『やさしい楽園』 -イグニスの章-

『やさしい楽園』 -イグニスの章- 体験版

  1. サンプル1 01:58
  2. サンプル2 02:06
  3. サンプル3 01:46

00:00 / 00:00

再生時にサイレントモードでも音が出る場合があります

『やさしい楽園』 -イグニスの章- 体験版

再生回数:-
2019年5月30日公開

埋め込みタグ

貴女がワタシに還るとき

【キャラ設定】
名前:エンキドゥ(Enkidu) CV:平井達矢(ひらいたつや)
年齢:不詳
身長:179cm
体重:72kg
風貌:銀髪、二本の黒い角を持つ。
人形師。自身のアトリエを持ち、素材の調達から組み立てまですべてを行う。凝り性なため時には服も作ってしまう。
物腰柔らかで生真面目。三きょうだいの長兄。弟子が一人いる。
最高の人形を作るために模索を続けているが、自分には飛び抜けた才能はないと思っている。
クローゼットにしまっている“特別な一体”は、まだ完成していない。


ドアを開ける音ではっとした。
どうやって帰り着いたのか、気づけば自室の前にいた。
電気も点けず、フラフラとベッドへ倒れ込む。
確かに何かがあったのに、霧がかかっているように上手く思い出せない。
心地よさだけが、胸に溢れている。
とても大事なことだった気がして、夢の裾を掴みたくて、瞼をとじる。

暗闇に輝く一筋の銀糸。
そう。誰かがいた。
美しい銀髪だった。
そして頭には黒い……。

彼の瞳を思い出した瞬間身体が跳ねた。
唇に、口内に、喉に、あのときの感覚が呼び起こされる。
同時に、左手に何か握り込んでいると気がついた。
不思議な模様の鈴だった。
「君が望めばまたここに辿り着けるよ。俺はいつでも、このアトリエにいるから」

鈴は綺麗な音色をひとつ奏でた。

【あらすじ】
失敗や不運が重なり落ち込んでいた貴女は、気分転換のためカフェに寄ろうといつもの扉を開けた——はずだった。
しかし出迎えたのは黒い角を持つ男で、ここは彼のアトリエだという。
彼が人ではないとわかっても、その力強い眼差しに惹かれてしまった。
優しい口づけは全身を甘い快楽〈エナジー〉で満たしていく。
特別な人形の完成には、あと一つ。
抑えきれない淫欲に戸惑う貴女の胸には、彼が指で描いた聖杯の紋様が浮かんでいた。

tracklist
01.逢魔のアトリエ
02.再訪/アン・ジッヒ
03.互酬/フュール・ジッヒ
04.ガラテイア
05.孵化/アン・ウント・フュール・ジッヒ
06.天魔の集い
07.魂のゆりかご


原作・シナリオ:五島美雨(ごとうみう)
キャラクターデザイン・イラスト:えまる・じょん
時間:77:45
出演:平井達矢(ひらいたつや)
マイク:全編ダミーヘッドマイク収録
ジャンル:18歳以上推奨音声作品
公式サイト:https://www.odessa.co.jp/davrilmoon/
Twitter:@davrilmoon