現在もいつかもふぁるなルナ

現在もいつかもふぁるなルナ
■□■ストーリー■□■ この世界——人間界と並行して存在していた、魔法使いの暮らす『魔法界』。 ある時を境に人間界と魔法界の相互の行き来が可能になり、 人間界には様々な変化が生じた。普通の人間が、魔法を使えるようになり始めたのだ。 それを機に人間界と魔法界は協力して、魔法使いを育成する学園を作ることにした。 そのうちのひとつ、「桜月学園」に転入してきた「一之瀬心」は、女の子の近くで くしゃみをすると大変なことになってしまう、困った才能の持ち主だった。 心も魔法を使えるようになった一人。 しかし学園の理事長兼生徒会長であるアルテミスは、心の魔法の才能は 稀有なものであると伝える。心の魔法の力は、魔法界の王族に匹敵するランクだったのだ。 心は妹のみさきと共に学生寮「時乃荘」に入ることになり、新生活をスタートする。 そこで待っていたのは個性豊かな女の子たち。何を隠そう、心は女の子が大好きだった。 そう、大好きなあまりに、子供の頃から女装して生活しているほどに。 誰も気がつかないほど、完成された心の女装とは!? そんな心がまともに恋をすることが出来るのか!? 頑張れ一之瀬心、きっと未来は君の手の中にある! 注・あくまでもこのゲームは、恋と魔法と女装で構成されています。 ■□■登場キャラクター■□■ 【正義の方向音痴】 ●秋野宮 茜(あきのみや・あかね) CV:ヒマリ 身長:156cm BWH:83/ 59/ 86 魔法学園の転入生。明るく元気かつ優しい性格で、人のために魔法を使いたいと思っている。 魔法の力はBランクで、学園の生徒の中でも才能があるほう。 極度の方向音痴で道に迷っていたところを心に案内してもらって好感を抱くが……。 心と同様に時乃荘に入寮し、しっかり者であることから寮長となる。 何だかんだで面倒見のいい性格と、家事の上手さで寮生たちの生活を支える。 【恋は一途にまっしぐら、天文少女の2番目ちゃん】 ●三月 藍海(みつき・あいみ) CV:葉村夏緒 身長:158cm BWH:86/ 58/ 88 心の前の学園のクラスメイトで、同じ天文部に所属していた。 心と同時期に魔法使いの力に目覚めており、同じように桜月学園に転入してきた。 心のすることは何でも寛容に許してしまう、仏のような寛容さを持つ少女。 耳年増のようで、大人の話題には敏感。自分から振ることもしばしばである。 魔法の才能は茜と同程度だが、性格の違いがそのまま魔法使いとしてのタイプの違いになっている。 天体観測が趣味で、桜月学園にはなかった天文部を新しく作ろうと行動を起こす。 【大鎌(カーバンクル)を振るう、最強の生徒会長】 ●アルテミス・フォン・オトワール CV:倉田まりや 身長:155cm BWH:85/ 59/ 84 桜月学園の理事長で、生徒会長でもある少女。 素性を隠しているが、正体は魔法界の王女の娘で、純血の魔法使い。 高潔な精神を持ちながら心優しく、親しみやすい性格。周囲の人には『アルテ』と呼ぶように言う。 王女でありながら、学園の秩序を守るために自ら奔走している。 生徒には彼女を崇拝し、そうでなくても尊敬する者が多い。 魔法使いとして全力で戦うときは『カーバンクル』という鎌状の魔法の杖を振るい、魔法を行使する。 カーバンクルは人型を取ることができ、日頃はアルテミスに付き添う侍女として振舞っている。 【自由気ままな悪の黒ネコ!?】 ●花音・メルセデス(かのん) CV:青葉りんご 身長:142cm BWH:70/ 53/ 74 魔法界の貴族の生まれであり、プライドが高い。 アルテミスに対してライバル意識を持っていて、ことあるごとに勝負を申し込んでは負けている。 魔法界には「私利私欲のために魔法を使うと罰が与えられる」という決まりがあり、 ふとした拍子にネコになるという罰を与えられている。 心の魔力がアルテミスに匹敵することを知り、その力に目をつけて接触してくる。 【女装・暴走・主人公!】 ●一之瀬 心(いちのせ・こころ) CV:桃井いちご 本作の主人公。 幼い頃より自らの意思で女装をしていて、女装を続けてきた結果として今では外見は見事な美少女に。 服は女物しか持っておらず、女性としての身だしなみも完璧。胸パットなども使用。 声も低くならず、たいていの人は女の子だと信じて疑わない。 ただし、中身は男のそのままで、女の子大好きで、 女子の領域に堂々と入っていったりする変態チックなところがある。 完璧な女を目指しているが、男の心も持ち合わせていて、 本人としてもそこらへんは複雑な思いを抱えているらしいが……。 元は普通の人間だったが、人間界と魔法界が「リンク」した際、魔法を使えるようになった。 そのため、魔法使いを教育する学園「桜月学園」にこの春から転入することになり、 そこでヒロインたちと知り合うことになる。 主人公はその魔法の制御が上手くいかず、たびたび暴走してしまう。 クシャミひとつで魔法が暴走。 欲望がそのまま忠実に現れ、周りいた女の子を巻き込み風が吹いてスカートを捲りあげたりも。 ●フェアリー CV:氷室百合 魔力を取り入れて生きている、花の化身の少女。 並外れて魔力が多い心のことが気に入り、時折飛んでくるようになる。 魔法を食べるという性質から、騒動を鎮静化するときに活躍することもある。 その小ささからつぶされたり、気付かれなかったりするがめげない強い子。 ●一之瀬 みさき(いちのせ・みさき) CV:桃井いちご 主人公、心の妹。こちらは正真正銘の女の子。 兄と同じ時期に魔法の力に目覚めて、一緒に桜月学園に転入する。 小さなころはお兄ちゃん大好き娘だったが、今は顔を合わせると良く喧嘩になってしまう。 本当は男性の格好も似合うにもかかわらず、女の子と仲良くしたいという軟弱な理由で 女装する兄が許せない。しかし心に上手く丸め込まれてしまい、 兄と妹の過剰なスキンシップ(性的な意味ではなく)をされてしまう可哀想な娘。 ●カーバンクル CV:湖月紅れ葉 アルテミスが全力で魔法を使うときに使う魔法の杖で、正体は大鎌のような姿をしている。 800年近く過ぎたあたりから魔法によって人格を宿し、人間の姿を取ることもできるようになった。 ふだんは侍女としてアルテミスの傍に控えている。 厳格な性格だが、全く融通が効かないわけではない。 アルテミスの言うことには完全に従い、彼女の健やかな成長を見守っている。 傘は彼女の一部で、屋内でも常に差し続けている。 ●魔堂 潤(まどう・じゅん) CV:葵時緒 時乃荘の唯一の男子……なのだが、実は元女性。魔法で男になった。 落ち着いた性格だが、心が困っているところを見ると楽しむようないたずらっぽいところもある。 ゲームが好きで、心に貸してもらったゲームにハマってしまい、生活の一部になってしまうことも。 男友達が少ない心にとっては、まさに心の友と呼べる存在となる。 ●カヤ CV:藤乃理香 ???????????????????????

