オタクの俺に中だしさせまくる、巨乳ツンギャル 前編

18禁

オタクの俺に中だしさせまくる、巨乳ツンギャル 前編

再生回数:-
2024年4月3日公開

埋め込みタグ

本編を20ページまで読むことができる体験版です。

店のアルバイトの巨乳ツンギャルが家出して路頭に迷っていたので、部屋で保護したら、いきなりデレて俺に告白したので、処女ま●こに中だししまくる話。

店のアルバイトの巨乳ツンギャルが家出して路頭に迷っていたので、部屋で保護したら、いきなりデレて俺に告白したので、処女ま●こに中だししまくる話。

この書店に配属されて時に新人研修担当としてついてくれたのが蒼だった。
美人で胸も尻も大きく、スタイル抜群の彼女が担当で嬉しかったが、
どうも俺は嫌われているらしく、何かにつけてきつい対応を取られていた。
美人だけどかなりきつい性格で、悪い連中とも付き合いの噂があるギャルバイト。
彼女のイメージはそんなところだった。

その日は仕事を終えて店を出たのは0時をまわっていた。
夕方には仕事を終えて店を出たはずの蒼が、人のいない商店街を歩いてくる。
「い、行くところなくて・・・」
泣きながら話す彼女の話では、どうやら家出して友人のところに行ったが、
友人の家族から家に帰るように言われ、路頭に迷っていたようだ。

「もし迷惑でなければ、今夜だけでもここにいていい?」
どうしても今日は帰りたくないらしい。
俺は蒼の家に友人宅に泊まると連絡することを条件に、泊まっていくことを了解した。

「私もこのマンガ大好きなんだ」
俺の持っているほとんどの漫画や本を蒼も読んでいた。
「私も青木さんと同じで、実はけっこうオタクなんだよ」
趣味が同じ事がわかり、俺達は時間を忘れて話し込んでしまった。

突然の告白。
キスを求めてくる巨乳ツンギャルの誘惑に負けて、口内を激しく吸い上げてディープキス。

風呂から出てきた巨乳ツンギャルが、恥ずかしそうに、裸身を見せつけて誘惑してくる。
普段は冷たい対応の巨乳ツンギャルの足を大きく開かせて、処女ま●こを、愛液が噴き出すまでクンニ責めして強制絶頂。

ツンギャルが生中だしを自ら望んでくるツンギャル。
生ちんぽをツンギャルの処女ま●こに挿入して、時間をかけて開発。
次第に絶頂を繰り返して喘ぎまくるように。

中だし後のお掃除フェラはパイズリで。
次第に巨乳ツンギャルが自らち●ぽを求めてくるように。


本編
全96ページ
ストーリー画像 45枚
おまけ画像 6枚
テキストなし画像 45枚

作品公式サイト