…ねえ教えて?オオカミさん~森で出会った、獣と少女のヒミツの物語~

…ねえ教えて?オオカミさん~森で出会った、獣と少女のヒミツの物語~サンプル音声

  1. 1.オオカミさんとの出会い 05:42
  2. 2.オオカミさん、大丈夫... 03:25
  3. 4.ブラッシングするね 07:03
  4. 6.少しの川遊び+添い寝 04:07
  5. 8.追いかけっこ 02:32

00:00 / 00:00

再生時にサイレントモードでも音が出る場合があります

…ねえ教えて?オオカミさん~森で出会った、獣と少女のヒミツの物語~サンプル音声

再生回数:-
2019年6月24日公開

埋め込みタグ

「森で出会った可愛い少女と、ひと時の安らぎを体験してみませんか?」

*本作は童話をオマージュとした設定物での全年齢作品となります。

【 物語の概要 】

森で倒れていたオオカミ
そこへ通りかかった一人の少女。
横たわる獣に呼びかけてみるも返事がない

赤いずきんを被っていた少女は、小さくか弱い力で一生懸命オオカミを運び
自分の住む家の近くの小屋まで運び入れる。
怪我をしているオオカミを介抱しながら、少女はオオカミに色々な事を教えてもらい少しずつ打ち解けて行く


----------------------------------------------
■主人公(リスナー)

記憶を失って森で倒れていた貴方には、以前の記憶がありません
自分が何故、オオカミの姿をしていて、何故この森で怪我をして倒れていたのか。
しかし、様々な知識など覚えている記憶はたくさん残ったままです。
オオカミでありながら、他のオオカミとは違い理性や知性もある中で、1人の少女と出会う事になります
----------------------------------------------

■ソフィア (ヒロイン)

森の奥で、体が不自由なおばあちゃんと二人暮らしをしている10歳程の少女
普段は、森から離れた街までお使いに行ったり、おばあちゃんのお世話をしています。

好奇心が旺盛で、普段は同年代の友達と遊ぶ事もないので、少し淋しがりな一面も。

自分で読み書きの勉強もしている為、少しだけ絵本が読めるように。

いつも赤いずきんを被っているので、周りの人からは、赤ずきんと呼ばれる事が多くなります。
----------------------------------------------

作品公式サイト