密着囁き×言葉責め×吸血セックス~月夜の吸血鬼~

密着囁き×言葉責め×吸血セックス~月夜の吸血鬼~

  1. トラック1 04:21
  2. トラック2 01:11
  3. トラック3 03:01
  4. トラック4 01:45
  5. トラック5 00:44

00:00 / 00:00

0.50×
0.75×
1.00×
1.25×
1.50×
1.75×
2.00×
再生時にサイレントモードでも音が出る場合があります

密着囁き×言葉責め×吸血セックス~月夜の吸血鬼~

再生回数:-
2022年5月14日公開

埋め込みタグ

------------------------------------------------------
blood rain!!!処女作販売開始!!!
------------------------------------------------------
28日間限定20%OFF!!!
------------------------------------------------------
ここは、吸血鬼が住まう館。
貴女はメイドではなく、吸血鬼の「食糧」として雇われたのだった――。
------------------------------------------------------

【キャラクター紹介】
名前:ジル(本名:ジュリアン・K・アシュフィールド)
一人称:俺
二人称:お前
実年齢:400歳以上
性格:森奥の広い屋敷に一人で住んでいる吸血鬼。意地悪で自分勝手な子供っぽい性格。
人間のことは「食糧」としか思っていない。
随分昔に家族を失くしたせいか、寂しがり屋な一面もある。
人間が作った吸血鬼モノの映画を散々馬鹿にしているが、内心では気に入っている。
趣味:読書、吸血鬼モノの映画を観ること
好きなもの:赤いもの全部(新鮮な血、ワインなど)
苦手なもの:日の光、ニンニク、コーヒー

【ストーリー】

由緒ある貴族の家にメイドとして雇われた貴女。
満月が綺麗な夜、家の主に呼ばれて部屋を訪れる。
そこには、普段の深みのある緑色とは程遠い、血のように赤い目をした主がいた。

怖くなって逃げようとするが捕まってしまい、首筋を噛まれ血を吸われる。
「俺の正体を知った以上、ここから出すわけにはいかない」

ここは、吸血鬼が住まう館。
貴女はメイドではなく、吸血鬼の「食糧」として雇われたのだった――。

【トラックリスト】

TRACK01:(吸血、囁き、耳舐め、胸攻め)
ジルの部屋をノックして入る主人公。主人公はメイドとして雇われて、1週間が経った。ジルは、今日から新しい仕事をして欲しいと言う。それは、ジルに主人公の血を与えること。ジルは吸血鬼で、主人公のような新鮮な血が欲しくてメイドを雇ったのだった。ジルは我慢できなくなり、興奮で目が吸血鬼のように赤く変わる。主人公は怖くなって逃げようとするが、ジルに後ろから強く抱き締められる。耳元で「そんな反応されると、もっと虐めたくなる」と囁かれ、容赦なく耳攻めされる。ジルは主人公の力が抜けたのを見て、首筋に舌を這わせる。首筋を噛まれて、血を吸われる。主人公を抱き締めていたジルの手は胸へと伸びていき、後ろからやんわりと胸を揉まれる。「人間は快楽に溺れているときの血が1番甘くて美味しい」とジルは言う。気持ち良さで立っていられなくなる主人公。ジルは主人公をベッドに運ぶ。怯える主人公。「大事な食糧だから、ひどいことはしない」と言い、ジルは優しく主人公の耳を舐める。手は胸を愛撫している。ジルの舌は耳から首、胸へと降りていき、手と舌で胸攻めされる。ジルがお腹いっぱいになるまで、行為は続いた。「明日もこの時間に、部屋に来い」とジルに命令されて、主人公は部屋を追い出される。


TRACK02:(吸血、キス、言葉責め、手マン)

