【催眠×ラップ】フリースタイルヒプノシス feat.秋野かえで

フリースタイルヒプノシス feat.秋野かえで
●イントロダクション ヒップホップと催眠オナニーの融合――「フリースタイルヒプノシス」。 前代未聞の問題作として登場とした前作から、さらにパワーアップ・アップデート。MCに秋野かえでを迎え、満を持しての第二弾が誕生! 脳天と変幻自在に揺さぶりをかける個性的かつグルーヴ溢れるトラック・メイキング。 流れるように乗ってくる、セクシーウィスパーボイスによるめくるめくループ・セックス・ストーリー。 「リズム」と「声」と「言葉」がもたらす、新たな快感。 耳も唇も下半身も、そして精神の奥まで…… ハイブリッドに仕上がったドープなプレイであなたの性感神経を深層まで犯してゆく…… ●ストーリー とある梅雨明けの、教室の朝。 浮かない顔をして机に佇むあなたに、優しくニコニコ話しかけてくる清楚で美人のクラス委員長、「ハナ」。 雨続きの日々が終わり、晴れ渡る空を祝福するかのような心地よい声と言葉に、ついぼーっと聞き入っていると…… 突然人格が変わったかのように、攻撃的なラップに乗せて畳みかけてくるハナ。 周囲の音は徐々に一つのリズムの輪郭を描きはじめ、気が付けば、教室には彼女と「ぼく」のふたりだけ。 そして彼女の声色とリリックは、加速度的に卑猥さを帯び始め…… 目の前の出来事は、夢なのか、現実なのか。 そんな思考は置き去りにして、彼女とのヒプノシス・フリースタイルの世界が幕を開けるのだった…… ●リリック・トラック内容 【1】ホームルームインサニティ~ダウナーな教室の朝~ 雨上がりの晴れた朝、いつもの教室にて。 クラス委員長の「ハナ」は、机に突っ伏す「ぼく」を心配して話しかけてくれる、清楚で優しい女の子。 ついついぼーっと彼女との他愛のない会話に耳を傾けていると…… 周囲の音と景色はいつしかドープなリズムに乗せた、非日常サウンドワールドへと徐々に変わっていく。 突如そこに乗っかってくる、普段のおとなしい彼女からは想像もつかないような攻撃的なラップ。 「ぼく」の耳へと畳みかけてくる、ハナの抱える鬱屈した自身へのコンプレックスは、エロエロで自由奔放な「裏」の人格として姿を現し、「ぼく」はなすすべもなく、彼女の声と身体に身を委ねる…… 【2】セクシュアルパーソナリティ~無限回郎~ 目を覚ますと、もう放課後だった。 誰もいない教室にぽつんと取り残された「ぼく」に、再び話しかけてくるハナ。 さっきの体験は夢だったのか?と思いつつ、一緒に下校することに。 我を忘れてハメまくった記憶が、目の前の彼女の姿にフラッシュバックする。 清楚で大人しいハナと、快楽に貪欲で、エロエロなハナ。 どちらが本当の彼女なのか分からず、困惑する「ぼく」。 そしてどこまでも続くような、長い長い、廊下の途中で、「彼女」は全て覚えていると言わんばかりに、またしても甘く、そして煽るようなフロウで「ぼく」の下半身を誘惑し、その柔らかい身体をさらけ出すのだった…… 【3】モーニングチルホイップ~甘い甘い朝チュンセックス~ 再び意識は飛んで、翌朝。 「ぼく」は部屋のベッドで目を覚ます。 とろけそうなほど甘い、ホイップクリーム入りのコーヒーを片手に始まる、さらに甘いハナとの朝チュントーク。 「今日は学校なんてサボって、一日中ヤリまくろうよ」と、「ぼく」の下半身に手を伸ばし、何度も何度も繰り返されるハナとのセックス。 猟奇的なまでに、欲望を剥き出しにして喘ぐ彼女が時々覗かせる、さらに奥の素顔。 快楽に溺れる、長い一日が始まりを告げる。 【4】リバーシブルラヴ~SとMは表裏一体~ 「今度は、キミが責めてみて?」とハナはラップに乗せて、心中を吐露する。 猟奇的な彼女と、優しく清楚な彼女。 繰り返されるセックスの中で表裏一体の人格は徐々に統合され、一人の女の子として「ぼく」を激しく求めだす。 延々と続くループトラックの輪廻は、ついにクライマックスへ。 今まで誰も体験したことのような浮遊するトリップ感の中、「ぼく」とハナは究極の快楽へと、ただひたすらに身を委ねていく…… ●ヒロイン紹介 名前:ハナ 身長:156cm おっぱい:Gカップ 普段はとてもおとなしく清楚で、聡明な眼鏡っこの委員長。 クラスのみんなから男女問わず慕われ、イヤな顔ひとつせず委員長の仕事(ほとんど雑用)をこなしている。 大人しいほうだが、決して暗いわけではなく、いつもニコニコ楽しそうにしている。 だが、それは彼女が演じている対人用の「ペルソナ」のひとつにしか過ぎなかった。 そしてある日、これまで無意識に溜め込んだフラストレーションとコンプレックスが「ラップ」という形で表面化する。 攻撃的かつ猟奇的、セックスの快楽に忠実で自由奔放、小悪魔的な魅力を持った「裏」の人格は、夢と現実の狭間で何度も何度も「ぼく」を誘惑してくる。 【総時間 66分】 ・KU-100によるハイレゾ/バイノーラル録音です(48kHz/24bit)。 ・FLACファイルおよび軽量版MP3ファイル付き。 ・パッケージイラスト同梱。 CV:秋野かえで イラスト:白井るかちゃん 企画:シロイルカ 【オフィシャルTwitter】 https://mobile.twitter.com/shiroiruka4

フリースタイルヒプノシス feat.秋野かえで

再生回数:-
2021年6月1日公開

埋め込みタグ

●イントロダクション

ヒップホップと催眠オナニーの融合――「フリースタイルヒプノシス」。

前代未聞の問題作として登場とした前作から、さらにパワーアップ・アップデート。MCに秋野かえでを迎え、満を持しての第二弾が誕生!

