魅惑的っ!友達の彼女とホテルで内緒の快楽堕落

魅惑的っ!友達の彼女とホテルで内緒の快楽堕落
「………ところでさぁ~……私のパンツ…何色だった~?…え~なんのことってぇ………へ~ …とぼけるんだぁ…私がシャワーあびようとしてるときに下着チラチラ見てたの誰だったかなぁ~…」 「あっ…あっ…って…ため息みたいな声だしちゃってぇ…そんなに気持ちいいの…?ふーん… そうなんだぁ…よかったねぇ~おち〇ぽ触ってほしかったんだもんね~…幸せだね~…? …あはっ…私、別に君の気持ちいいところなんて全然知らないのにさぁ… そんな簡単に喘いじゃうなんて男の子として恥ずかしいんだよぉ~?」 「…どうせこれから彼氏に会ってぇ…君なんかがいくらオナニーしたって絶対にできないような ラブラブえっちでっ…たっくさんおち〇ぽズポズポしてもらうからさぁ… …君には関係ない話だよね~…ごめんねっ…?」 「ねぇ~ザーメンまだぁ~?早く赤ちゃん作らせてよぉ~… くすくす…むなしいセックスだよねぇ~…?こ~んなに気持ちいいのにさぁ… ぜーんぶ無駄撃ちぴゅっぴゅでゴミザーメンになっちゃうんだぞぉ……?」 雨――― まるでそれは好奇心があちらからやってくるような足音。 ぽつりぽつりと降り出した雨音は一歩ずつ近づいてくる。 この買い物を終えて、いつもの家路に着く。ただそれだけのハズだったのに。 心臓の音は…まるで次の言葉を急かすように高鳴りだした。 今作品「魅惑的っ!友達の彼女とホテルで内緒の快楽堕落」は、 姉であるアヤから遠方におつかいを頼まれたヒロインが、 その帰り道に彼氏の友人である主人公の貴方と偶然出会い、物語が始まります。 おつかいを終えた後は彼氏との約束があったため、急いで帰るつもりだった彼女なのですが… 日頃から彼氏との関係に不満を抱いていた事もあり…出来心の末に主人公とホテルへと入って行く… といったストーリーになります。魅惑的な背徳感がテーマの作品となっています。 本作品はサークル初のバイノーラル録音での収録を致しております。 立体音響作品のお約束である「耳舐め」や「囁き声」などのシュチュエーションは勿論のこと、 作品への没入をより深くお楽しみいただけます。 ----------------------------------------------------------------------------------- ●ここにこだわりました ・前半の「魅惑的手コキ編」では… 「今えっちな事しちゃっててもさぁ…君は私の彼氏じゃないんだからぁ… 別におち〇ぽ気持ちよくしてあげる必要なんてないんだよぉ…?」 「君がどぉ~~~してもっ…ど~~~~~してもっ…おち〇ぽシコシコしてもらいたいから… …自分のパンツ脱いじゃうんだよねぇ~?それだけは忘れちゃだーめ……でしょ?…ねっ?」 …などなど、友人の彼女に対しての性欲を素直に認めさせられるように誘導するといった台詞が 多々あり、目の前にいるヒロインの色香に惑わされ少しずつ手玉に取られてゆきます。 「もしバレちゃっても君のせい…」という、自分は全く悪くないという正当性を主張しておきながら… それなのに…色香で情欲をかき立てるような振る舞いをします。 そして……いざ、男が予定調和に心情を吐露すれば彼氏がいる事をほのめかす……… 「そういう意味で言ったんじゃないよぉ…?」など自分に都合のいい言葉を使うヒロインは わざとコチラの興奮を煽るような言葉を意識しているかのようです…… さらには主人公を片手間にもてあそびながら…彼氏と電話をしてスリルを楽しむ彼女に 乖離する現実と魅惑的な背徳感を演出しています。展開に緩急をつけておりますので、 男心を完全に把握した気分屋な子悪魔に射精を懇願するような痴態をお楽しみ頂けます。 ・後半の「魅惑的えっち編」では… 「ね…ねえ…セックスは浮気になっちゃうかもしれないけどさぁ…」 「き、君が私のおま〇こ使って勝手に射精するのは…オナニーだよね…?」 「…それならさ…シちゃっても…セーフだと思わない…?」 …提案された条件は淫らに甘いものでした。今作の快楽堕落というタイトルのコンセプト… 男女の間には何か隔たりがあっても、結局のところは…目の前の快楽に堕落してしまう 雄と雌に過ぎません。たとえそれが友人の彼女であろうと例外はなく……… …ただただ貪るように出口を求めて、ひたすら果てるだけなのです。 「…セ…セックスくらいで女の子の気持ちなんてぇ…」 「…そんな簡単に変わらないに決まってんじゃん…エロ漫画の読みすぎだってばぁっ」 …それでも最後まで彼女は絶対に主導権は譲りません。 セックスをしているのは貴方のハズなのに…彼氏のことを引き合いに出したりして… もうこちらが彼女を寝取っているのか…はたまた彼女に遊ばれているだけなのか…… でも…ジワジワと昂ぶった果ての目先の気持ちよさに…… そんな事を考えている余裕なんて…本当にありますか…? ・作品全体的なこだわりとして… 本作品はバイノーラルマイクを用いた録音での臨場感のある演技にくわえまして、 当サークルじろうぽんぽんの過去作品「背徳的っ!彼女の姉とトイレで甘々快楽堕落」との 関連性を想起させるシーンなどがございます。 …が、こちらの作品だけでも矛盾のない楽しみ方が出来るようにと 台本にも工夫を凝らした作品になっておりますのでご安心くださいませ。 「この作品はもしかして…」と考察をする事でより深く世界観に浸ることが可能になっています。 浮気という嘘と嘘が織り成す物語。 …そんな背徳的で魅惑的な時間を凝縮した作品となっています。 …………もちろん嘘つきな彼女のことですし…彼女の言葉のひとつひとつを、 信じるか信じないかは貴方の判断に委ねられています。 けど、どちらにせよ………結局…… 彼女の魅力に手玉に取られている事は… 揺ぎ無い事実なのですから…… …束の間の快楽を求める男女のストーリーを どうか心ゆくまでお楽しみくださいませ… -------------------------------------------------------------------------------------

