甘園ぼ~二人だけのヒミツの遊び~

オープニングムービー
■□■ストーリー■□■ 【小さな彼女たちと触れ合う2人だけのヒミツの遊び】 がむしゃらに頑張っていれば何者かになれると思ってた。 しかし現実は……。 時間は流れる。時代は進む。俺は取り残され気味。 やりたいことって何だろう。 失意のなか、俺、青柳恵一は久しぶりに生まれ育った町・間野辺町へと帰ってきた。 再会した父親から 「知り合いが若いのを一人探しとるんだわ。お前そこで働いてみんか?」 と言われ、渋々面接を受けに行く。 その働き場所とは、小さい頃は何度も訪れたことのある屋上遊園地『まのべぱぁく』。 無事面接にも合格し、与えられた仕事はクマの着ぐるみを着て、風船を配ったりするというもの。 そこで、どうにも気になる三人の女の子と出会う。 ハツラツとした雰囲気の明るい女の子で、昔よく遊んでいた年の離れた幼馴染ゆりちゃん。 食べるのが好きで、ほんわかした女の子で、何かと甘えたがるひまわりちゃん。 浮世離れした雰囲気がある大人しくて可愛らしい女の子で、1人で遊びに来ているすみれちゃん。 そんな彼女たちと、クマの着ぐるみを着て、触れ合っていく――。 こうして俺たちのとても甘く、ちょっぴり切ない“秘密の遊び”が始まった ■□■登場キャラクター■□■ 【どうにも素直になれない主人公の幼馴染】 ●後藤 ゆり (CV:水野七海) 主人公の実家の近所に住んでいた女の子で、よく一緒に遊んでいた年の離れた幼馴染。 兄妹同然のように仲が良かったが、何も言わずに町を出て行った主人公のことを再会した後は嫌っている。 運動が得意。 勝ち気な性格で、思い立ったらまず行動に出てしまうあたりは主人公と似ており、それもあってとても仲が良かった。 早とちりや強がりで、よくドジを踏んでは失敗してしまう。 本当は仲直りしたいと思っているが、性格ゆえか上手くいかない典型的なツンデレタイプ。 そんな思いを遊園地の着ぐるみさん(主人公)に相談する。 両親が共働きで帰りが遅いため、帰ってくるまで遊園地に一人で遊びに来ている。 そのため、少なからず寂しさは感じている様子。 「やっっっっっっぱり覚えてないんだ! わすれちゃったんだ! はくじょうものっっっっ!!」 【いつもほんわかマイペースな食いしん坊少女】 ●米谷 ひまわり (CV:八ッ橋きなこ) 食べることが大好きで、お腹が空いてはいつも何かを食べている食いしん坊な女の子。 ただ、最近そのせいで少しばかり体重を気にしているお年頃。 また、同年代の子たちよりも発育がいいため、学校のクラスの男子によくからかわれており、それがコンプレックスになっている。 ほんわかとした雰囲気だが、母子家庭で育った分、同年代の子たちよりも意外としっかりとしている。 母子家庭で、デパートで働くお母さんを待っている間、遊園地に遊びに来ている。 健気で、自分のために一人で働くお母さんのために何かできないかと思っている。 お父さんがいないことについては、少なからず寂しさは感じている様子。 「もぐもぐ……ふふ♪クマさんもおいしそー。唐揚げみたい」 【人見知りでちょっと浮世離れした雰囲気の大人しい女の子】 ●藤崎 すみれ (CV:雪村とあ) 管理人のおじいさんの孫娘。 育ちのせいか、人見知りで、人に話しかけるのが苦手。 苦手なだけで、話すこと自体は大好き。 「きゅふ」と特徴的な笑い方をする。 特撮ヒーローやアニメが大好きで、そのことになると普段と違ってかなり饒舌になり、人が変わったようになる。 また、かなりの世間知らずで、ちょっとズレたところがある。 知らないことも多く、教えてもらっては毎回のように感心している。 大好きなおじいさんに会うために、遊園地に一人で遊びにやってくる。 ゆりとひまわりとは同級生で仲良くしたいとは思っているが、元々の性格ゆえかそれは叶っていない模様。 「クマさん……ですよね? おっきなクマさん……。 かわいい……かも……」

