もうMではいられないっ!

もうMではいられないっ!

  1. トラック1 01:16
  2. トラック3 02:44
  3. トラック5 02:43
  4. トラック6 01:10

00:00 / 00:00

再生時にサイレントモードでも音が出る場合があります

もうMではいられないっ!

再生回数:-
2019年6月16日公開

埋め込みタグ

★あらすじ
ひそかに思いを寄せていた後輩、凛夏からの告白。晴れて両想いとなった二人。
凛夏は大好きな先輩のマゾという性癖を受け入れ、必死にご主人様を演じてくれる。
理想の恋人、理想のパートナー。
けれど凛夏は普通の恋人同士のように結ばれたいという本心を隠していた。
ご主人様としての凛夏、恋人としての凛夏。本心を知った時、先輩が選んだのは――
かわいい彼女の為なら、もうMではいられないっ!

★トラック内容
トラック1
本編前のあいさつ
トラック2
プレイ:電話しながら足コキ、オナニー鑑賞(射精なし)。
行為の最中、かかってきた電話に出る凛夏。お仕置きを期待して先輩は通話中の凛夏にいたずらをかける。
通話後、期待通りに凛夏の命令でオナニーをさせられることに。
トラック3
プレイ:騎乗位、射精1回
オナニーで敏感になった状態での騎乗位。先にイけば凛夏に捨てられてしまうという状況に興奮しながら、先輩は必死に耐える。
終盤、演技でボロを出しつつ、同時に絶頂する二人。
プレイ後、恋人らしい普通の性行為をしたいと不安をこぼしながら、ご褒美をねだる凛夏。
トラック4
場所:路上
手つなぎデート。
前回のプレイのご褒美として先輩とデート。食事の後、先輩と初めてあった場所で凛夏は今も変わらない思いを先輩に告げ、恋人らしい性行為が出来ないと知りながら、それでもホテルへと誘う。
トラック5
プレイ:耳舐め手コキ、射精1回
場所:ホテル
案の定、先輩に再びご主人様を演じることを頼まれる凛夏。分かっていても落胆してしまう気持ちを隠しつつ、今回はボロを出す事無くご主人様を演じ切り、先輩を射精へと導く凛夏。
その後、たとえご主人様の演技をしたままでも、先輩と繋がりたいと思うが、あまりの快感に疲れ切った先輩を見て、内心で残念がりながら気にしなくていいと先輩を宥め、せめてものご褒美にとキスをねだる。
トラック6
場所:ホテル
眠ってしまった先輩にご主人様としてではない、SMプレイのパートナーとしてではない、恋人としての自分は本当に必要にされているのか、という不安を吐露し、自らも眠りにつく凛夏。
トラック7
プレイ:立場逆転、正常位、射精1回
場所:ホテル
先輩を気遣い、昨晩のことは気にしなくていいと改めて伝え、帰り支度を進める凛夏を先輩の方から押し倒す。
積極的な先輩に驚きながらも、嬉しさからそれを受け入れ、頼まれたこととはいえ酷い事をするのは辛かった、代わりに先輩にしてきた酷い事を全部、私にもしてほしいとねだる凛夏。
トラック8
場所:路上(通学路)
翌日。一緒に登校。
先日のことを思い出しながら、ちゃんとした恋人同士としていられることを喜ぶ凛夏に先輩は貞操帯の鍵を手渡す。
まるで変わっていないと怒る凛夏だが、以前のような不安はもうなかった。

★その他同梱物
・パッケージイラスト
・ロゴなしパッケージイラスト

★クレジット
 ボイス:藤村莉央 様
 イラスト:めんてい 様
 ロゴ:ささみく 様
 台本/編集:詩野