遥かに仰ぎ、麗しの

オープニングムービー
■ストーリー 大学を卒業して教員免許を取ったものの、教鞭をとる就職先が決まっていなかった主人公、滝沢司に、 上流階級の息女―お嬢様のみが通うことで音に聞こえた、『凰華女学院』から誘いが来る。 一も二も無く、その誘いに飛びついた司だったが、指定された学院の所在地は、 案内状に書かれた『自然に囲まれ風光明媚な』という言葉に偽りこそないものの、 周囲に民家の一軒すら見当たらない半島の果てだった。 日に数本しか通らないようなバス停で降り、半信半疑のまま歩き続けること数十分。 突然視界が開け、何とも時代錯誤な西洋風の広大なお屋敷が姿を現す。 その建物に負けず劣らず、大袈裟な装飾を施された門の柱には、 そこが目指す場所であることを証明するかのように、『凰華女学院』の文字が刻まれていた。 やがて知らされる、真実の数々。 ――ここは学院の『分校』として運営されていること。 ――やんごとなき方々のお家事情などにより、    一般社会から隔離された少女たちのみが在籍していること。 何もかもが初耳な話ばかりだったが、全ては後の祭り。 こうして、世間から忘れ去られたような僻地に建つ女学院を舞台に、 一風変わったお嬢様たちのお相手を務める、司の教師生活が幕を開けた。 ■登場キャラクター ●風祭 みやび (CV:北都南) 単純・短気・短絡的の三冠王。 学院を創設した風祭家の出身。 その言動は一見ワガママに映るが、本人は理事長代理の義務を果たそうと必死。 猫かぶりが得意でエレガントに振舞っているが、ちょっとしたトラブルに直面すると、すぐに化けの皮がはがれてしまう。 一族の期待に応えようとする余り、少々ルールにうるさい。 「平伏しろ労働者。給料下げるぞ」 ●鷹月 殿子 (CV:遠山枝里子) 非常に大人びており、暴走するみやびを不機嫌にさせずに止められる数少ない人間の内の1人。 1つの事に囚われない、自由で大らかな性格。 ただし大らかすぎてなにを考えているのか解りにくく、また、1つの事に捕らわれなさ過ぎてすぐにフラフラとどこかへ行ってしまうのが難点。 しばしば、学院南端にある高台から海を眺めている姿が目撃される。 「風はいいね、せんせ」 ●八乙女 梓乃 (CV:佐本二厘) おしとやかな大和撫子。しかし極度の対人恐怖症。 いつもおどおどと何かに怯えており、唯一心を許した殿子の影に隠れている。 自分から決断する事は少なく、常に周囲に流される。 だからこそ周囲の急激な変化を恐れ、安定した現状に閉塞したいと願っている。 また、場慣れしていないため非常にドジで不器用。 「わ、わたっ、わたくしはっ、貴方が大嫌いですっ!」 ●仁礼 栖香 (CV:井村屋ほのか) 頭脳明晰な上に運動神経にも優れ、文武両道を地で行く優等生。 自分の感情をあまり表に出そうとしないため、クールな印象を与えることが多い。 超が付くほど生真面目かつ几帳面な性格であり、融通がきかないため、影では『委員長』や『寮の標準時』といったあだ名を付けられているが、分校系の学院生たちからは何かと頼りにされる存在。 「私、先生に頼ってしまっている……」 ●相沢 美綺 (CV:安玖深音) 屈託のない笑顔の似合う、天真爛漫な元気娘。 その明るく自由奔放に振舞う姿は、世間一般で言うところの『お嬢様』とは大きくかけ離れた印象を抱かせる。 好奇心の赴くままに行動するトラブルメーカーだが、誰に対しても分け隔てなく接するため、本校系の学院生にも友達が多い。 情報通を自称しており、学院内のありとあらゆる噂に精通しているとうそぶいている。 「にへへへ。これでセンセも共犯だっ!」 ●榛葉 邑那 (CV:風華) 物静かで穏やかな性格を思わせる、眼鏡の奥の優しげな微笑がトレードマーク。 常に控えめで目立つことを好まず、自分の意見を主張することは少ない。 基本的に物事を静観するタイプだがさりげなく思慮深い一言を投げかけることもあり、落ち着いた雰囲気の中に、どこか芯の強さを伺わせる一面を持つ。 学院内の一角にある温室の主であり、そこで珍しい品種のチューリップなどを育てている。 「さようなら、先生。楽しい時間をありがとうございました」 ●リーダ (CV:天川みるく) 本名:リーリア・イリーニチナ・メジューエワ ロシア生まれのメイドさん。愛称はリーダ。 学院を創設した風祭家に代々仕えていた執事の家系。 穏やかで物静かな性格。しかし怒るととても怖い。 家事全般のプロであり、礼儀作法なども完璧にマスターしている。 主人公やヒロインたちの世話を一手に引き受けており、学院内の誰に対しても敬語で話す。 また、理事長代理という立場にあるみやびの、お目付役と教育係を兼ねている。 「みやびお嬢様、大変よくできました」 ●暁 光一郎 (CV:上州トム) 凰華女学院分校に務める教師。 新米である司にとっては先輩にあたり、何かと世話を焼いてくる。 黙って立っていれば知的な雰囲気を漂わせる容姿の持ち主だが、他人を煙に巻くような発言が目立つ上に、さわやかに笑えば歯が光るなど、どこか濃い印象を与えがち。 「じゃあ、選べ司。世界は君の決定を待っている」