魅惑的っ!友達の彼女とホテルで内緒の快楽堕落

再生回数:-
2019年4月21日公開

埋め込みタグ

「………ところでさぁ~……私のパンツ…何色だった~?…え~なんのことってぇ………へ~
…とぼけるんだぁ…私がシャワーあびようとしてるときに下着チラチラ見てたの誰だったかなぁ~…」

「あっ…あっ…って…ため息みたいな声だしちゃってぇ…そんなに気持ちいいの…?ふーん…
そうなんだぁ…よかったねぇ~おち〇ぽ触ってほしかったんだもんね~…幸せだね~…?
…あはっ…私、別に君の気持ちいいところなんて全然知らないのにさぁ…
そんな簡単に喘いじゃうなんて男の子として恥ずかしいんだよぉ~?」

「…どうせこれから彼氏に会ってぇ…君なんかがいくらオナニーしたって絶対にできないような
ラブラブえっちでっ…たっくさんおち〇ぽズポズポしてもらうからさぁ…
…君には関係ない話だよね~…ごめんねっ…?」

「ねぇ~ザーメンまだぁ~?早く赤ちゃん作らせてよぉ~…
くすくす…むなしいセックスだよねぇ~…?こ~んなに気持ちいいのにさぁ…
ぜーんぶ無駄撃ちぴゅっぴゅでゴミザーメンになっちゃうんだぞぉ……?」


雨―――
まるでそれは好奇心があちらからやってくるような足音。
ぽつりぽつりと降り出した雨音は一歩ずつ近づいてくる。
この買い物を終えて、いつもの家路に着く。ただそれだけのハズだったのに。
心臓の音は…まるで次の言葉を急かすように高鳴りだした。

今作品「魅惑的っ!友達の彼女とホテルで内緒の快楽堕落」は、
姉であるアヤから遠方におつかいを頼まれたヒロインが、
その帰り道に彼氏の友人である主人公の貴方と偶然出会い、物語が始まります。
おつかいを終えた後は彼氏との約束があったため、急いで帰るつもりだった彼女なのですが…
日頃から彼氏との関係に不満を抱いていた事もあり…出来心の末に主人公とホテルへと入って行く…
といったストーリーになります。魅惑的な背徳感がテーマの作品となっています。