オープニングムービー

再生回数:-
2019年1月11日公開

埋め込みタグ

■□■ストーリー■□■
【小さな彼女たちと触れ合う2人だけのヒミツの遊び】

がむしゃらに頑張っていれば何者かになれると思ってた。
しかし現実は……。
時間は流れる。時代は進む。俺は取り残され気味。
やりたいことって何だろう。
失意のなか、俺、青柳恵一は久しぶりに生まれ育った町・間野辺町へと帰ってきた。

再会した父親から
「知り合いが若いのを一人探しとるんだわ。お前そこで働いてみんか?」
と言われ、渋々面接を受けに行く。

その働き場所とは、小さい頃は何度も訪れたことのある屋上遊園地『まのべぱぁく』。

無事面接にも合格し、与えられた仕事はクマの着ぐるみを着て、風船を配ったりするというもの。
そこで、どうにも気になる三人の女の子と出会う。

ハツラツとした雰囲気の明るい女の子で、昔よく遊んでいた年の離れた幼馴染ゆりちゃん。
食べるのが好きで、ほんわかした女の子で、何かと甘えたがるひまわりちゃん。
浮世離れした雰囲気がある大人しくて可愛らしい女の子で、1人で遊びに来ているすみれちゃん。

そんな彼女たちと、クマの着ぐるみを着て、触れ合っていく――。

こうして俺たちのとても甘く、ちょっぴり切ない“秘密の遊び”が始まった

■□■登場キャラクター■□■
【どうにも素直になれない主人公の幼馴染】
●後藤 ゆり (CV:水野七海)
主人公の実家の近所に住んでいた女の子で、よく一緒に遊んでいた年の離れた幼馴染。
兄妹同然のように仲が良かったが、何も言わずに町を出て行った主人公のことを再会した後は嫌っている。
運動が得意。
勝ち気な性格で、思い立ったらまず行動に出てしまうあたりは主人公と似ており、それもあってとても仲が良かった。
早とちりや強がりで、よくドジを踏んでは失敗してしまう。
本当は仲直りしたいと思っているが、性格ゆえか上手くいかない典型的なツンデレタイプ。
そんな思いを遊園地の着ぐるみさん(主人公)に相談する。
両親が共働きで帰りが遅いため、帰ってくるまで遊園地に一人で遊びに来ている。
そのため、少なからず寂しさは感じている様子。

「やっっっっっっぱり覚えてないんだ! わすれちゃったんだ! はくじょうものっっっっ!!」

【いつもほんわかマイペースな食いしん坊少女】
●米谷 ひまわり (CV:八ッ橋きなこ)
食べることが大好きで、お腹が空いてはいつも何かを食べている食いしん坊な女の子。
ただ、最近そのせいで少しばかり体重を気にしているお年頃。
また、同年代の子たちよりも発育がいいため、学校のクラスの男子によくからかわれており、それがコンプレックスになっている。
ほんわかとした雰囲気だが、母子家庭で育った分、同年代の子たちよりも意外としっかりとしている。
母子家庭で、デパートで働くお母さんを待っている間、遊園地に遊びに来ている。
健気で、自分のために一人で働くお母さんのために何かできないかと思っている。
お父さんがいないことについては、少なからず寂しさは感じている様子。

「もぐもぐ……ふふ♪クマさんもおいしそー。唐揚げみたい」

【人見知りでちょっと浮世離れした雰囲気の大人しい女の子】
●藤崎 すみれ (CV:雪村とあ)
管理人のおじいさんの孫娘。
育ちのせいか、人見知りで、人に話しかけるのが苦手。
苦手なだけで、話すこと自体は大好き。
「きゅふ」と特徴的な笑い方をする。
特撮ヒーローやアニメが大好きで、そのことになると普段と違ってかなり饒舌になり、人が変わったようになる。
また、かなりの世間知らずで、ちょっとズレたところがある。
知らないことも多く、教えてもらっては毎回のように感心している。
大好きなおじいさんに会うために、遊園地に一人で遊びにやってくる。
ゆりとひまわりとは同級生で仲良くしたいとは思っているが、元々の性格ゆえかそれは叶っていない模様。

「クマさん……ですよね? おっきなクマさん……。 かわいい……かも……」

作品公式サイト