ふぃぎゅ@メイト
■□■ストーリー■□■ 『阿騎馬町(あきばちょう)』 …… 全国のオタクたちが聖地として巡回することを望む場所。 通称アキバロード ごく一般的なオタク『渡馬 景護(とばけいご)』は毎日のようにアキバロードに入り浸り、 同人誌を値踏みし、エロゲーを物色し、美少女フィギュアを買い漁る充実した日々を送っていた。 中でもお気に入りは現在絶賛放送中のアニメ 『恋するシルクハット〜マジ狩る怪盗メメ子〜』関連のグッズ。 そんな彼が手に入れたメメ子フィギュアは…… 本物の魔法少女が乗り移ったメメ子フィギュアだった。 禁断魔法を使ったせいでこの世界に来たという魔法少女は、 問答無用に自己中心的に話を進め、しまいには元の身体に戻るために 「その“セイエキ”とか言う液体を私にかけて」 と言ってくる始末。 大好きなキャラクターに生では言われたくない言葉に、困惑する渡馬はどうするのか!? そして二次元にしか存在しない魔法少女が、 オタクの集まる町阿騎馬町に降り立たてば、一体どうなってしまうのか!? 奇妙なフィギュア魔法少女とオタクの、熱く濃い夏が始まる。 ■□■システム■□■ 『フィギュ@メイト(ふぃぎゅあっとめいと)』は フィギュアの体となってしまった魔法少女・イフリナに、 「精液をかけて元の体に戻してあげる」 ゲームです。 元の姿に戻るためには主人公の精液が必要ということで、 イフリナは魔法で主人公の妄想を具現化して、精液を出すお手伝いをしてくれます。 しかし、妄想するためには素材が必要です。 そこで店で手に入れたガチャフィギュアを使ってイフリナの体を改造し、妄想に励むことになります。 さあ、イフリナに大量の精液をかけて、早く元の体に戻してあげましょう。 Let's ぶっかけ!! ●ゲームの基本的な流れ 【ガチャ機を回してフィギュアを入手】 ガチャ売り場へと移行し、フィギュアを購入します。 フィギュアの基本的な入手はここで行います。   ↓ 【入手したフィギュアを改造】 集めたフィギュアを改造します。 パーツの組み合わせにより新たなフィギュアを作り出す事も可能です。   ↓ 【改造したフィギュアで妄想】 完成したフィギュアで妄想開始! あんな事やこんな事も妄想の中でならタイホされません。安心です。   ↓ 【妄想した事によるイフリナとのH】 具現化してHをするとエーテル体(魔力)が回復します。 ■□■登場キャラクター■□■ ●炎道イフリナ (CV:青川ナガレ) フィギュアの身体になってしまった、異世界の魔法少女。 自身が使った禁断魔法「干物魔術」によって、この世界に飛ばされた挙げ句に、 エーテル体が干からびたために肉体を失ったらしい。 本来の身体に戻るために主人公の精液を欲している。 問答無用に傲岸不遜な性格で、とにかくわがまま。 自分の思い通りにならないことが嫌いなので、いつも主人公を振り回している。 得意技は『目から魔法光線』。 しかし、主人公のエロ妄想だけは、ちょっと苦手なようである。 現在身体として使っているフィギュアは、「マジ狩る怪盗メメ子」のカプセルフィギュアで、 主人公のお気に入りキャラクターである。 「渡馬、行けるとこまで行くのよ。私を連れてね!」 ●ハセガワ (CV:幸代彩里) 謎の宇宙ロボット。 突然主人公の家に落下して、そのまま居着いてしまうことになる。 主人公のことを『ご主人様』と呼び、メイドのような振る舞いをしている。 本人曰く優秀なヒューマノイドであり、 有機生命体(人間)に奉仕することを行動理念にしているらしい。 しかしまともにできることは何一つ無く、幾度となく主人公を困らせるばかりである。 無表情で冷静沈着。 無口ではないが、ずれているので突拍子もないことをしでかしたりする。 口から出るのは罵倒と溜息だけ。 とにかくどうしようもないメイドロボ。 どこから来て、なぜ主人公を主人としているのかは謎である。 「トンテキ、おいしいと断定します」 ●カナイ・ジュリアラス (CV:未来羽) イフリナと同じくフィギュアの身体になってしまった魔法少女。 現在身体として使っているフィギュアは「マジ狩る怪盗サリ子」の等身大フィギュア。 フィギュアなので軽い。 温厚でおっとりした性格。 全てを許す包容力を持ち、どんな逆境にも耐え抜けるように思える。 イフリナと同等の力を持った魔法少女だったが、現在はウエイトの差でイフリナに勝っている。 思考が遅く、混乱すると魔法力を暴走させることが多々あるため、 ルギスでは『歩く天災』と呼ばれていた。 ドジで勘違いも多いが、本人はいたってポジティブ。 イフリナとは違う感情の起伏の激しさを持っている。 本来の身体はどこにあるのか不明。 「おっぱいが大きいのは私のせいじゃないですよ〜(泣)」 ●渡馬景護 本ゲームの主人公。ごく一般的なオタク。 ただしフィギュアを加工する技術「魔改造スキル」を持っている。 社交的ではないが、極端に内向的でもない。 慣れた人にはいいたいことを言える。 調子に乗りやすく、失言や失態が多い。 そのつど落ち込み、自己嫌悪に陥りやすい。 なぜかフィギュア魔法少女イフリナを元の姿に戻すために協力することになった。 本人的には意外に乗り気だったりする。 「え、炎道さん、落ち着いてください!?」