本作品はサークル初のバイノーラル録音での収録を致しております。
立体音響作品のお約束である「耳舐め」や「囁き声」などのシュチュエーションは勿論のこと、
作品への没入をより深くお楽しみいただけます。


-----------------------------------------------------------------------------------

●ここにこだわりました

・前半の「魅惑的手コキ編」では…
「今えっちな事しちゃっててもさぁ…君は私の彼氏じゃないんだからぁ…
別におち〇ぽ気持ちよくしてあげる必要なんてないんだよぉ…?」
「君がどぉ~~~してもっ…ど~~~~~してもっ…おち〇ぽシコシコしてもらいたいから…
…自分のパンツ脱いじゃうんだよねぇ~?それだけは忘れちゃだーめ……でしょ?…ねっ?」

…などなど、友人の彼女に対しての性欲を素直に認めさせられるように誘導するといった台詞が
多々あり、目の前にいるヒロインの色香に惑わされ少しずつ手玉に取られてゆきます。
「もしバレちゃっても君のせい…」という、自分は全く悪くないという正当性を主張しておきながら…
それなのに…色香で情欲をかき立てるような振る舞いをします。
そして……いざ、男が予定調和に心情を吐露すれば彼氏がいる事をほのめかす………
「そういう意味で言ったんじゃないよぉ…?」など自分に都合のいい言葉を使うヒロインは
わざとコチラの興奮を煽るような言葉を意識しているかのようです……

さらには主人公を片手間にもてあそびながら…彼氏と電話をしてスリルを楽しむ彼女に
乖離する現実と魅惑的な背徳感を演出しています。展開に緩急をつけておりますので、
男心を完全に把握した気分屋な子悪魔に射精を懇願するような痴態をお楽しみ頂けます。



・後半の「魅惑的えっち編」では…
「ね…ねえ…セックスは浮気になっちゃうかもしれないけどさぁ…」
「き、君が私のおま〇こ使って勝手に射精するのは…オナニーだよね…?」
「…それならさ…シちゃっても…セーフだと思わない…?」

…提案された条件は淫らに甘いものでした。今作の快楽堕落というタイトルのコンセプト…
男女の間には何か隔たりがあっても、結局のところは…目の前の快楽に堕落してしまう
雄と雌に過ぎません。たとえそれが友人の彼女であろうと例外はなく………
…ただただ貪るように出口を求めて、ひたすら果てるだけなのです。

「…セ…セックスくらいで女の子の気持ちなんてぇ…」
「…そんな簡単に変わらないに決まってんじゃん…エロ漫画の読みすぎだってばぁっ」
…それでも最後まで彼女は絶対に主導権は譲りません。
セックスをしているのは貴方のハズなのに…彼氏のことを引き合いに出したりして…
もうこちらが彼女を寝取っているのか…はたまた彼女に遊ばれているだけなのか……
でも…ジワジワと昂ぶった果ての目先の気持ちよさに……
そんな事を考えている余裕なんて…本当にありますか…?



・作品全体的なこだわりとして…
本作品はバイノーラルマイクを用いた録音での臨場感のある演技にくわえまして、
当サークルじろうぽんぽんの過去作品「背徳的っ!彼女の姉とトイレで甘々快楽堕落」との
関連性を想起させるシーンなどがございます。

…が、こちらの作品だけでも矛盾のない楽しみ方が出来るようにと
台本にも工夫を凝らした作品になっておりますのでご安心くださいませ。
「この作品はもしかして…」と考察をする事でより深く世界観に浸ることが可能になっています。

浮気という嘘と嘘が織り成す物語。
…そんな背徳的で魅惑的な時間を凝縮した作品となっています。
…………もちろん嘘つきな彼女のことですし…彼女の言葉のひとつひとつを、
信じるか信じないかは貴方の判断に委ねられています。

けど、どちらにせよ………結局……
彼女の魅力に手玉に取られている事は…
揺ぎ無い事実なのですから……

…束の間の快楽を求める男女のストーリーを
どうか心ゆくまでお楽しみくださいませ…


-------------------------------------------------------------------------------------

作品公式サイト