現在もいつかもふぁるなルナ

再生回数:-
2015年7月23日公開

埋め込みタグ

■□■ストーリー■□■
この世界——人間界と並行して存在していた、魔法使いの暮らす『魔法界』。
ある時を境に人間界と魔法界の相互の行き来が可能になり、
人間界には様々な変化が生じた。普通の人間が、魔法を使えるようになり始めたのだ。

それを機に人間界と魔法界は協力して、魔法使いを育成する学園を作ることにした。
そのうちのひとつ、「桜月学園」に転入してきた「一之瀬心」は、女の子の近くで
くしゃみをすると大変なことになってしまう、困った才能の持ち主だった。
心も魔法を使えるようになった一人。
しかし学園の理事長兼生徒会長であるアルテミスは、心の魔法の才能は
稀有なものであると伝える。心の魔法の力は、魔法界の王族に匹敵するランクだったのだ。

心は妹のみさきと共に学生寮「時乃荘」に入ることになり、新生活をスタートする。
そこで待っていたのは個性豊かな女の子たち。何を隠そう、心は女の子が大好きだった。
そう、大好きなあまりに、子供の頃から女装して生活しているほどに。

誰も気がつかないほど、完成された心の女装とは!?
そんな心がまともに恋をすることが出来るのか!?
頑張れ一之瀬心、きっと未来は君の手の中にある!

注・あくまでもこのゲームは、恋と魔法と女装で構成されています。

■□■登場キャラクター■□■
【正義の方向音痴】
●秋野宮 茜(あきのみや・あかね) CV:ヒマリ
身長:156cm BWH:83/ 59/ 86
魔法学園の転入生。明るく元気かつ優しい性格で、人のために魔法を使いたいと思っている。
魔法の力はBランクで、学園の生徒の中でも才能があるほう。
極度の方向音痴で道に迷っていたところを心に案内してもらって好感を抱くが……。
心と同様に時乃荘に入寮し、しっかり者であることから寮長となる。
何だかんだで面倒見のいい性格と、家事の上手さで寮生たちの生活を支える。

【恋は一途にまっしぐら、天文少女の2番目ちゃん】
●三月 藍海(みつき・あいみ) CV:葉村夏緒
身長:158cm BWH:86/ 58/ 88
心の前の学園のクラスメイトで、同じ天文部に所属していた。
心と同時期に魔法使いの力に目覚めており、同じように桜月学園に転入してきた。
心のすることは何でも寛容に許してしまう、仏のような寛容さを持つ少女。
耳年増のようで、大人の話題には敏感。自分から振ることもしばしばである。
魔法の才能は茜と同程度だが、性格の違いがそのまま魔法使いとしてのタイプの違いになっている。
天体観測が趣味で、桜月学園にはなかった天文部を新しく作ろうと行動を起こす。

