Last Waltz ~白濁まみれの夏合宿~

Last Waltz ~白濁まみれの夏合宿~
■ストーリー 「……ただの、夏合宿のつもりだった。」 私立宮ノ森学園に通う望月有希は、 野球部、ラグビー部、サバイバルゲーム研究会、アニメ研究会と共に、 強化合宿のため学園の持つ合宿所へと訪れていた。 金持ちの集まる私立校ゆえか、とある国の離島に建てた合宿所で数週間もの間、 野球漬けの毎日を送る筈だった。 しかし、合宿も中盤を回った頃、ラジオから信じられない放送を聴くことになる。 島を保有する国で内戦が起こったというのだ。 帰りの便、食料の受け渡しすらダメになり、 状況を知るため現地スタッフと共に船を借り、本国へ向かう男性教諭たち。 しかし、一日たち、二日たち、何の連絡もないことに、不安を押し殺し、 帰るのを待つ学園生たちだった。 だが、その願いは最悪の形で裏切られることとなる。 数日後、教諭たちを乗せていた筈の船が大破し、浜へと打ちあげられていたのだ。 学園生たちは頼るべきものを無くし、いつ帰れるかも…いや食料が底をつき死ぬかも知れない、 内戦を起こしている兵士たちが殺しに来るかもしれない、という状況のなか、 徐々に正常な理性を失ってゆく。 ほとんどの部活を構成しているのは、男子。 今にも崩れそうな各部の暴走を鎮めることは、有希には出来ない。 孤立した島を舞台に、長く重い狂気の刻が蠢き出す。 「この島で、私たちはまだ生きてる。でも……」 ■登場キャラクター 【野球部マネージャー】 ●望月 有希 (CV:中家志穂) 主人公。 活発でさっぱりとした野球部マネージャー。 幼い頃は野球クラブに在籍し、男子に混ざりピッチャーを勤めていた。 進学の際、女子で本格的に野球をしている学園がなかったため、マネージャーとして宮ノ森学園に入学。 野球部を退部しアニメ研究会会長をしている「多田義之」そして、現野球部部長「初芝真一郎」とは幼馴染。 そして幼馴染の初芝に何かとちょっかいをかけてくる烏丸に嫉妬を覚えるなど 女としての感情に振り回されている。 【ラグビー部マネージャー】 ●見城 真綾 (CV:伊藤瞳子) 今まで全て思い通りになってきたため性格はナチュラルな傲慢。 エレベーター式の宮ノ森で幼等部から在籍し進学を希望しているが、素行が悪くなければ進学は容易いのだが、 彼女の傲慢な態度と空気の読めない行動から、素行不良と取られ進学が危うくなっている。 内申書を上げるために3年からだが最も権力のあるラグビー部のマネージャーとなったが、 基本的にマネージャーの仕事は1年の日野雛子に任せている。 【ラグビー部マネージャー】 ●日野 雛子 (CV:芹園みや) 明るくしっかりとした性格のラグビー部マネージャー。 小柄なため幼く見られるが、周りを見る目を持っており冷静な発言で周りを落ち着かせることもある。 兄が元宮ノ森ラグビー部のOBで、大好きな兄を間近で見ていたため ラグビーに興味を持ちマネージャーとして入部。 見城の無茶振りにもしっかりと答えている。 男兄弟の中で育ったため、アニメ・漫画なども触れる機会があり、今でも一趣味として嗜んでいる。 そのため多田と話が合い友人となる。 【数学教師】 ●烏丸 都子 (CV:彩世ゆう) 理知的を気取っているが、実は精神的に脆い性格の女教師。 想定外の事態になると一転ヒステリックになることもある。 学園生から好かれたいと思ってはいないが仕事に支障をきたさない程度に仲良くしようと努力をしているが、 性格的に打算的な行動をしてしまうため、本当に打ち解けている学園生は少ない。 授業以外で学園生と触れ合うことになる合宿所生活を疎んじている。 潔癖症のきらいもあり、体育会系の多い島に閉じ込められていること自体が苦痛に思っている。 物語の鍵となる“自動小銃”を預かることになる。 【大学院生 / 合宿所の現地スタッフ・給仕】 ●シンシア・サグリット (CV:如月葵) 控えめで穏やかな性格のハウスキーパー。 いざという時は機知に富み、頼れる補佐的な立場で主人公を牽引する。 日本語を勉強しており、将来的には日本で働きたいと思っている。 渡航費用と日本語に磨きをかけるため合宿所で短期のアルバイトとしてハウスキーパーをすることになる。 日本語にはまだまだ慣れてなく、時々用法や語句を間違える事も。 背が低い事を気にしていて、背の高い烏丸に懐きよく話を聞いている。

