はるまで、くるる。
■ストーリー とある事情。 とはいっても、それがどういう事情によるものなのかは、俺にも説明不可能なんだけど……。 とにかく俺は4人の女の子達と人里離れた場所で長い春休みを過ごすことになってしまった。 どれだけ人里離れているかというと、まずコンビニなんかは当然ない。 携帯だってないし、やけに性能のいいノートパソコンは山のようにあるけど、ネット環境はない。 そこにあるのは、温泉宿みたいな大きな寮舎と、廃校寸前っぽい校舎。 休み中の田んぼと、実った冬野菜が並ぶ畑。 遠くに見えるのは雪を頂いた青い山脈と、綺麗に澄んだ海。 ……そして、空の果てまで続く、見たことのないほど高い、用途不明の煙突。 ファンタジックな出来事も、SFちっくな出来事も、ミステリーみたいな出来事もなく、 それなりにいろいろありながらも俺は4人の女の子と平穏な毎日を過ごしていたつもりだったが、 それは大きな間違いだった。 女の子の1人。無茶なことをしがちな静夏が、唐突に言ったのだ。 「ここをこの男のハーレムにするわ!」 ハーレムって言ったら、あの……その……。ええええっ?! いったいハーレムが何を意味するのか、俺は服を脱ぎ始めた静夏に教えられることになって……。 ■登場キャラクター ●和葉 静夏 (CV:竹岡美柳) お嬢様口調の女の子。 気が強くて押しの強いリーダー気質な性格。 我が強いせいでとっつきづらい性格にも見えてしまうが、実は誰よりも他人のことを気遣っている。 いろいろ考えてから行動するのだが、タイミングが唐突なため 突飛で周囲からズレていると思われることも多い。 食べることが大好きで、食事の時間はいつも幸せ。 嫌いなものは何もなく、マズい料理からも幸せポイントを探し出して楽しむ。 ●仁燈 春海 (CV:芹園みや) 生真面目な委員長タイプの女の子。 みんなに規律ある生活をさせようと奮闘する。 炊事を担当し少ない食材でがんばっている。 植物について博学なため、畑から野菜を取ってくるだけでなく、 しばしば山に出向いて山菜を調達することも。 みんなのまとめ役を積極的に引き受ける一方で、 みんなには絶対に言えない欲求を抱え込んで苦しんでいる。 ●未木 秋桜 (CV:かわしまりの) 一人称が『ボク』の女の子。 孤独を愛するさわやかな性格。しかし内面は乙女で寂しがり屋。 他人に左右されたくない、と思う一方、放っておかれるのも嫌い。 釣りが大好き。釣竿を持って海に行き獲物を釣るのが日課で、 動物性たんぱく質が不足がちな、みんなの食生活の改善に燃えている。 読書も大好きで、今は校舎の図書室にあったホームズシリーズを熱心に読んでいる。 ●士蓮 冬音 (CV:青葉りんご) いつもくだらない冗談ばかり言っている女の子。 何事にも動じない性格。 弱々しい態度を見せることもあるが大概は嘘で、 みんなの心を和ませるために、わざとそうした行動をとっている。 その一方で、自分自身の心の痛みなどには鈍感で、気づいた時には大事になってしまうこと。 秋桜にホームズシリーズの読む順番を講釈するなど、小説に関して詳しい一面を持つ。