音源素材 いつまでもずっとこの場所で。

音源素材 いつまでもずっとこの場所で。

  1. いつまでもずっとこの場所で。 02:24
  2. いつまでもずっとこの場所で。_キーボードあり 02:24

00:00 / 00:00

再生時にサイレントモードでも音が出る場合があります

音源素材 いつまでもずっとこの場所で。

再生回数:-
2018年7月29日公開

埋め込みタグ

 商用利用可の音源素材です。サンプルではモノラルで音質を落としていますが、製品版はステレオ、高音質となっています。

 絶望の向こう側を曲にできないかと思い作りました。
『希望とは最も無価値なものだ』と、いう言葉をどこかで見た覚えがあって、意味としては『どんなに絶望し、ほかに何がなくても希望だけは最後まで残る』という意味だったかと。どんな状況でも希望はいつまでも宿り続けるから、そんなに価値あるものではないよ。いつもそこにあるしね。って意味だったかと思うんだけど、そんな最後まで残るはずだった希望さえもとうに潰えた後の話。

 例えば、もう四肢は切断されてなく、ただ、死を待つのみ。助けられたところで生きるビジョンがもう見えない。といった感じの、どうあがいても絶望。といった感じが出てるのではと思います。

 ゲームとかで使うなら、頑張ってラスボス倒したけど、じつはそれが世界破滅の引き金で、もう引き返すことも、やり直すこともできない。とかって感じの後のエンドロールの曲とか。そんな感じにはハマりそうかな。

曲のイメージ

 このタイトルを見た時。あなたはきっと、愛し合う二人が家を構えてそこで幸せな家庭を作るような、そんなハッピーな景色を思い浮かべたことだろう。が……残念ながらそういうお話ではない。

 凶悪な何かに追い詰められ、逃げ込んだ場所に徐々に徐々に近づいてくる足音。押入れの中かもしれないし、机の下かもしれない。とにかくあなたは隠れ、彼らはあなたを探している。自分の服の擦れる音、あるいは足元の何かをこする音、もしかしたら自分の呼吸、もしかしたら自分の鼓動、とにかく自身の存在を示す音を消すことに必死になり力んでいた。

 そのいずれかの音が……誰かの耳に入る。

 足音が一歩、一歩と近づく。

 相手の気配が強くなるにつれ、自分の鼓動が何よりも大きく聞こえるようになってくる。

 通り過ぎてくれという願い。

 まったく反映されない足音。

 1秒という時間が、永遠のように感じられてしまう狭い場所にあなたは追い詰められていた。

 そう。いつまでもずっとこの場所で……。 

作品公式サイト