Last Waltz ~白濁まみれの夏合宿~

再生回数:-
2015年10月2日公開

埋め込みタグ

■ストーリー
「……ただの、夏合宿のつもりだった。」

私立宮ノ森学園に通う望月有希は、
野球部、ラグビー部、サバイバルゲーム研究会、アニメ研究会と共に、
強化合宿のため学園の持つ合宿所へと訪れていた。

金持ちの集まる私立校ゆえか、とある国の離島に建てた合宿所で数週間もの間、
野球漬けの毎日を送る筈だった。

しかし、合宿も中盤を回った頃、ラジオから信じられない放送を聴くことになる。

島を保有する国で内戦が起こったというのだ。
帰りの便、食料の受け渡しすらダメになり、
状況を知るため現地スタッフと共に船を借り、本国へ向かう男性教諭たち。

しかし、一日たち、二日たち、何の連絡もないことに、不安を押し殺し、
帰るのを待つ学園生たちだった。
だが、その願いは最悪の形で裏切られることとなる。

数日後、教諭たちを乗せていた筈の船が大破し、浜へと打ちあげられていたのだ。

学園生たちは頼るべきものを無くし、いつ帰れるかも…いや食料が底をつき死ぬかも知れない、
内戦を起こしている兵士たちが殺しに来るかもしれない、という状況のなか、
徐々に正常な理性を失ってゆく。

ほとんどの部活を構成しているのは、男子。
今にも崩れそうな各部の暴走を鎮めることは、有希には出来ない。

孤立した島を舞台に、長く重い狂気の刻が蠢き出す。

「この島で、私たちはまだ生きてる。でも……」

■登場キャラクター
【野球部マネージャー】
●望月 有希 (CV:中家志穂)
主人公。
活発でさっぱりとした野球部マネージャー。
幼い頃は野球クラブに在籍し、男子に混ざりピッチャーを勤めていた。
進学の際、女子で本格的に野球をしている学園がなかったため、マネージャーとして宮ノ森学園に入学。
野球部を退部しアニメ研究会会長をしている「多田義之」そして、現野球部部長「初芝真一郎」とは幼馴染。
そして幼馴染の初芝に何かとちょっかいをかけてくる烏丸に嫉妬を覚えるなど
女としての感情に振り回されている。

【ラグビー部マネージャー】
●見城 真綾 (CV:伊藤瞳子)
今まで全て思い通りになってきたため性格はナチュラルな傲慢。
エレベーター式の宮ノ森で幼等部から在籍し進学を希望しているが、素行が悪くなければ進学は容易いのだが、
彼女の傲慢な態度と空気の読めない行動から、素行不良と取られ進学が危うくなっている。
内申書を上げるために3年からだが最も権力のあるラグビー部のマネージャーとなったが、
基本的にマネージャーの仕事は1年の日野雛子に任せている。

【ラグビー部マネージャー】
●日野 雛子 (CV:芹園みや)
明るくしっかりとした性格のラグビー部マネージャー。
小柄なため幼く見られるが、周りを見る目を持っており冷静な発言で周りを落ち着かせることもある。
兄が元宮ノ森ラグビー部のOBで、大好きな兄を間近で見ていたため
ラグビーに興味を持ちマネージャーとして入部。
見城の無茶振りにもしっかりと答えている。
男兄弟の中で育ったため、アニメ・漫画なども触れる機会があり、今でも一趣味として嗜んでいる。
そのため多田と話が合い友人となる。

【数学教師】
●烏丸 都子 (CV:彩世ゆう)
理知的を気取っているが、実は精神的に脆い性格の女教師。
想定外の事態になると一転ヒステリックになることもある。
学園生から好かれたいと思ってはいないが仕事に支障をきたさない程度に仲良くしようと努力をしているが、
性格的に打算的な行動をしてしまうため、本当に打ち解けている学園生は少ない。
授業以外で学園生と触れ合うことになる合宿所生活を疎んじている。
潔癖症のきらいもあり、体育会系の多い島に閉じ込められていること自体が苦痛に思っている。
物語の鍵となる“自動小銃”を預かることになる。

【大学院生 / 合宿所の現地スタッフ・給仕】
●シンシア・サグリット (CV:如月葵)
控えめで穏やかな性格のハウスキーパー。
いざという時は機知に富み、頼れる補佐的な立場で主人公を牽引する。
日本語を勉強しており、将来的には日本で働きたいと思っている。
渡航費用と日本語に磨きをかけるため合宿所で短期のアルバイトとしてハウスキーパーをすることになる。
日本語にはまだまだ慣れてなく、時々用法や語句を間違える事も。
背が低い事を気にしていて、背の高い烏丸に懐きよく話を聞いている。

作品公式サイト