ランス9 ゲーム紹介ムービー

再生回数:-
2014年5月30日公開

埋め込みタグ

■ストーリー
大陸に現存する国家の中で最も古い歴史を持つ軍事大国、ヘルマン帝国。
歴史の中で長く世界最大最強の国家であったこの国は、
数年前から続く腐敗政治によってぼろぼろに荒廃し、疲弊している。
いずれ内乱が起きるか、隣国に攻め込まれるか、その両方か――
少なくない人々がそんな終焉を予見する中、かつて国を追われた男が立ち上がった。

数年前に功を焦って隣国へ侵攻し、失敗して行方をくらませた皇子、パットン・ミスナルジ。
いつか国を取り戻すと誓った彼は修行を積み、たくましく成長して帰ってきた。
「修行の旅で知り合った一騎当千の猛者を集め、少数精鋭で革命を成し遂げる」
その作戦の仕上げにパットンが協力を頼んだのは、最強の鬼畜戦士ランスだった。

■登場キャラクター
●ランス
本シリーズの主人公。女の子大好き、エッチ大好き。
自分の欲望のままに突っ走る、問答無用、情け無用の鬼畜戦士。
魔王の氷に閉じ込められた長年のパートナー、シィルを救い出せる秘宝を求めて
ヘルマンに潜入しようとしていたところ、パットンに革命の手伝いを頼まれ、渡りに船と参加を決めた。
その際、もったいつけて自分がリーダーになることを約束させ、革命軍大将の座におさまった。
もちろん革命で出会う美女やお姫様のシーラを犯っちゃうつもり。

●パットン・ミスナルジ
今作のもう一人の主人公。
かつての失策で国を追われたヘルマンの皇子。
以前は駄目皇子だったが、潜伏中の修行で格闘の才能を発見し、立派な男に成長した。
腐敗政治を続ける宰相ステッセルから国を取り戻す為、失敗は許されない一度きりの革命に満を持して乗り出した。
少数精鋭の強襲部隊で本国の将軍を各個撃破する作戦で、自ら最前線に立つつもりでいる。頑丈なので。
ランスの英雄の資質に一目置いており、一騎当千のつわものを必要とする強襲部隊に誘った。

●ルシアン・カレット
ランスの新しい召使い。
人買いに捕まって大勢の少年少女とともに売られに行くところを
ランスに救われた……のだが、女の子たちにお礼セックスを要求するランスを見て、
怯えている子たちの代わりに「自分がなんでもする」と言ってしまった。
ランスが出した条件「今回の冒険が終わるまで俺様に仕えろ」
を受け入れ、ランスの身の回りの世話をすることに。

●見当かなみ
リーザス王国女王直属の忍者。
ランスがリーザス国内でのある事件を調べていた時、
女王(当時は王女)リアの命令による妨害工作を仕掛けてランスと出会った。
以来、ランスにベタ惚れになってしまったリアの命令でランスの監視任務に
ついていることが多く、だいたいはランスがいる部屋の天井裏にいる。
小柄で素早く、忍者の能力はそこそこあるのだが、
本人は普通の女の子として幸せになりたいと願っている。

●チルディ・シャープ
リーザス王国親衛隊小隊長。
向上心と野心に溢れた性格で、女性最強の剣士を目指している。
ほめられたり、ちやほやされたりするのが大好き、その為の努力は惜しまない。
ただし「何事も優雅に」が信条なので、必死に努力をしていても表向きは楽勝のふりをしている。
有望な男とはお近づきになりたいと考えており、破格の才能を持つランスには抱かれてもいる。
当面の目標は親衛隊隊長の座にのし上がること。

●魔想 志津香
自由都市地帯カスタム出身の魔法使い。
幼少の頃から数年前まで、父を殺し母をさらった男、
ラガールへの復讐心にとらわれて生きていた。
ラガールの死後、その娘であり、志津香の異父姉妹でもある
ナギ・ス・ラガールに恨まれ、今度は自分が復讐を誓われてしまう。
現在は、妹を倒すことをよしとせず、たびたび来るナギの襲撃をかわして
居所を転転とする日々を過ごしている。
ランスのことは大嫌いだと言っているが、結局行動を共にすることが多い腐れ縁。

●戦姫
大陸の東にある島国JAPAN出身の傭兵。本名は徳川千。
戦乱が続いていたJAPANの一国の姫として生まれるも、なぜか大の戦好き、
しかもほぼ全滅するぐらいの負け戦がたまらないという性格に育ってしまった。
妖怪狸に家を滅ぼされ、地下牢に閉じ込められていたところをランスに助けられた。
平和になったJAPANを出て、戦いを求めて旅をしている。

●ピグ・ギリシアム
なぜかヘルマン第1軍にいる謎の少女。
何を考えているのかよくわからない。
なぜか分裂する。

●ミラクル・トー
伝説級の能力を持つ闇魔法使い。
長らく世間から身を隠して修行していたので知名度は低いが、実力は本物。
パットンの知り合いで革命軍に協力しに来る。
ゆくゆくは自分が世界を征服し、統一国家の王になると公言していて、
革命軍でもその態度は変わらない。

●シーラ・ヘルマン
ヘルマン帝国皇帝。パットンの異母妹。
実権はすべてステッセルに握られている、お飾り皇帝。
幼い頃から、パメラやステッセルにパットンから皇位継承権を奪う為の
錦の御旗として掲げられてきたものの、本人は兄を慕っており、仲もよかった。
辛い日々を過ごしながら兄との再会を願っている。

●ステッセル・ロマノフ
ヘルマン帝国宰相。
十数年前に異例の若さで宰相になって以来、パメラを支え、
その陰から徐々に国内の実権を握ってきた男。