オープニングムービー

再生回数:-
2018年8月31日公開

埋め込みタグ

■ストーリー
大学を卒業して教員免許を取ったものの、教鞭をとる就職先が決まっていなかった主人公、滝沢司に、
上流階級の息女―お嬢様のみが通うことで音に聞こえた、『凰華女学院』から誘いが来る。

一も二も無く、その誘いに飛びついた司だったが、指定された学院の所在地は、
案内状に書かれた『自然に囲まれ風光明媚な』という言葉に偽りこそないものの、
周囲に民家の一軒すら見当たらない半島の果てだった。

日に数本しか通らないようなバス停で降り、半信半疑のまま歩き続けること数十分。
突然視界が開け、何とも時代錯誤な西洋風の広大なお屋敷が姿を現す。
その建物に負けず劣らず、大袈裟な装飾を施された門の柱には、
そこが目指す場所であることを証明するかのように、『凰華女学院』の文字が刻まれていた。


やがて知らされる、真実の数々。

――ここは学院の『分校』として運営されていること。

――やんごとなき方々のお家事情などにより、
   一般社会から隔離された少女たちのみが在籍していること。


何もかもが初耳な話ばかりだったが、全ては後の祭り。

こうして、世間から忘れ去られたような僻地に建つ女学院を舞台に、
一風変わったお嬢様たちのお相手を務める、司の教師生活が幕を開けた。

■登場キャラクター
●風祭 みやび (CV:北都南)
単純・短気・短絡的の三冠王。
学院を創設した風祭家の出身。
その言動は一見ワガママに映るが、本人は理事長代理の義務を果たそうと必死。
猫かぶりが得意でエレガントに振舞っているが、ちょっとしたトラブルに直面すると、すぐに化けの皮がはがれてしまう。
一族の期待に応えようとする余り、少々ルールにうるさい。

「平伏しろ労働者。給料下げるぞ」

●鷹月 殿子 (CV:遠山枝里子)
非常に大人びており、暴走するみやびを不機嫌にさせずに止められる数少ない人間の内の1人。
1つの事に囚われない、自由で大らかな性格。
ただし大らかすぎてなにを考えているのか解りにくく、また、1つの事に捕らわれなさ過ぎてすぐにフラフラとどこかへ行ってしまうのが難点。
しばしば、学院南端にある高台から海を眺めている姿が目撃される。

「風はいいね、せんせ」

●八乙女 梓乃 (CV:佐本二厘)
おしとやかな大和撫子。しかし極度の対人恐怖症。
いつもおどおどと何かに怯えており、唯一心を許した殿子の影に隠れている。
自分から決断する事は少なく、常に周囲に流される。
だからこそ周囲の急激な変化を恐れ、安定した現状に閉塞したいと願っている。
また、場慣れしていないため非常にドジで不器用。

「わ、わたっ、わたくしはっ、貴方が大嫌いですっ!」

●仁礼 栖香 (CV:井村屋ほのか)
頭脳明晰な上に運動神経にも優れ、文武両道を地で行く優等生。
自分の感情をあまり表に出そうとしないため、クールな印象を与えることが多い。
超が付くほど生真面目かつ几帳面な性格であり、融通がきかないため、影では『委員長』や『寮の標準時』といったあだ名を付けられているが、分校系の学院生たちからは何かと頼りにされる存在。

「私、先生に頼ってしまっている……」

●相沢 美綺 (CV:安玖深音)
屈託のない笑顔の似合う、天真爛漫な元気娘。
その明るく自由奔放に振舞う姿は、世間一般で言うところの『お嬢様』とは大きくかけ離れた印象を抱かせる。
好奇心の赴くままに行動するトラブルメーカーだが、誰に対しても分け隔てなく接するため、本校系の学院生にも友達が多い。
情報通を自称しており、学院内のありとあらゆる噂に精通しているとうそぶいている。

「にへへへ。これでセンセも共犯だっ!」

●榛葉 邑那 (CV:風華)
物静かで穏やかな性格を思わせる、眼鏡の奥の優しげな微笑がトレードマーク。
常に控えめで目立つことを好まず、自分の意見を主張することは少ない。
基本的に物事を静観するタイプだがさりげなく思慮深い一言を投げかけることもあり、落ち着いた雰囲気の中に、どこか芯の強さを伺わせる一面を持つ。
学院内の一角にある温室の主であり、そこで珍しい品種のチューリップなどを育てている。

「さようなら、先生。楽しい時間をありがとうございました」

●リーダ (CV:天川みるく)
本名:リーリア・イリーニチナ・メジューエワ
ロシア生まれのメイドさん。愛称はリーダ。
学院を創設した風祭家に代々仕えていた執事の家系。
穏やかで物静かな性格。しかし怒るととても怖い。
家事全般のプロであり、礼儀作法なども完璧にマスターしている。
主人公やヒロインたちの世話を一手に引き受けており、学院内の誰に対しても敬語で話す。
また、理事長代理という立場にあるみやびの、お目付役と教育係を兼ねている。

「みやびお嬢様、大変よくできました」

●暁 光一郎 (CV:上州トム)
凰華女学院分校に務める教師。
新米である司にとっては先輩にあたり、何かと世話を焼いてくる。
黙って立っていれば知的な雰囲気を漂わせる容姿の持ち主だが、他人を煙に巻くような発言が目立つ上に、さわやかに笑えば歯が光るなど、どこか濃い印象を与えがち。

「じゃあ、選べ司。世界は君の決定を待っている」

作品公式サイト