脳天と変幻自在に揺さぶりをかける個性的かつグルーヴ溢れるトラック・メイキング。

流れるように乗ってくる、セクシーウィスパーボイスによるめくるめくループ・セックス・ストーリー。

「リズム」と「声」と「言葉」がもたらす、新たな快感。

耳も唇も下半身も、そして精神の奥まで……

ハイブリッドに仕上がったドープなプレイであなたの性感神経を深層まで犯してゆく……


●ストーリー

とある梅雨明けの、教室の朝。

浮かない顔をして机に佇むあなたに、優しくニコニコ話しかけてくる清楚で美人のクラス委員長、「ハナ」。

雨続きの日々が終わり、晴れ渡る空を祝福するかのような心地よい声と言葉に、ついぼーっと聞き入っていると……

突然人格が変わったかのように、攻撃的なラップに乗せて畳みかけてくるハナ。

周囲の音は徐々に一つのリズムの輪郭を描きはじめ、気が付けば、教室には彼女と「ぼく」のふたりだけ。

そして彼女の声色とリリックは、加速度的に卑猥さを帯び始め……

目の前の出来事は、夢なのか、現実なのか。

そんな思考は置き去りにして、彼女とのヒプノシス・フリースタイルの世界が幕を開けるのだった……


●リリック・トラック内容

【1】ホームルームインサニティ~ダウナーな教室の朝~

雨上がりの晴れた朝、いつもの教室にて。
クラス委員長の「ハナ」は、机に突っ伏す「ぼく」を心配して話しかけてくれる、清楚で優しい女の子。
ついついぼーっと彼女との他愛のない会話に耳を傾けていると……
周囲の音と景色はいつしかドープなリズムに乗せた、非日常サウンドワールドへと徐々に変わっていく。
突如そこに乗っかってくる、普段のおとなしい彼女からは想像もつかないような攻撃的なラップ。
「ぼく」の耳へと畳みかけてくる、ハナの抱える鬱屈した自身へのコンプレックスは、エロエロで自由奔放な「裏」の人格として姿を現し、「ぼく」はなすすべもなく、彼女の声と身体に身を委ねる……



【2】セクシュアルパーソナリティ~無限回郎~

目を覚ますと、もう放課後だった。
誰もいない教室にぽつんと取り残された「ぼく」に、再び話しかけてくるハナ。
さっきの体験は夢だったのか?と思いつつ、一緒に下校することに。
我を忘れてハメまくった記憶が、目の前の彼女の姿にフラッシュバックする。
清楚で大人しいハナと、快楽に貪欲で、エロエロなハナ。
どちらが本当の彼女なのか分からず、困惑する「ぼく」。
そしてどこまでも続くような、長い長い、廊下の途中で、「彼女」は全て覚えていると言わんばかりに、またしても甘く、そして煽るようなフロウで「ぼく」の下半身を誘惑し、その柔らかい身体をさらけ出すのだった……



【3】モーニングチルホイップ~甘い甘い朝チュンセックス~

再び意識は飛んで、翌朝。
「ぼく」は部屋のベッドで目を覚ます。
とろけそうなほど甘い、ホイップクリーム入りのコーヒーを片手に始まる、さらに甘いハナとの朝チュントーク。
「今日は学校なんてサボって、一日中ヤリまくろうよ」と、「ぼく」の下半身に手を伸ばし、何度も何度も繰り返されるハナとのセックス。
猟奇的なまでに、欲望を剥き出しにして喘ぐ彼女が時々覗かせる、さらに奥の素顔。
快楽に溺れる、長い一日が始まりを告げる。



【4】リバーシブルラヴ~SとMは表裏一体~

「今度は、キミが責めてみて?」とハナはラップに乗せて、心中を吐露する。
猟奇的な彼女と、優しく清楚な彼女。
繰り返されるセックスの中で表裏一体の人格は徐々に統合され、一人の女の子として「ぼく」を激しく求めだす。
延々と続くループトラックの輪廻は、ついにクライマックスへ。
今まで誰も体験したことのような浮遊するトリップ感の中、「ぼく」とハナは究極の快楽へと、ただひたすらに身を委ねていく……


●ヒロイン紹介

名前:ハナ

身長:156cm

おっぱい:Gカップ


普段はとてもおとなしく清楚で、聡明な眼鏡っこの委員長。
クラスのみんなから男女問わず慕われ、イヤな顔ひとつせず委員長の仕事(ほとんど雑用)をこなしている。
大人しいほうだが、決して暗いわけではなく、いつもニコニコ楽しそうにしている。
だが、それは彼女が演じている対人用の「ペルソナ」のひとつにしか過ぎなかった。
そしてある日、これまで無意識に溜め込んだフラストレーションとコンプレックスが「ラップ」という形で表面化する。
攻撃的かつ猟奇的、セックスの快楽に忠実で自由奔放、小悪魔的な魅力を持った「裏」の人格は、夢と現実の狭間で何度も何度も「ぼく」を誘惑してくる。


【総時間 66分】

・KU-100によるハイレゾ/バイノーラル録音です(48kHz/24bit)。
・FLACファイルおよび軽量版MP3ファイル付き。
・パッケージイラスト同梱。

CV:秋野かえで
イラスト:白井るかちゃん
企画:シロイルカ

【オフィシャルTwitter】
https://mobile.twitter.com/shiroiruka4

作品公式サイト