逝き神様の生贄婚 生き神編 CV.佐和真中【がるまに限定SS付き】

逝き神様の生贄婚 生き神編 CV.佐和真中【がるまに限定SS付き】

  1. サンプル1 01:05
  2. サンプル2 01:26
  3. サンプル3 01:38

00:00 / 00:00

0.50×
0.75×
1.00×
1.25×
1.50×
1.75×
2.00×
再生時にサイレントモードでも音が出る場合があります

逝き神様の生贄婚 生き神編 CV.佐和真中【がるまに限定SS付き】

再生回数:-
2019年9月25日公開

埋め込みタグ

■がるまにオリジナル特典■
■■SS「定められた出会い」付■■
2,000文字の特典ショート・ストーリー。
~あらすじ~
和雄とあなたとの出会い。
心乱される彼の心情が読めます。
ひとり静かな生活を送る和雄の前に現れたひとりの女。
その出会いは定めなのだと信じ……、
和雄は心の鍵を外す――。

≪逝き神様の生贄婚とは≫
舞台は、因習が現代まで残る祝人村。

東塚(とうづか)家の男は
昔から村の災厄の身代わり(生贄)となる役目を担っていたが、
余所(よそ)者の娘を娶(めと)り、生き神として祀(まつ)ることで、
自身と東塚家に災厄が降りかからないよう、手を打ち始めていた。

「生贄がさらなる生贄を求める」行為を村人達は見て見ぬ振りをした。

――ゆえに。

東塚家の生き神がどのように祀られ、
どのように祈っているのか。

東塚家以外、誰も知らない。

トラツグミがひときわ大きい啼き声を上げた――

≪登場人物≫
■東塚和雄(CV: 佐和真中)
聡明で物静か。祝人村を支える重責と孤独感に苦しむ。

「この家でよければ、好きなだけいてください。――行くアテができるまで、ずっと」
「あのモズの雛と同じだ……。こんな村に……、私の元に留まらない方がいいんだ……――」
「――こんなものを使うのは不本意だが、仕方ない。私は、君を手放したくないんだ――」

■ヒロイン
旅人など滅多にやって来ない祝人村を訪れた、謎の人物。

≪関連URL≫
http://black-lady.com/p/ikeniekon

※18歳以上推奨 全編ダミーヘッドマイク使用

一、旅の女性
二、身の上話と嵐
三、幾つもの羽ばたき
四、大きな鳥籠、大きな小鳥
五、縋りと祈り