M for Maladdress ~朧月に潤い恋蛍~ 【KU100】

M for Maladdress ~朧月に潤い恋蛍~ 【KU100】

  1. 1.力の差 07:02
  2. 2.徹底的な屈辱 01:25
  3. 3.ヒーロー潰し 01:53
  4. 4.八つ当たり 01:56
  5. 5.断れない提案 01:05

00:00 / 00:00

再生時にサイレントモードでも音が出る場合があります

M for Maladdress ~朧月に潤い恋蛍~ 【KU100】

再生回数:-
2019年5月12日公開

埋め込みタグ

※本作品はバイノーラル収録作品で、ダミーヘッドマイク(KU100)を利用してスタジオで収録しました。

※新作の発売記念に発売日当日から2週間、本MFMシリーズ全作品の20%OFFイベントを行います。

●作品設定

女性の数が増える一方で、性比のバランスが崩れたこの世界。女性の権勢は段々強まり、軈て、女性上位が世界の法則となっていた。更には特異の力を持つ女性が次々と現れる。彼女たちは「スカーレット・ウィッチーズ」と名乗り、「男性は女性の奴隷に過ぎない」と掲げ、男性を無差別に襲い拉致、奴隷や道具にする。
安穏に街を歩くことすら儘ならなくなった男性は、大いに抗議し、対策と保護を求めたが、既に女性に占領され、男性の人権に興味を持たなかった政府はこれを黙殺した。自らを守るため、自警団「LTD」を発足させた男性は、自由の為、スカーレット・ウィッチーズと戦い始めた……。

●あらすじ

偶然ごみ捨てで拾ったヒーロースーツを切っ掛けに一人でヒーロー活動をしてもう数ヶ月。
小さい上LTDのヒーローたちに比べるとまだまだなあなたですが、ちっぽけな力でもそれなりの活用法を見つけたあなたは小規模のスカーレット・ウィッチーズの戦闘員を狙い暗躍し続けた。活動を繰り返していたある日、一般戦闘員を襲撃したあなたを立ち塞がるように彼女が現れた。
彼女の名前はヴァイオレット。スカーレット・ウィッチーズの幹部の一人で、あなたも以前何回か出くわした覚えがある敵。
しかし普段は裏で指示を出しながら戦況を眺めるだけの彼女が今度はなぜか前に出た。
初めて幹部を相手にするあなたは緊張と興奮でその身を震えた。
だが、その高揚感が絶望に変わるまでにはあまり時間が掛からなかった。
彼女が前線に出向いた時からもう、あなたに勝算などこれぽっちも無かったのだ。
無力なあなたを前にしてバイオレットは魅惑的な声であなたに囁く。
あなたのその小さな体に羞恥心と屈辱を与えてあげましょう、と。


●トラックリスト
(プレイタイム総計 01:54:06)


1.力の差 15:09
"その体の隅々まで、徹底的に、辱めてあげましょう。"
微動だにできないあなたを無表情で戯弄するバイオレット。
初めてあなたの体に触れる理性の手はとても柔らかくって、強烈だった。
(シチュエーション:手コキ)


2.徹底的な屈辱 19:56
"いかがですか?まるで犬のように地面に四つん這いになっている上に、敵に後ろをがら空きしにして手コキされている自分の姿への感想は?"
バイオレットの望みは甲斐なく、また遭遇した二人。
彼女は今度こそあなたを徹底的に辱めを受けさせると心に決めた様子。
この上ないほどの恥ずかしいポーズを取りながら羞恥に身を震わすあなた。
しかし、彼女のいやらしいお仕置きはたった今始まったばかりだった。
(シチュエーション:手コキ)


3.ヒーロー潰し 21:40
"自分一人だけが気持ちよくなる行為なのに、こんなに下手では…童貞は救いようがありませんね。"
バイオレットによって散々恥ずかしい目にあったあなただったが、それでもあなたはヒーローをやめることができなかった。
そんなあなたの根性にバイオレットは飽きながらも興味を持ち、一つ賭けを提案する。
その内容はあなたに有利すぎる、あまりにも偏頗的な物だった。
この条件なら、あなたの意志さえあれば彼女に勝つなどたやすいはず。
勝負が始める前までは、そのはずだった。
(シチュエーション:尻コキ、太ももコキ)


4.八つ当たり 18:08
"みっともないその姿、結構気に入りますね。あなたにとってもお似合いです。"
いつものごとく、一方的にバイオレットの力に圧倒され地面に突き飛ばされるあなた。
それはいつもの展開だったが、今回の彼女のお仕置きはいつも以上に力が入っている。
冷たい表情であなたを見下ろすバイオレットと、そんな彼女を見上げることしかできないあなた。
あなたは今度もただ、この魅惑的な敵に蹂躙されるだけだ。
(シチュエーション:足コキ、スマタ)


5.断れない提案 20:27
"まさかあなたに選択権があるとでも思ったんですか?
そんなはずないでしょう?"
ヒーロースーツを着ていないあなたの前に突然現れたバイオレット。
緊張のあまりに身動きすらまともにできなくなったあなたとは違い、彼女は余裕なしぐさであなたに言葉を掛けてきた。
相変わらず警戒し続けるあなたにバイオレットは穏やかな表情で用件を言い出す。
それはあなたの予想を遥かに超えた提案だった。
彼女の提案は男としては嬉しいものだが、ヒーローとしては不当極まりないもの。
混乱しているあなたの心に、まるで毒のように奥深くまで染み込むこの感情は…?
(シチュエーション:騎乗位)


6。彼女だけの…? 15:10
"はあ、そろそろ慣れてくる頃のはずですが、相変わらず手が焼ける人ですね、あなたは。口付けが終わったらそのまま私の足にご奉仕しなさい。"
二人の関係は大きく変化したものの、相変わらず二人の間の「愛」は一方的なものだった。
だが、最近になってはあなたもなんとなく分かってきた。
これが彼女なりの愛情表現だってことを。
(シチュエーション:騎乗位)


7.エピローグ 03:33



●本編内容
・本編(WAV, MP3)
・おまけ(台本、イラスト)


●こういう方にお勧めいたします。
・過激ではないソフトな女性上位ジャンルを好む方
・耳を擽るような囁きをメインとした作品を探している方
・逆転は無くても、ヒロインがあなたを愛する故に虐めるのだと思う方


●キャスト

・声優
一之瀬りと 様 (https://ichirito.jimdo.com )

・イラスト
ReBe-111H 様 (http://pixiv.me/rebe11_h )

・音声編集
CrackerJaxx 様

・収録
ねこの手スタジオ様


●製作
夢想界 (http://musoukai30.wixsite.com/musoukai )

※作品への意見やお問い合わせはメール(musoukai30@gmail.com)までお願い致します。