ふぃぎゅ@メイト

再生回数:-
2015年6月18日公開

埋め込みタグ

■□■ストーリー■□■
『阿騎馬町(あきばちょう)』

……

全国のオタクたちが聖地として巡回することを望む場所。
通称アキバロード

ごく一般的なオタク『渡馬 景護(とばけいご)』は毎日のようにアキバロードに入り浸り、
同人誌を値踏みし、エロゲーを物色し、美少女フィギュアを買い漁る充実した日々を送っていた。

中でもお気に入りは現在絶賛放送中のアニメ
『恋するシルクハット〜マジ狩る怪盗メメ子〜』関連のグッズ。
そんな彼が手に入れたメメ子フィギュアは……

本物の魔法少女が乗り移ったメメ子フィギュアだった。

禁断魔法を使ったせいでこの世界に来たという魔法少女は、
問答無用に自己中心的に話を進め、しまいには元の身体に戻るために

「その“セイエキ”とか言う液体を私にかけて」
と言ってくる始末。

大好きなキャラクターに生では言われたくない言葉に、困惑する渡馬はどうするのか!?

そして二次元にしか存在しない魔法少女が、
オタクの集まる町阿騎馬町に降り立たてば、一体どうなってしまうのか!?

奇妙なフィギュア魔法少女とオタクの、熱く濃い夏が始まる。

■□■システム■□■
『フィギュ@メイト(ふぃぎゅあっとめいと)』は
フィギュアの体となってしまった魔法少女・イフリナに、
「精液をかけて元の体に戻してあげる」
ゲームです。

元の姿に戻るためには主人公の精液が必要ということで、
イフリナは魔法で主人公の妄想を具現化して、精液を出すお手伝いをしてくれます。

しかし、妄想するためには素材が必要です。
そこで店で手に入れたガチャフィギュアを使ってイフリナの体を改造し、妄想に励むことになります。

さあ、イフリナに大量の精液をかけて、早く元の体に戻してあげましょう。

Let's ぶっかけ!!

●ゲームの基本的な流れ
【ガチャ機を回してフィギュアを入手】
ガチャ売り場へと移行し、フィギュアを購入します。
フィギュアの基本的な入手はここで行います。
  ↓
【入手したフィギュアを改造】
集めたフィギュアを改造します。
パーツの組み合わせにより新たなフィギュアを作り出す事も可能です。
  ↓
【改造したフィギュアで妄想】
完成したフィギュアで妄想開始!
あんな事やこんな事も妄想の中でならタイホされません。安心です。
  ↓
【妄想した事によるイフリナとのH】
具現化してHをするとエーテル体(魔力)が回復します。

■□■登場キャラクター■□■
●炎道イフリナ (CV:青川ナガレ)
フィギュアの身体になってしまった、異世界の魔法少女。
自身が使った禁断魔法「干物魔術」によって、この世界に飛ばされた挙げ句に、
エーテル体が干からびたために肉体を失ったらしい。
本来の身体に戻るために主人公の精液を欲している。
問答無用に傲岸不遜な性格で、とにかくわがまま。
自分の思い通りにならないことが嫌いなので、いつも主人公を振り回している。
得意技は『目から魔法光線』。
しかし、主人公のエロ妄想だけは、ちょっと苦手なようである。
現在身体として使っているフィギュアは、「マジ狩る怪盗メメ子」のカプセルフィギュアで、
主人公のお気に入りキャラクターである。

「渡馬、行けるとこまで行くのよ。私を連れてね!」

●ハセガワ (CV:幸代彩里)
謎の宇宙ロボット。
突然主人公の家に落下して、そのまま居着いてしまうことになる。
主人公のことを『ご主人様』と呼び、メイドのような振る舞いをしている。
本人曰く優秀なヒューマノイドであり、
有機生命体(人間)に奉仕することを行動理念にしているらしい。
しかしまともにできることは何一つ無く、幾度となく主人公を困らせるばかりである。
無表情で冷静沈着。
無口ではないが、ずれているので突拍子もないことをしでかしたりする。
口から出るのは罵倒と溜息だけ。
とにかくどうしようもないメイドロボ。
どこから来て、なぜ主人公を主人としているのかは謎である。

「トンテキ、おいしいと断定します」

●カナイ・ジュリアラス (CV:未来羽)
イフリナと同じくフィギュアの身体になってしまった魔法少女。
現在身体として使っているフィギュアは「マジ狩る怪盗サリ子」の等身大フィギュア。
フィギュアなので軽い。
温厚でおっとりした性格。
全てを許す包容力を持ち、どんな逆境にも耐え抜けるように思える。
イフリナと同等の力を持った魔法少女だったが、現在はウエイトの差でイフリナに勝っている。
思考が遅く、混乱すると魔法力を暴走させることが多々あるため、
ルギスでは『歩く天災』と呼ばれていた。
ドジで勘違いも多いが、本人はいたってポジティブ。
イフリナとは違う感情の起伏の激しさを持っている。
本来の身体はどこにあるのか不明。

「おっぱいが大きいのは私のせいじゃないですよ〜(泣)」

●渡馬景護
本ゲームの主人公。ごく一般的なオタク。
ただしフィギュアを加工する技術「魔改造スキル」を持っている。
社交的ではないが、極端に内向的でもない。
慣れた人にはいいたいことを言える。
調子に乗りやすく、失言や失態が多い。
そのつど落ち込み、自己嫌悪に陥りやすい。
なぜかフィギュア魔法少女イフリナを元の姿に戻すために協力することになった。
本人的には意外に乗り気だったりする。

「え、炎道さん、落ち着いてください!?」

作品公式サイト