息子への愛と強いタブー感に戸惑うはは

18禁/近親相姦
息子への愛と強いタブー感に戸惑うはは

  1. sample 09:59

00:00 / 00:00

再生時にサイレントモードでも音が出る場合があります

息子への愛と強いタブー感に戸惑うはは

再生回数:-
2019年5月14日公開

埋め込みタグ

アダルトボイスドラマ制作サークルMooNSHINeRの物語重視音声作品LOVEWhisper「はは」編第10作は、夢精した息子にオナニーを教えるうちに近親相姦にハマっていく若い母親の物語。

父親が単身赴任しているあなたは、優しい母親と二人きりで生活している。
実際の年齢よりも若々しく、しかもかなりの巨乳である母親を内心、自慢に思っている。

ある日、あなたもついに精通する日が来た。
夢精による精通をしたあなたは、まだそれがなんなのかわからない。
もちろん、すぐに母親に相談する。

「変なオネショをしてしまった」
そう言うあなたに、母親は「心配ないわ」と語りかけ、そして。

あなたに、射精する方法を教えてくれる。
ペニスを扱いて、オナニーで性欲を処理する方法を、その手で直に教えてくれた。

それが、あなたと母親の、近親相姦の始まり。

大好きな母に気持ち良くしてもらって、自分で無駄にオナニーなどできるはずがない。
あなたは毎晩のように、母親に手コキを求め、様々な射精方法を求め、ついにはセックスを求めていく。

しかし、母は近親相姦へのタブー感が強く、あなたの求めに戸惑うばかり。
そして思いついたのが、アナルセックスという危なすぎるセックスの逃げ道。

童貞のあなたは、母とのセックスが肛門性交であることに気付かない。
それで満足していた……あなた自身は。

では、母は?
夫の単身赴任で、性欲を持て余していた妻は、息子の若い肉欲にいつまで抗うことができるのか。