哀願する魔法少女 ~信じてください!~

哀願する魔法少女 ~信じてください!~ 主題歌「アイシテル」

  1. アイシテル Short ver. 01:49

00:00 / 00:00

再生時にサイレントモードでも音が出る場合があります

哀願する魔法少女 ~信じてください!~ 主題歌「アイシテル」

再生回数:-
2016年8月30日公開

埋め込みタグ

■ストーリー
彼女を信じていたのに!
一人の魔法少女が原因で人類の半数が死滅する危機に。

悪の組織により回避不能の大量殺戮兵器
「マジカル・ナノマテリアル・ウエポン」(M・N・W)が使用される。

人類に対する史上最悪の裏切り行為を働いたのは、正義の象徴「魔法少女リナ」だった。
彼女が悪の組織へ機密情報を流したために、恐怖の殺戮兵器が作られたのだ!
敵が兵器を完成させるまでの、猶予時間はあと一週間!
兵器の使用を止めるために、主人公は
裏切り者「魔法少女リナ」から敵基地の場所を聞き出さなければならない。

だが、リナに想いを寄せていた主人公は、彼女が裏切り者とは信じられなかった。
主人公は、リナが本当に裏切ったのか、真偽を確かめるために捜査を開始する。
彼女の疑いを晴らすために奮闘する主人公だったが、
リナの経歴詐称や過去の因縁を証明する、不利な証拠ばかりが現れる。

しかたなく、尋問し、説得し、脅迫するも、何も知らない、信じて欲しいとだけ訴えて
リナは頑なに口を閉ざし続ける。
焦った上層部は、陵辱行為を行ってでもリナに自白させろと、主人公に命令する。
好きな女の子に対し、任務とは言え性的な陵辱を行っていいものか、揺れ動く主人公。

しかし、黙秘を続けるリナに苛立った主人公は、ついに性的な陵辱行為を働いてしまった。
「何も知らないの、なんでもするから許してください!」と彼女は主人公に哀願する。
許してくれるならと、彼女はどんなに酷いことも我慢して、主人公の要求に従った。

陵辱行為はエスカレートし、ついには組織のスーパーコンピュータも駆使することに。
主人公は、リナの身体を分析して性感帯を見つけ出し、徹底的に責め立てた。
白濁色にまみれ、息も絶え絶えに横たわるリナ。それを見つめる主人公。
気がつけば、喜んでリナを乱暴している、どす黒い狂気を孕んだ自分がいた。

主人公は、飲み込まれてしまいそうな自分の闇の深さに驚愕した。
だが、人類に残された時間はもうあと僅か。すでに引き返すことは出来ない。
民衆はM・N・ウエポンの恐怖に怯えており、いつ暴動が起こってもおかしくない。
益々混乱を極める民衆だったが、それは正義の組織も同じだった。

皆を救うためには、リナから基地の場所を聞き出すしか方法はないのだ。
リナがどんなに許しを請うても、もはや主人公にはこれしか道は残されていない。
それなのに、恐怖に怯えるリナを見下ろすと、主人公は欲望を抑えきれなかった。

『これは本当に正義の行いなのか?』

作品公式サイト