【大鎌(カーバンクル)を振るう、最強の生徒会長】
●アルテミス・フォン・オトワール CV:倉田まりや
身長:155cm BWH:85/ 59/ 84
桜月学園の理事長で、生徒会長でもある少女。
素性を隠しているが、正体は魔法界の王女の娘で、純血の魔法使い。
高潔な精神を持ちながら心優しく、親しみやすい性格。周囲の人には『アルテ』と呼ぶように言う。
王女でありながら、学園の秩序を守るために自ら奔走している。
生徒には彼女を崇拝し、そうでなくても尊敬する者が多い。
魔法使いとして全力で戦うときは『カーバンクル』という鎌状の魔法の杖を振るい、魔法を行使する。
カーバンクルは人型を取ることができ、日頃はアルテミスに付き添う侍女として振舞っている。

【自由気ままな悪の黒ネコ!?】
●花音・メルセデス(かのん) CV:青葉りんご
身長:142cm BWH:70/ 53/ 74
魔法界の貴族の生まれであり、プライドが高い。
アルテミスに対してライバル意識を持っていて、ことあるごとに勝負を申し込んでは負けている。
魔法界には「私利私欲のために魔法を使うと罰が与えられる」という決まりがあり、
ふとした拍子にネコになるという罰を与えられている。
心の魔力がアルテミスに匹敵することを知り、その力に目をつけて接触してくる。

【女装・暴走・主人公!】
●一之瀬 心(いちのせ・こころ) CV:桃井いちご
本作の主人公。
幼い頃より自らの意思で女装をしていて、女装を続けてきた結果として今では外見は見事な美少女に。
服は女物しか持っておらず、女性としての身だしなみも完璧。胸パットなども使用。
声も低くならず、たいていの人は女の子だと信じて疑わない。
ただし、中身は男のそのままで、女の子大好きで、
女子の領域に堂々と入っていったりする変態チックなところがある。
完璧な女を目指しているが、男の心も持ち合わせていて、
本人としてもそこらへんは複雑な思いを抱えているらしいが……。

元は普通の人間だったが、人間界と魔法界が「リンク」した際、魔法を使えるようになった。
そのため、魔法使いを教育する学園「桜月学園」にこの春から転入することになり、
そこでヒロインたちと知り合うことになる。

主人公はその魔法の制御が上手くいかず、たびたび暴走してしまう。
クシャミひとつで魔法が暴走。
欲望がそのまま忠実に現れ、周りいた女の子を巻き込み風が吹いてスカートを捲りあげたりも。

●フェアリー CV:氷室百合
魔力を取り入れて生きている、花の化身の少女。
並外れて魔力が多い心のことが気に入り、時折飛んでくるようになる。
魔法を食べるという性質から、騒動を鎮静化するときに活躍することもある。
その小ささからつぶされたり、気付かれなかったりするがめげない強い子。

●一之瀬 みさき(いちのせ・みさき) CV:桃井いちご
主人公、心の妹。こちらは正真正銘の女の子。
兄と同じ時期に魔法の力に目覚めて、一緒に桜月学園に転入する。
小さなころはお兄ちゃん大好き娘だったが、今は顔を合わせると良く喧嘩になってしまう。
本当は男性の格好も似合うにもかかわらず、女の子と仲良くしたいという軟弱な理由で
女装する兄が許せない。しかし心に上手く丸め込まれてしまい、
兄と妹の過剰なスキンシップ(性的な意味ではなく)をされてしまう可哀想な娘。

●カーバンクル CV:湖月紅れ葉
アルテミスが全力で魔法を使うときに使う魔法の杖で、正体は大鎌のような姿をしている。
800年近く過ぎたあたりから魔法によって人格を宿し、人間の姿を取ることもできるようになった。
ふだんは侍女としてアルテミスの傍に控えている。
厳格な性格だが、全く融通が効かないわけではない。
アルテミスの言うことには完全に従い、彼女の健やかな成長を見守っている。
傘は彼女の一部で、屋内でも常に差し続けている。

●魔堂 潤(まどう・じゅん) CV:葵時緒
時乃荘の唯一の男子……なのだが、実は元女性。魔法で男になった。
落ち着いた性格だが、心が困っているところを見ると楽しむようないたずらっぽいところもある。
ゲームが好きで、心に貸してもらったゲームにハマってしまい、生活の一部になってしまうことも。
男友達が少ない心にとっては、まさに心の友と呼べる存在となる。

●カヤ CV:藤乃理香
???????????????????????

作品公式サイト