化け猫憑き”として村人達から疎まれているあなたと、心優しい幼馴染のカナメくんとの秘密の逢瀬の時間。
あなたに関わっても不幸が訪れない彼との穏やかなひと時は、あなたの唯一の心の支えとなっていた。
しかし、そんな幸せな時間は、あなたが百年祭の生贄に選ばれたことで終わりを迎えてしまうーー。

「んふふ、こうやって君と秘密の逢い引きをして、かけっこをして、おいしいご飯を食べられて…僕は、本当に幸せ者だなぁ…」
「え…っ、ぼく、が、いるから…?僕がいるから、村を守ろうとするの…?」
「ーーわかった。…待っていて。僕が、必ず何とかしてみせるから。」

◎トラック2
生贄、そして種明かし(7:42)
生贄に選ばれたあなたを必ず救い出すと約束してくれたカナメくん。
村人達に連れられて生贄の祠に閉じ込められたあなたの前には、笑顔でたたずむ彼が待っていた。
先回りしていたと言う彼と祠の奥へと進んで行くのだが、その先に待つのはーー。

「もう大丈夫だよ、僕が君のそばにいるから…。もう君をひとりになんてしないよ。」
「じゃあ、一緒にいこうか。鳥居をくぐって、僕たちだけの世界にーー」

◎トラック3 ※R18
契り、交わり(10:30)
(処女、無理やり、発情えっち、クンニ、正常位、中出し)
祠の封印を解いて現れたのは、厄神化け猫様として完全に蘇ったカナメくんの姿だった。
あなたの周りを不幸に陥れていたのも全てあなたを自分だけの花嫁にする為だったと告白した彼は、取り戻した神力と獣としての本能で発情し、あなたに襲いかかるーー。

・余裕のない本能むき出しの発情えっち
・好き、好きだよ、絶え間なく告げられる切実な愛の告白
・抵抗しても大きな体で押さえつけられる体格差えっち、絶対に逃げられない神域での快楽地獄
・トロトロまでとかして解して甘々処女喪失
・どぴゅどぴゅが止まらない!体の奥まで彼のものにするたっぷり濃厚精液でマーキング!

「ああ、抵抗しないで…っ、君も僕が好きだったんでしょ?
ねえ、君はどんな好きだった?僕はずっと、君とこうしたいと思ってたよ。いっぱい口吸いをして、舌を絡ませ合って、ぐちゅぐちゅになって、僕の匂いが完全に染み付くまで沢山おちんちんを君のおまんこにズポズポして、いっぱいいっぱい愛し合いたいって思ってた…君と番になりたくて仕方なかったんだよ…っ」
「ああぁ、可愛い…っ!君の慎ましげに閉じた処女おまんこ…!誰にも見せたことなんてないんだもんね、知ってるよ。君の初めては、全部僕のものにするんだって決めてたんだから…っ!はあっはぁっ、僕の舌で、ゆっくり解してこじ開けてあげるね…っ」
「ねえ、いれるよ…っ、君の可愛い処女おまんこに、僕のゴリゴリおちんちん入れちゃうからね…っ!忘れられないはじめてにしちゃおう」

◎トラック4
千年前の黒猫(7:04)
カナメくんとの激しい発情えっちを終えて気を失っていたあなたは、彼の腕の中で目を覚ました。
あなたのことを「千年間待ち続けていた」と告げた彼にその真意を問うと、彼は千年前にあなたと初めて出会った時のことを打ち明けるのだったーー。

「…ふふ、それじゃあ、寝物語に聞かせてあげる。千年前の、凶暴で哀れな化け猫のお話を…」
「ただ恨みと殺戮しか知らず、数多の命を喰らい、嫌われ迫害されることしか知らなかった僕に、君だけがやさしい手のぬくもりを教えてくれたんだよ…」

◎トラック5 ※R18
永遠に一緒(12:39)
(後背位、淫紋、フェラ、連続絶頂、連続中出し)
昔話を終えると、再び発情してきてしまったとおちんちんを擦り付けてくるカナメくん。
自分だけ発情しているのはズルいとあなたに淫紋を刻んだ彼と、本能むき出しの激しいえっちをすることにーー。

・淫紋を刻まれて強制発情えっち
・おちんちんを挿れてもらうためにたどたどしくお口でご奉仕
・後背位で逃げられない子宮口にどちゅどちゅ激しいピストン
・溢れてもまだ止まらない!たっぷり濃厚連続中出し

「あははっ、効き目ばっつぐん…もう顔が交尾したい交尾したいってとろけちゃってる。ふふ、いいよぉ。ふたりで獣みたいに、発情交尾しよ…っ」
「ああっ、ねぇ、ほら、後ろからおまんこ突かれるの、気持ちいいでしょっ?子宮に直接っ、どちゅっどちゅって突かれて…!僕も、おちんちんすっごく気持ちいいよ…っ!はあっ、はぁっ、ああっ、おまんこっ、ビクビクしながらおちんちんに絡みついててくる"っ」
「好きっ、好き…っ、大好きだよ…っ愛してる…っ、君のこと…っ、ずっと、ずっと…っ!!ああっ、はあっ、もう僕のものだ、僕だけの愛しい番…っ」

◎トラック6 ※R18
君と僕の数年後(18:29)
(両想い溺愛甘々えっち、種付けプレス、だいしゅきホールド、執着中出し)
そこは慎ましやかな日本家屋と川と木々、穏やかな春のような心地いい日差しが溢れる神域。
カナメくんと永遠に結ばれたあなたは、村にいた頃彼と過ごしていたような平穏な日々を望んだ。
厄神でありながらも懐いた猫のように甘える彼と、今日もとろけるように幸せなえっちをするのだったーー。

・ふたりだけの永遠な世界で両想い甘々溺愛えっち
・カナメくんによって開発されきった心と体で淫紋反応びくびくが止まらない
・体ごと揺さぶられるような激しい求愛種付けプレス
・獣のようなたっぷり射精でカナメくん専用おまんこマーキング
・必聴!もうすっかり甘えて気を許しきったカナメくんが喉を鳴らす「ごろごろ〜にゃ〜ん」の猫神ボイス!

「ふふ、顔真っ赤。思い知った?僕、これでも大厄神様なんだからね。この世界も君のことも、なんだって好きにできちゃうんだから。ほら、口を開けて。先に始めたのは君なんだから、大人しく僕に食べられちゃってくださいっ」
「ほぉら、入ったよ。こうして…ゆっくり、奥までズポズポされる、っと、気持ちいい…っでしょ?っはぁ、はぁっ、僕もっ、気持ちいいよ…っ君のおまんこ、僕のこと大好き〜って、きゅうきゅう締め付けて、きて…っはあ、どうしよ、おちんちんもっと大きくなっちゃった…っん、はぁ、はぁ、ねぇ、もっと激しくしていい?君の体ごと揺さぶるくらいっ、激しく交尾していい?」
「僕に、幸せを教えてくれてありがとう…。僕を、救ってくれてありがとう…。これからは僕が、永遠に君を愛して守り続けていくからね…。愛しているよ…ずっと、ずっとね…」

(総尺:約61分)

作品公式サイト