曾祖母のひ孫筆おろし ~ひぃばあちゃん、もっとしたいよ~

PV
■ストーリー 年の暮れ。 二年ぶりのひいばぁばの家。 久々と言う事もあり、ひいばぁばとお風呂に入ることになったのだが……。 (まただ……) 僕を悩ませているのがこれだ。 女性の裸を見たり、女性からくっつかれたりすると、僕の股間の恥ずかしいものが大きくなってしまうのだ。 「薫ちゃん、いらっしゃい。お背中を流してあげるから」 「えっ……? い、いいよ……自分ひとりでできるから……」 というのは表向きの理由で、本当の理由は股間にある。 股間のものが大きくなっているのが、なぜか恥ずかしい。 これをひいばぁばに見られてはいけないような気がする。 ……が、隠しきれずに見つかってしまう。 それを見たひいばぁばは、上品な美貌をほころばせながらほほ笑み、 「そのままじゃつらいでしょ? ひいばぁばが治してあげる」 と、言って僕の股間に……。

PV

再生回数:-
2019年6月5日公開

埋め込みタグ

■ストーリー
年の暮れ。
二年ぶりのひいばぁばの家。
久々と言う事もあり、ひいばぁばとお風呂に入ることになったのだが……。

(まただ……)

僕を悩ませているのがこれだ。
女性の裸を見たり、女性からくっつかれたりすると、僕の股間の恥ずかしいものが大きくなってしまうのだ。

「薫ちゃん、いらっしゃい。お背中を流してあげるから」

「えっ……? い、いいよ……自分ひとりでできるから……」

というのは表向きの理由で、本当の理由は股間にある。
股間のものが大きくなっているのが、なぜか恥ずかしい。
これをひいばぁばに見られてはいけないような気がする。
……が、隠しきれずに見つかってしまう。

それを見たひいばぁばは、上品な美貌をほころばせながらほほ笑み、

「そのままじゃつらいでしょ? ひいばぁばが治してあげる」

と、言って僕の股間に……。

作品公式サイト