PV2
■あらすじ 「あいつら元気かなあ」 窓際に頬杖をつき、松瀬渚はクスクス笑った。 一両きりの電車。 車窓の景色はどんどん緑一色になっていく。 山が近い。 夏休みから卒業までの数ヶ月を、両親から離れ田舎で過ごすことになった渚。 仲の良い友人たちの姿を思い、自然、心は浮き立った。 明るく元気な一臣。 控えめだがしっかり者の光。 少しマセたところのある、一臣の妹・一葉。 渚はこの夏休みが楽しみで仕方なかった。 皆と再会出来るのが嬉しくてならなかった。 だが―― 「……」 ふ、と一瞬。 おかしな感覚が、渚の背筋を這ったような気がした。 なぜだろう? 憂うことなど何もない。 ――何もない、はずなのに。 車内アナウンスが響いた。 ややあって、電車のスピードが落ちていく。 山と水田。 遙か向こうにちらほらと、申し訳程度の民家。 それだけしか見えない寂れた駅のホームに、電車はゆっくり滑り込んでいった。 ……

PV2

再生回数:-
2018年3月20日公開

埋め込みタグ

■あらすじ
「あいつら元気かなあ」

窓際に頬杖をつき、松瀬渚はクスクス笑った。
一両きりの電車。
車窓の景色はどんどん緑一色になっていく。
山が近い。

夏休みから卒業までの数ヶ月を、両親から離れ田舎で過ごすことになった渚。
仲の良い友人たちの姿を思い、自然、心は浮き立った。

明るく元気な一臣。
控えめだがしっかり者の光。
少しマセたところのある、一臣の妹・一葉。

渚はこの夏休みが楽しみで仕方なかった。
皆と再会出来るのが嬉しくてならなかった。

だが――


「……」

ふ、と一瞬。
おかしな感覚が、渚の背筋を這ったような気がした。
なぜだろう?
憂うことなど何もない。
――何もない、はずなのに。

車内アナウンスが響いた。
ややあって、電車のスピードが落ちていく。
山と水田。
遙か向こうにちらほらと、申し訳程度の民家。
それだけしか見えない寂れた駅のホームに、電車はゆっくり滑り込んでいった。

……

作品公式サイト