言いつけ通りに、ジルの部屋を訪れる主人公。部屋に入るなり、主人公は乱暴にベッドに押し倒される。息が出来ないほどジルに激しくキスされる。「ここ、もう甘いけど、キスだけで感じた?」と言われ、首筋を舐められる。「お前の血が早く欲しい。我慢できない」とジルは続けて言い、首筋を噛まれ血を吸われる。主人公の血を吸って満足そうにするジル。主人公は部屋を出ようとするが、ジルに引き止められ、再び押し倒される。「ご褒美に今日はもっと気持ちいいことしてやる」と言われ、手マンされる。主人公がすでに濡れているのに気が付き、ジルは意地悪なことを言う。恥ずかしがる主人公を見て、ますます言葉責めするジル。ゆっくり出し入れしていた指が、言葉責めと共にだんだん激しくなる。ジルにクリトリスを攻められ、主人公は呆気なくイく。「もっと気持ちよくしてやる」と言われ、血を吸われながら、クリトリスを攻められ、主人公は何度もイく。「また明日来い」とジルに言われ、主人公は部屋を出る。

TRACK03:(吸血、キス、囁き、肌舐め、クンニ)

主人公は部屋にいると、誰かが扉をノックする。扉を開けると、ジルがいる。「いつ見ても狭い部屋だな」と言い、勝手に部屋の中に入るジル。ベッドに腰掛けて、早くこっちに来いと呼ぶ。強引に主人公を膝に乗せて、キスする。「たまには、俺がお前の部屋に来てもいいだろ」と少し照れながら言うジル。「俺の血、吸ってみるか?」とジルは唐突に聞く。「吸血鬼の血を飲むだけでは、吸血鬼にならないから安心しろ」と言われ、主人公はジルの血を舐める。時間と共に体が熱くなる主人公を見て、「吸血鬼の血は、媚薬と同じ効果があるから、いつもより気持ちよくなるかもな」とジルは囁く。主人公をベッドに押し倒し、手で体をまさぐりながら、「どうしてほしい?」と耳元で囁く。囁きで主人公を散々焦らした後、ジルは首筋の血を吸う。主人公の体の至るところを舌で愛撫して、クンニする。主人公がイった後、今日はここで寝ると言い、ジルは主人公をギュッと抱き締める。そのまま眠りにつくジル。

TRACK04:(キス、胸攻め、手マン、バック)

ジルに呼ばれて部屋を訪れる主人公。ベッドに押し倒されてキスする。「痛そうだな」と言い、ジルは歯痕が残った主人公の首筋に優しくキスする。「俺を受け入れてくれるのはお前だけだ」と切なそうに言うジル。「人間はみんな俺に怯える。ここの館に来たやつらだって…みんな去っていった」と語る。ジルが人間を食糧として思っていたのは、多くの人間に怯えられた過去があり、自分の心をこれ以上傷付けないように自衛していたからだった。
「お前もここを去りたいか?去りたいなら記憶を消してやる」と主人公に聞くジル。「もし俺の側にいてくれるなら、一緒に吸血鬼になってほしい」とジルはお願いする。ジルは主人公の体を愛撫する。人間が吸血鬼になる方法、それは吸血鬼の精子を体内に取り込むこと。ジルは主人公に吸血鬼になるかどうか選択させる。主人公の答えを聞いて、ジルはバックで挿入し、中出しする。

TRACK05:(吸血、言葉責め、キス、対面座位、正常位)

ジルは中出しするが、熱は収まらない。対面座位でキスする2人。主人公に首筋を噛まれて、びくっとするジル。さっきまでのしおらしい態度はすっかり消えて、言葉責めしながら主人公を何度も絶頂においやる。正常位になり、主人公を攻めたてるジル。主人公の首筋を噛んで血を吸う。2人は同時に絶頂に達する。ベッドに2人で寝転ぶ。「これからは食糧じゃなくて、俺の恋人としてずっと側にいてほしい」とジルは言い、主人公にキスする。

【形式、特典、クレジット】

■形式

・全編バイノーラル収録
・ファイル形式 WAV、mp3

■クレジット

・CV -乃木 悠星 様(@star_hoshikun_)
・イラスト -針野シロ 様 (@HA_RI_NO)
・シナリオ - 神戸えみり様
・デザイン - にくじゃが王子様(@nikujyagaouji)

・効果音 - ディーブルスト様 色んな効果音集100
・制作 -rain blood (@rainblood9)

rain bloodでは高品質・高クオリティーの作品を皆様にお届け出来るよう
音声制作を心がけています。性活をより良いものへ。
サークル、twitterのフォローよろしくお願いします!

作品公式サイト